【一人ごはん】ささみのサラダ・車麩の煮物・ジャーマンポテト・ソーセージのマリネ。

今年の白やまぶきは本当にきれいです。うっとりしてしまいます。だ~い好きな花なんです。

 

白やまぶき満開!

関西から疲れ果てて帰宅したわたしを待っていたのは、満開の白やまぶきでした。昨年秋のわたしの剪定が上手だったのか、今年の咲っぷりは実に見事です。うれしいです。

わたしは白い小さな花が好きです。洋服も白をけっこう着ます。白にグレーとか紺を組み合わせて着るのが定番です。この夏も白シャツなど、着ます。白、白、白!「還暦の純情」ですかね(笑)

さて、関西支店から帰って作り置きおかずを少しずつ作っております。

 

ささみのサラダ

ささみを塩麹につけて、最低でも3時間ほど置いておきます。それをレンジでチン!そして裂きます。

キュウリは千切り。もやしシメジはさっと湯がきます。湯がいたらペーパータオルできゅっと絞ります。全部を混ぜ合わせて、ゴマも入れて、ポン酢で和えます。

ただそれだけの料理ですけれど、さっぱりしていおいしいです。これからの季節にはおススメの作り置きです。

ポン酢で薄く味をつけているだけなので、後でマヨネーズを足して混ぜて味を変えることもできます。

 

ジャーマンポテトもどき

毎度おなじみメニューです。家を留守にしていたため、食材があまりなくて、とりあえずできたのがこちら。

芽が出てきたジャガイモを発見したので、くし切りにしてレンジでチン。

チンしている間に玉ねぎソーセージを炒めます。お好みで炒める時にニンニクを入れてください。ジャガイモに串が通るくらいにチンできたら、玉ねぎとソーセージを炒めているフライパンにイン。塩と胡椒と乾燥バジルを振りかけておしまい。

10分もかからずできる料理です。ジャガイモは半分つぶしてもおいしいですよ。

実はこのメニューは我が家の朝ごはんの定番でした。男の子は朝からよく食べる。目玉焼きにこのジャーマンポテトもどきを付け合わせにするのは、人気メニューでした。

ポイントはやはりソーセージでしょうか。わたしは生協のウィンナソーセージ冷凍庫に必ずストックしてあります。ハムは冷凍ストックできないけれど、ソーセージは可能。いざと言う時のお助け食材です。肉の代わりとしてスープや炒め物に使います。

この中にキノコ類を入れて量を増やして、パーティ料理にすることも可能です。

 

菜の花の焼きそばと車麩の煮物

次の2品は食材がかぶっています。食材を無駄にしないように、味にあきないように2つ作りました。

車麩の煮びたし

ニンジンとシイタケと菜の花を入れて、車麩の煮びたしです。

保存する時には汁を切って保存しています。

 

焼きそば

豚肉とエリンギと菜の花とニンジンが入っています。麺よりも野菜のほうが多いです。だだの野菜炒めより、麺が入った方が食が進みそうなので、焼きそばにしてみました。

焼きそばも単独で食べるのではなくて、パンに挟んだりして2~3回に分けて食べています。いろんな種類の物を食べることにしています。

わたしはあり合わせの青菜で焼きそばを作ります。キャベツがなくても作ります。

タンパク質&野菜&きのこ

これが作り置きのおかずの基本的な基準です。野菜も複数入れると栄養のバランスは悪くないと思いますよ。

 

ビアソーセージのマリネ

ニンジンときゅうりを使ってしまいたかったので、最後に一品。

ビアソーセージがあったので、マリネにしました。最近マリネにする時に「湯がく」という方法を聞いたので試してみました。野菜を一度湯がいています。そしてきゅと絞ってカンタン酢に漬けてみました。

湯がくと野菜のシャキシャキ感が残りますが、生っぽさがなくなるようです。水分も少し抜けるので、この方法はいいかもしれません。今後別の材料で試してみることにします。

こういうさっぱりしたものがおいしい季節になってきました。季節はどんどん進んでいきますねヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。