買値を競う母と息子。本気で富豪を目指すつもりか!?

先日、部長こと次男からメールが着信。

 

この株、買うべし

部長

証券コード〇〇〇〇、480円で指すがよろし。

おおっ。久しぶりに買い指令じゃ。

部長

ここから少し下がるかもしれぬ。なので100株だけじゃ

480円で買ったのじゃな。株数まで指定とは、いちいちうるさいやつじゃ。なんぼ買おうと、おらの勝手。

部長は株を長く保有して、配当金を受け取り続けようという投資家である。長期目線は大事だ。

短気による短期目線では、やはり一発勝負だ。これしかないだろね。ばくち的株購入\(^o^)/

ま、わたしも長生きリスクに備え、少しは配当金目的の投資もしようと思っているので、そこまで老いてはいないが、子には従うフリはしている。

480円ねえ~。部長より安く買いたいのよねえ。ということで、470円で指し値。しかしその日は終値が471円で、成立しなかった。まあ、いいよ。急がない。同日、夕方になり長男から電話がかかってきた。

関西支店長

母上、あの株は買ったでござるか?

いや。470円で指し値したので買えなかったでござるざる。

関西支店長

おおっ。わたしと同じ。わたしも470円で指し、成らずでござる。

あら~。奇遇じゃのう~。同じ指し値とは。

1円の高値指しで、親子そろっての成らず者。

 

株選びの基準  ~部長の場合~

さて、部長の株の選び方ですが、配当利回りが3.75以上PBRが高水準ではないこと。配当継続力が高いこと。などなど10もの条件を挙げている。

株ってそんなに難しいのん?

部長は財務諸表など、やたらめったら細かく読みこなす男。いいね、目がいいと。わたしは老眼でとても読みこなせない。そうして部長は目を凝らして株価を見つめている。諸条件をクリアしているか、選別作業に余念がない。

部長が考える配当生活のしくみはこんな感じ。

部長の試算

配当利回り(税引前)3.75%がモデルケース。税引後の利回りは約3%。この配当利回りは、30歳で投資を始めた人が平均寿命までに投資元本を回収しつつ、子孫にそのまま財産を残せるということ

積立期間:30歳~65歳(定年)までの36年間

積立額:年間50万円、投資総額=1,800万円

配当期間:30歳~85歳(平均寿命)までの56年間

配当総額:2,080万円

結論

1,800万円の投資に対して、自分は2,080万円を自由に使うことができさらに子孫には毎年54万円の配当を産む投資元本1,800万円分の財産を残すことができる

配当は、全て生活・趣味を充実させるために使う。☆彡

それで、何代か後には富豪になるってわけだ。な~るほど~ん。

すでにわたしはこのケースには当てはまらないし、見知らぬ子孫のことまで、考慮するほどデキた人間でもない。しか~し!ちょっとは仲間のフリフリしといてるってわけ。疎外されても寂しいからね。

通達してきた証券コード〇〇〇〇の配当利回りは現在3.75パーセント。株価が下がったので、配当利回りがアップしているようだ。

現在100株買えば、47200円。配当額は1800円。悪くないね。うんうん。普通預金よりははるかにマシ!

だけど、もっと、安く買いたいな。

 

母と息子、いまだ成らず者

そして、翌日の夕方。

関西支店長

母上、あの株は買ったでござるか?

いんや。これはもう少し下がると見たので、460円まで待つことにした。

関西支店長

ええ~っ。おらは買ってしもたねん。ずるい。

わたしはお前らより安く仕入れたい。それが親のプライド。負けたくはないのだ。

ここが勝負どころなのだ!わたしは息子より一段上の成らず者。こうして、わたしは今、夕暮れの街角で〇〇〇〇を待ち伏せ中。♪も~っと下がれや、株の種!

しか~し!よくよく見てみると、愛するばくち株たち下落していて、マイナスが膨らんでいる。

(@ ̄□ ̄@;)!! 忘れてました。

買いたい株がうれしい値段になるということは、持ち株が悲しい値段になるということを。

我が持ち株たちは、上がる株あれば下がる株ありで、勝手にバランスをとっている。そんなに気を遣わなくていいのになあ。シーソーしてるんじゃないんだから。

みんなで、手を取り合って上がってくださ~い。ヽ(^。^)ノ

でもさ・・・・ミサイル飛んで来たら・・・株はどうなるん?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。