“それにつけても金の欲しさよ”って、息子たちよ、お金に困ってるのか?

わたくしには、孝行息子が2人おります。

いつもの気にかけてくれて、生存確認のためにお金を払ってまで電話をくれます。ケチなので、自分から電話をすることは、ほぼありません。

ありがたや~。、ありがたや~。ナムナムのナム〜。

 

ケータイ着信 その壱

部長

やあやあ、元気かいそれにつけても金の欲しさよ

元気だよ。なんか困ってるの?

部長

いや。困ってはいないが それにつけてもの欲しさよ

もしかして接尾語の一種?

部長

そのとおり。りっつんも、それにつけても金の欲しさよと 付け足すがいい

わたしも猫も元気だが それにつけても金の欲しさよ

部長

グー!ひさかたの 光のどけき 春の日に それにつけても金の欲しさよ

の中に 絶えて桜の なかりせば それにつけても金の欲しさよ

部長

いい調子だ。五月雨を 集めてはやし 最上川 それにつけても金の欲しさよ

しずけさや 岩にしみ入る 蝉の声 それにつけても金の欲しさよ

部長

このフレーズ何にでもつけられる。風味がアップするゾ。

すごいわ。くっつき虫だね。ぴたっ!

 

ケータイ着信 その弐

ちなみにわたしのケータイはピンクのガラケーである。

最近、たいそう親しい友人がわたしを裏切ってついにスマホデビューした。

生涯ガラパゴスで手に手を取り合って暮らしていこうと誓ったのに!

しか~し!わたしはガラを誇り高く持ち続けるつもりだ。

たとえ日本で最後のガラ持ちになろうとも。来るなら、来い!覚悟はできている。

(注※2019年の春。あっさりとスマホに移行。そんな程度の覚悟)

そうだった。着信したのだった。

はいはい。なんじゃらほいほい。

関西支店長

ともたんを託児所に送ったが それにつけても金の欲しさよ

君も金が欲しいのね。

関西支店長

我が家はマジで物入りでパンを買うにも 金の欲しさよ

妻からお金はもらったんでしょ。

関西支店長

パンは3個で620円。着物は@@万円

な、なんだとぉぉ。ほんとに買ったのぉぉぉ?

関西支店長

いつでも本気で生きているそれにつけても金の欲しさよ

関西支店長の着物の話はこちらから

家紋は何にしたの?

関西支店長

校紋と同じマークの葉っぱ紋 それにつけても金の欲しさよ

壺にすればよかったのに。

なぜ壺紋を主張するのかは、いずれ書きたいと思っているので、ここでは書かない。

このように、最近ケータイという通話機器を通して伝わってくるのは、

“それにつけても金の欲しさよ”

というフレーズ。

品のないこと、この上ない。

なぜ、こんなフレーズを2人同時に発しているのか、よくわからないが、たぶん年齢が近いことと、手相がそっくりなことに関係があるのだろう。

金、金、言うな!

「かね、かね、いうな!」です。

「きん、きん、いうな!」とは読まないでほしい。

金は天下の回りもの

お金というものは、ぐるぐる回って、ぐるぐる回って、最後は母に帰結。君たちは知らんのか?母なる地球と言うではないか。

「父帰る」ではなく「母に帰る」だ。

母に孝行を尽くした者は、来世で確実に報われる。母への孝行は貢物の高さで計られるのだ。

おせちの残骸。白木の箱の使い道。そして息子の着物道楽。

2017年1月6日

バカ旦那、市場に行くのに着物を着たいとダダこねる。

2017年4月30日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • おはようございます りっつんさん!

    もしかして壺紋の壺って坪のことですかっ?
    だとしたらこのネタ長〜いこと温めましたね(笑)

    • コロボックルさん

      こんばんは

      そうなんですよ。
      やっとできたんですよ。
      長いこと、かかりました。
      感慨深いです(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。