仙台グルメ。鼎泰豐 (ディンタイフォン)とホシヤマ珈琲。

ちょっこら、仙台へ行ってきました 。一泊二日の小さな旅。

仙台へは新幹線「はやぶさ」を使うと、大宮から、なんと1時間7分です。達郎さんのアルバムは1枚も聞ききれぬうちに到着してしまいます。通勤圏内?

仙台ではおいしい小籠包とおいしい珈琲をいただいてきました。(*^_^*)

 

鼎泰豐 (ディンタイフォン)

小籠包など点心がおいしいと評判なお店だそうです。この店は「世界10大レストラン」に選ばれたことがあるという台湾の店で、東京には何店舗かありますが、仙台にも最近、出店しました。

11時半に行ったら、もう並んでました。(@ ̄□ ̄@;)20分ほど待って、ちょうど12時くらいに席に案内されました。ランチタイムはラーメンやチャーハンと小籠包のセットが人気のようでしたが、わたしと友人は小籠包だけで攻めることにしました。

 

まずは小籠包だ

これはシンプルな小籠包。それから、海老入りの小籠包とホタテ入り小籠包もパクリ。おいしすぎるぅぅぅ。セイロからつまみ出して食べます。

刻み生姜とタレを付けて、レンゲに乗っけてパクリ。

中から肉汁が出て、口の中でタレと一緒になって、たまらないですワン!

 

やけどには注意深い

口の中をやけどしないように、わたしは友人が食べるのを確認してから食べました(笑)一拍遅れで食べる、おりこうなりっつん。ひっひっひ。

先日、嫁が酢豚の肉を食べて口の中をやけどした事件があったので、用心深いんです。実は嫁と2人でこっそりと中華料理を食べに行きました。息子とか孫とかにはナイショ。

そこで、わたしの酢豚をおすそ分けしたところ、超熱くて、嫁は口の中をやけどした。2~3日、ヒリヒリして大変だったんです。嫁いびりじゃないよ~。

 

シュウマイとギョウザ

続いてシュウマイです。これは海老のシュウマイ。

小籠包との違いは上が生地で閉ざされているか、どうかだけなのかな。皮の違いがよく分かりませんでした。熱すぎない状態で提供されているようです。

食べ方は小籠包と同じです。これもとってもおいしい。中にはお肉がきっちり詰まってます。海老もプリプリでした。

そして餃子。この中は何だっけ? 確か・・・肉と海老でしたね。野菜を刻んだ青い餃子もおいしかったです。この辺で、おなかいっぱ~い!ごちそうさまでした。m(_ _)m

このお店は仙台駅に直結していているエスパルというビルに入っていました。新幹線改札口と同じ階。改札口からすぐです。

さてさて続いて、食後の一服です。

 

ホシヤマ珈琲店

銀座なみの値段

泣く子も黙る 泣く子は連れていけない高級珈琲店

喫茶店は仙台でも少なくなりました。スタバとかドトールばかり。そんな中で異彩を放つこの店。わたしは二度目です。駅近のアエルというビルの2階にあります。駅から5分もかかりません。この店、とても格調高いんです。

ガラス越しに奥に見えているのはカップです。壁一面にカップが並べられています。

ここの珈琲は大変おいしいです。飲んでみる価値あります。

ただし値段が・・・値段なんです。珈琲は1100円からです。ほぼ銀座ですね。接客は帝国ホテルレベルです。えらく丁寧です。遠慮なく長居ができるお店です。

このお店ではコーヒーを淹れてくれる人が、飲む人を見て、カップを選んでくれます。さて、わたしの珈琲カップは・・・どんなんでしょう。

わたしのイメージは・・・

ワタクシ、どんなふうに見えているのでしょうか。

本日の占いみたいなもんです。

淹れてくれた方は、40代くらいの男性でした。

じゃじゃ~ん!

ヘレンドのカップ。ポイントは花柄ですね。

これがこの日、わたしのイメージ。還暦にして花柄。( ´,_ゝ`)プッ

野の花可憐な少女をイメージしますねスプーンにキラキラまでついてるぅ。

カップの底が五角形で、珍しいなあと思いました。ステキなカップでした。この日、わたしは花柄の服もヒラヒラの服も着てないです。と言うか、花柄もヒラヒラもほとんど着ないです。

白いシャツに紺のパンツ。上にグレーのコーディガン(コートとカーディガンの中間みたいなもの)。白・紺・ネズミ。濃紺のストール。花はどこにもついてない。

それでもお花なんです。これにはウケた。はしゃぐわたしに友人はニガ笑ってたけど。頭の中がお花畑っていうのがバレてるんでしょうか。

ちなみに友人に差し出されたのは、このカップ。ウエッジウッドです。格調高いね。

確かにこんな感じの人なんです。あまりにぴったりだ。大人の雰囲気で品はいい人。でも残念だけど花柄な感じは、まるでない。服の好みも渋いし。頭の中にも花は咲いていないと思う。

下世話な話ですが、このカップは27000円です。27000円のカップで1100円のコーヒーを飲む。大人になってよかった!ってことでしょうか。

わたしのカップはいくらなのか、興味があったので検索してみたけど、見つからなかった。今、世間に出回っていないのかな。レアなんだ。レア。れあ~。れっれっれあぁぁぁ~。

友人はちょっと不満そうだった。キラキラのスプーンにしてほしかったのかもしれない。「あっ!スプーンもキラキラ」って不満そうだった。交換するわけにもいかないしねえ。ごめんね。

選んでくれた方に悪いもんねえ。ひっひっひ。わたしの可憐さには勝てまいて。ひっひっひ。久しぶりの再会を喜びながら、こんなふうに友人とランチを楽しんだのでありました。ヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。