【一人ごはん】鶏そぼろ&豚そぼろは変幻自在。

作っておくと、何かと便利なひき肉のそぼろです。

 

ミックス鶏そぼろ

肉だけではなくて、野菜を入れて作ってみました。

鶏のひき肉・シイタケ・ニンジン・しょうが・ネギのみじん切りを入れました。

味付けは、コショウと醤油と酒。

このまま、ご飯にのせてもいいし、チャーハンにしてもオッケー。

ある朝には、オムレツに変身しました。

そして最後には中華スープに変身です。

きのこのダシ煮と、大根や白菜と一緒に煮るだけ。最後にワンタンを入れて、ごま油を入れれば、ものすごく簡単に出来上がります。

なぜか、写真が消えていました。(´・ω・`)脳内でおいしそうなスープに変換してください。

 

豚そぼろ

次は豚肉のひき肉で、そぼろを作ります。

実はシューマイを作ろうと生協にひき肉を頼みました。でも、面戸くさくなってしまいました。こういうことは、よくあるんです。┐(´~`)┌

ひき肉は早めに調理しないといけません。タイムリミットが近づいたので、そぼろにしようと思いました。野菜と一緒に炒めておきたかったのですが、この日は野菜が品切れで、ネギしかありません。

ネギを1本刻んで炒めました。ネギも1本にひき肉140グラム。ネギもたくさん入れれば存在感を放ちます。

こちらは塩と胡椒のみの味付けです。

台所にあった野菜はサツマイモと大根。ここに豆腐を入れて、トン汁風な具だくさんの味噌汁を作りました。具だくさんの味噌汁があれば、なんとなく満足してしまうんです。これに焼き魚でもあれば、もう十分です。

すでにネギも入っているので、本当に簡単です。

ひき肉はそぼろにしておくと、本当に便利ですよ。ヽ(^。^)ノ


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。