ひとり暮らしのランチ事情

冷凍庫を見ると、コロナ禍の第一風が過ぎたなと感じます。ただし、あくまでも第一風。対策は続けなくてはなりませんけれど。

 

冷凍庫、スカスカ

3月末からひたすら食料を貯め込みました。買い物の回数を大幅に減らしました。自粛期間中は、スーパーへの買い物は10日に一度程度。

この期間、食費は大幅にオーバー。生協の宅配などを利用して、かなり多めに買い込んでいました。いや〜久しぶりに、思いつくままに買いました(笑)

冷凍庫はパンパン状態。

ここで一度リセットしようと、この2週間ほど、できるだけ冷凍庫の中にあるものを食べるようにしてきました。

結果、こんな感じになりました。

まだ1週間くらいはイケるね。

ここは炭水化物室。パンとご飯を入れています。パン&のパンも全部食べ終わり。

冷凍庫を見ると、食生活が通常に戻ったことを実感します。

なんだかんだ、食事は朝昼晩と3食、自分で作って食べてます。

ほとんど外食しませんし、最近はお惣菜も買ってないです。

自分で食べるものは、自分で作るのが、一番安心できるんですね、味とか量とか。

作る人、わたし。食べる人、わたし。食べる人も作る人もひとりずつ、いるじゃん!

朝はベッドの中で「今朝はなにを食べようかなあ」と、ちょっとワクワクするし、お昼が近づくと「なにを作ろうかなあ」と、仕事をしながらも頭の中は食べ物がウロウロし始める。

最近は作り置きの量もだいぶ少なくなってしまいました。どうしても残りがちです。でも最低でも2品くらいは作っておくようにしています。

人が来た時には、張り切って料理します。みんながおいしいといってくれるのは、本当にうれしい。

 

今週のランチ

暑い日にはひやむぎなんかが登場してくるようになりました。

そうめんは細すぎて、なんかお腹にたまらない。食べた感じがしないので、好んでは食べません。

月曜日はひやむぎ

冷凍の豆腐ハンバーグとなすを焼いて。ふきとたけのこの煮物。しそをたっぷり入れてっと。

火曜日は冷凍ピザ

味付き鳥手羽が冷凍庫から発見されたので、この日はこんな昼ごはん。トマトとチーズを足せば、かなり豪華なピザに変身!スープ付き。

冷凍ピザも久々に購入しました。「いざって時には」って買っちゃったんだね。

水曜日はスープランチ

前日に作ったホタテの豆乳スープとパン&のパン

最後のパン&のパンといただきました。

Pan&(パンド)公式オンラインストア

木曜日は定番のお弁当

残りものを詰め合わせてのお弁当。

無限ピーマンと切り干しひじきは作り置きです。

こうして振り返ってみると、ランチもバリエーション豊かだわ〜(笑)

 

レンジでとうもろこし

さて、スーパーに行ったら、袋入りとうもろこしを発見!

このままレンチンするだけ。面白そうなので買ってきました。200円なり。

洗って、袋に入れなおして、レンジで5分。

とってもおいしくできました。袋は再利用だね。

さてさて、今週最後のランチはなににしようかなヾ(@⌒ー⌒@)ノ

いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • はなです!

    りっつんさんすごいです~ちゃんと作っておられますね
    私は、あかんな~もともと作るのは大好きだけど食べるのは
    あまり好きじゃないので、あるもの食べるくらいなのです。
    近くに孫娘が二人いて、お泊りに来るとなんやかんや作りますけど、
    きっと主人はそれを喜んでいます。あちらに逝ってからも私の食事をかなり気にしていましたから(笑)

    ちょっとは、自分のために作らないといけませんね。

    • はなさん

      おはようございます。
      そうですよ〜。自分のために作るんですよ〜。
      自分が食べたいものだけを作って食べる贅沢。
      だけど、めんどくさい料理が食べたくならないのは、
      自分に遠慮してるせい(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。