【一人ごはん】牛肉と糸コンのしぐれ煮・鶏手羽肉のトマト煮込み・ニセ大学いも・ブロッコリーとツナのポン酢あえ

さっぱり秋が深まりませんが、気が付けば11月も末。

毎日、細々と、しかし楽しく何かしら食べております。その中から、ご紹介。なんてったって、わたしは、自分で作ったごはんが一番好きなんですよね。

 

牛肉と糸コンのしぐれ煮

牛肉のしぐれ煮といえば、牛肉だけで作るもの。しかし、わたしは何か入れたい。一度に複数の食材を口にしたいのです。

いつもなら「きのこ」を入れるところですが、品切れ状態。糸こんにゃくを発見したので、糸こんにゃくで作ることにしました。

材料は牛肉140グラムに糸こんにゃく1袋。そして、千切りしょうが。

味つけは砂糖が大さじ1.5・醤油が大さじ1・酒が大さじ程度。水大さじ2に溶かしておきます。

牛肉がさっと炒まったところで、調味料を入れて煮詰めています。

 

鶏手羽のトマト煮込み

ニンニクと玉ねぎを炒めながら、隣のフライパンで鶏手羽に焼き色を付けていきます。

あらら。鍋が小さかったことに気付いて、少し大きめの鍋に移しました。

鶏手羽にニンジンを入れてコンソメを1個に水を入れて、香り付けにローリエの葉を2枚ほど入れて煮込み開始!

ここからは燃料を節約するため、ストーブの上でコトコト煮ます。煮えてきたら、トマト缶を入れて、しめじを入れて、味を調えればオッケーです。味は塩とトマトケチャプなど。

肉が骨からほどけるほどに煮込みます。パンでもごはんにでも合います。

 

ニセ大学いも

大学いもは大好きですが、何しろ、カロリーが・・・。砂糖に水あめたっぷりというのは、どうにも怖い。でも食べたい!

と、いうことで思いついた「ニセ大学いも」です。大学いももどきですが、意外と楽しめます。

まず、多めのオリーブオイルで揚げ焼きしていきます。中火でゆっくり焼いていきます。急がないことがポイントです。

こんな色になったら、キッチンペーパーに上げて、油を切ります。

熱いうちにハチミツと塩と黒ごまで混ぜ合わせます。実はこの状態で塩とゴマを振って、塩味で食べるのもおススメです。

さて、出来立ては大学いもにそっくりな食感を楽しむことができます。しかし、冷めてもおいしいです。わたしは付け合わせに使っています。

※塩が固まって振られています。これはイケない見本。ちゃんと振りましょう!(笑)

 

さわらの醤油漬け

生協商品の「さわらの醤油漬け切り身」です。3切れ入り。ひとり暮らしだけど、全部焼いてしまいます。

いざとなったら、ほぐしてチャーハンにしたりしてもオッケーです。まとめて焼いて、保存。つけ合わせの大学いもさんと。

 

ブロッコリーとツナのポン酢あえ

この時期、ブロッコリーをよく食べます。ゆでたり、蒸したりして食べますが・・・飽きてきます。

そんな時には、こんな工夫をしています。タンパク質と合わせるということです。

今回はツナとすりごまを入れて、ポン酢で合えました。こうすると、味に飽きることなく、たくさん食べられます。

写真が少しぼけてしまいましたが、すりごまはたっぷり入れています。

野菜にはたんぱく質を合わせると、食べやすくなる気がします。

おすすめのタンパク質は、シラス・かつお節・笹かまぼこ・カニカマ・サバ缶など。ポン酢で合えるので、魚系とよく合います。

そして、すりごまだけ(黒でも白でもオッケー)だけは、お忘れなく!ヽ(^。^)ノ


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん、こんにちは。
    毎日欠かさず読んでますよ。元気かな? なんて思いながら。
    ネタ的には、料理が一番。
    私も、自分の作ったものが一番好き。
    80歳になっても、もっと上になっても味覚を保てたら
    いいなあと思っています。

    • しばふねさん

      おはようございます!
      いつも読んでくださって、ありがとうございます。
      80歳になっても味覚を保つことを、今後の目標にしてもいいくらいですよね(笑)
      最後まで食べる!
      自分の口に合ったものは、自分で作るしかないですから。
      しばふねさんもお元気そうで、何よりです!ヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。