【一人ごはん】材料費300円程度なのに見栄え抜群!簡単ひと手間のスパニッシュオムレツ。

卵が余っています。なんとか大量に使いたい。と、いうことで、スパニッシュオムレツを作りました。

ほんの少しのコツと時間をかければ、パーティにも出せちゃうオムレツの完成です。

肉を入れても、魚を入れても、ソーセージ類を入れれば、立派なおもてなし料理にもなります。

失敗が少なく、いくらでもアレンジ可能なので、覚えておいて損はないレパートリーです。

 

材料

  • 卵 5個
  • じゃがいも 2個
  • 玉ねぎ 1個
  • インゲン 10本ほど
  • トマト 1個
  • オリーブオイル 大さじ3〜4程度
  • 塩・胡椒

材料費、いくらでしょうね。 どう見積もって300円程度かしら。

ハム・ソーセージ類、炒めたひき肉・ツナ。ピーマンやパプリカ、キノコ類などを入れても面白いですね。シュレッドチーズを入れると、コクのある味わいになります。

今日はシンプルにタンパク質は入れないことにしました。と、いうか、冷蔵庫が空っぽなのに、買い物にも行きたくないので、これを作ろうと思ったんですね。

卵さえあれば、なんとかなる料理です。

 

作り方

実は、コツはこれだけ!

それは熱を加える野菜の下準備にあります。

材料の野菜を刻んでオリーブオイルをかけて混ぜて5分ほどおいて、オリーブオイルをなじませる。

卵と野菜の味が、こうすることで、なぜか不思議になじむのです。

じゃがいもと玉ねぎとインゲンを切って、オリーブオイルをまんべんなくまぶしました。

野菜に油が馴染んたところで、熱したフライパンに入れて蒸し焼きにします。

ふたをして、弱火でじっくり火を通します。

時間のないときには、レンヂでチンもありですが、やはり蒸し焼きのほうがおいしいです。

15分ほど蒸し焼きにすると、じゃがいもが潰れるくらいに柔らかくなりましたので、火を止めます。

卵を5個割って混ぜて、生のトマトを入れます。

そこに粗熱の取れた蒸し焼きにした野菜を入れます。ここで塩を少し入れます。

沖縄のぬちまーすという優しい味の塩を小さじに1杯ほど。本当に少しだけです。新玉ねぎが甘いので、野菜の味を頼ります。

これで具はできました!

 

あとは焼くだけ

熱したフライパンで2〜3分ほど中火で加熱。香ばしい匂いがしてきたら、弱火にして10分ほど蒸し焼きにします。

手間いらずです。放置したまま、わたしは次の料理をします。

油分が結構あるので、焦げ付きはしません。ちょっとのぞいて、焦げあんばいを確認します。

はしを刺してみて、焼け具合を確認。何もついてこないから、焼きあがり〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

大きな皿にひっくり返して出来上がり〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

見栄えがいいでしょ。なんかとってもゴージャス!!

切口断面はこんな感じです。

5人で食べる計算だったので、卵を5個にしました。1人あたりの卵は1個という計算。

ご近所の仲良しの爺さん婆さん宅に届けて、喜ばれました。

「うちでは出てこねえ料理だな」とのこと(笑)

やっぱり大きく作るとおいしいわ〜。実においしかったです。

 

沖縄の海塩「ぬちまーす」について

沖縄の海水100パーセントから生まれた塩です。

パウダーのような塩です。食塩と比べて塩分が25パーセント低いということで、塩辛くありません。マグネシウム・カリウム・カルシウムを豊富に含んでいるとのこと。

塩自体に旨味があるので、野菜の味を引き立ててくれるので、わたしのお気に入りです。

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。