【一人ごはん】大豆で2品・豆もやしの煮物・豚肉の塩麹風味・牛肉とピーマン。

冷蔵庫の中に何か入っていると、食生活は安定します。実はあまり作りたくはなかったけれど、自分にムチ打って、いくつか作りました。

とたんに食生活が改善されました。やはり、大事だ!

冷蔵庫に入っていれば、品数豊かな食事が楽しめて【ひとりごはん】は充実するものです。

 

トマト味と醤油味の大豆

乾燥大豆を戻して水煮したマジ専務。わたしにもたっぷり分けてくれました。

全部を同じ味にすると、きっと食べ飽きると思ったので、2種類の味にしました。

 

トマト味の大豆

玉ねぎ・ピーマン・ナス・ソーセージに冷凍しておいたトマトソースを入れました。

玉ねぎなどの野菜を炒めて、大豆を入れて、冷凍のトマトソースで少し煮込みます。トマトケチャップで味を整えておしまい。

温める時に、チーズを乗せてもおいしいです。

 

五目豆風

こちらは、ニンジン・こんにゃく・シイタケに大豆。そして昆布の佃煮入りです。

ダシ汁の中に入れて煮ただけ。残っていた昆布の佃煮を入れたら、味に深みが出ました。ひとり暮らしでは残りがちな佃煮ですが、こんな利用法もアリですね。

 

牛肉とピーマンの炒め物

ピーマンもたくさんいただました。いただきものばかりです(笑)

わたしはピーマンが大好きです。ご近所さんは、皆さんご存じで、ひとり暮らしとは思えないほど分けてくださいます。でもあっという間に食べちゃうんだなあ~。

たくさん消費するには、きんぴらに風に限ります!肉がない時はピーマンだけのきんぴらだけど、今日は肉があるゾ!180gの牛肉とほぼ同量のピーマンで作りました

牛肉は炒めて、一度プライパンから出します。肉は炒めすぎると固くなるので、そんなふうにしています。肉の油が出たフライパンで、ピーマンだけをじっくりと炒めます。と、いっても歯ごたえは残さねばなりません。このあたりはいつでも真剣勝負です

ピーマンに火が通ったら、牛肉を戻して味をつけます。味は砂糖と醤油がほぼ一対一。それにお酒。あらかじめ小さなボールで混ぜておいて、様子を見ながら少しずつ入れていきます。

最後にゴマふっておしまい。

 

豚肉と空芯菜の塩麹炒め

こちらは空芯菜。味にクセがないことと、歯ごたえがいいので、この時期にはよく食べます。

豚ロースの薄切りとシメジを炒めて塩麹で味付け。ただそれだけ。脂が多めの肉だと炒めて保存しておいても、温めると、それほどの味の劣化がありません。いちいち炒めるよりは、ずっと楽チン。少々味が落ちても、気にしない。

たくさんできたので、お隣さんにおすそ分けしたところ、大変おいしいとほめていただきました。わたし以外の人もおいしいと言ってくれたので「おいしい×3」は確定です!

 

豆もやしのきんぴら

自分で言うのもなんですが、こういうのを作らせると、うまい!です 。

できたてを味見して、思わず「うまい!天才!」と自画自賛。

豆もやしのシャキシャキ感を残すことが大事ですね。シイタケ・ニンジン・さつま揚げが材料。

まずニンジンから炒めます。ニンジンに火が入ったところで、残りの材料を投下!

味付けはダシ汁に大さじ1強の砂糖と、大さじ1弱の醤油。この辺はその時々の体調と気分によります。やはりボールで味を作ってから投下です。味を見ながら入れていきます。

ほんのひと手間ですが、鍋に直接調味料を入れなくなってからのほうが、味は安定しています。

調味料は作っておく。これが最近の鉄則です。

 

そんなこんなのお弁当

元気がない時のお弁当は、効果があります。自分で自分にプレゼント。

めんどくさいなあと思いつつも、お弁通箱に詰めているうちに、「あれも入れよう、これも入れよう」と、自然に栄養バランスがよくなる気がします。

塩鮭とカボチャの煮物を入れて、卵焼きを焼いて・・・っと。大事なのは奈良漬。これは外せない。これは京都西利の奈良漬。先日買ってきた長谷寺門前の奈良漬も、そろそろ食べてみよう。

お弁当を食べたら、元気になりました!

人を動かしているものは、間違いなく食べ物です(笑)

こんなに自分の口に合うお弁当には、出会えないですポン!ヽ(^。^)ノ

※キャッチ画像はカリフラワーの酢漬けです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさんこんにちは。
    賞味期限の切れた大豆が冷蔵庫にあったので虫もいないようだしおそるおそる作ってみました。
    トマト味の大豆。美味しかったです。
    残った大豆は酢大豆に。先ほど味見をしたら酢に「ゴホッ」とむせました。バァバになった証拠ですね。(笑)今夜は五目豆風に挑戦します。

    ところで牛肉とピーマンの炒め物のカットピーマンは種がいっぱいついたまま・・。
    えっ?種ついたまま調理なさるのかしらと思いきや出来上がりのお写真には種がない?!

    塩麹何度か買ったのですが余ってしまって。
    炒めて混ぜるだけなのでOKなんですね。
    どれも美味しいヒントになりました。
    また次回アップがが楽しみです。

    • rinoさん。

      おはようございます!
      ピーマンは撮影の後で種をとってます(笑)失礼しました。
      塩麹は便利ですよ。
      醤油味&味噌味に飽きたら、塩麹です。
      塩だけの味付けより、まろやかなので、わたしは愛用しています。
      1人暮らしでは、調味料が残りがちなので、何とか使いきろうと工夫してます!ヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。