雪の仙台。思い出すのは、2013年冬に末期ガンの父を見舞った日のこと。

仙台から写真が送られてきました。

おおっ、雪景色。

いよいよ冬らしくなってきたね。

でも、ここはどこ?(笑) わたしの知らない風景です。このように故郷はどんどん姿を変えていきます。

ふと、ある日のことが浮かんできました。あれは、確か2013年の12月のこと。

 

父の胃がん発覚

あの年、両親が11月半ばに我が家に遊びにきました。

数日後には妹も合流して隅田川の見えるホテルに1泊して、小学生のとき以来の元家族での旅行を楽しみました。

東京のホテルに両親と泊まるというのも久々。突然に思いついてのことでした。

なんで突然に、あんな旅を企画したのか。今となれば、何か予感があったのかもしれません。

父はたいそうな呑んべいでした。85歳になっていましたが、日本橋の居酒屋に連れていくと、いかにもおいしそうにビールを飲み、焼き鳥をパクパク食べていました。

翌日には靖国神社を参拝。父は陸軍の少年飛行兵として戦争を経験しています。仲間を何人か失っています。

お参りできてよかったと、売店で戦闘機のブローチを買ってブレザーにつけて喜んでいました。

それからわずかひと月後。

「何か詰まっていて、水も通りづらい」

検査を重ねていくと、すでに末期の胃がんであることが分かりました。

胃の入り口をがんが塞いでいたのです。そして胃の底辺にはスキルスがんが。二種類のがんに侵されていたのです。

ひと月前には焼き鳥を食べていたのに。

食べられないという、突然の事態に驚きました。

そして同時に、父には寿命がきたんだろうと思いました。慌てることもなく、とても冷静にそう思いました。

口から食べ物の摂取が難しくなった父は、高カロリー点滴で栄養補給をするために入院することになりました。

 

息子の帰国

ちょうどそのころ。ニューヨークで研究者生活を送っていた長男が、国からの呼び出し(だったと思う)で帰国してきました。

といっても、2泊か3泊という慌ただしい帰国。

じいちゃんには世話になった息子。

もう、いつ会えるかわからない。どうしても見舞いたいというので、なんとか時間をひねり出して、2人で仙台に向かいました。

1時間ほどの新幹線の中で、話をしたことが忘れられません。

詳しい内容は覚えていませんが、

「自然に任せてほっとくべき」というわたしに対して「やれることはなんでもやるべき」という息子。べきべき論争は白熱化。

医学をそこまで信じてはいない母と、医学の研究に夢中になっている息子。いざ、そういう話になると、話は噛み合わないどころか、永遠に並行線。

新幹線の中なのに、思わず声が大きくなってしまって。

もちろん、結論など出る話ではありませんでした。

 

じいちゃんとの最後

仙台の繁華街の入り口にある総合病院に、父は入院していました。

2年ぶりに会う孫に目を細めて喜ぶ父。

ハーゲンダッツのアイスを2口ほど食べて、孫のアメリカ話を楽しそうに聞いていました。

それが父と息子の最後の面会になりました。

それから程なくして、すでに状態は手の施しようもないということが判明。相談の結果、在宅ホスピスを選択することになり、父は退院。

そして2ヶ月後には、この世を去りました。86歳の誕生日を迎えて10日後のことでした。

“天寿まっとう”だったと思います。

気づいたときには、末期。闘病期間が少なかったことは、本当に幸せだったと思います。

 

がんの研究

ニューヨークで息子は何の研究をしていたのかよくわかりませんが、日本に戻り、ここ最近では、がんの研究をしている人になっています。

がんの分野も広いです。

息子の研究はあまり着目されなかった新しい分野ゆえ(というか、やってる人がいない)認知されづらかったようですが、やっと理解者が増えてきているようです。

それができたら、どんなにかいいなと思っています。自然に任せて生きていきたいわたしだけど、それなら選択したい。

きっと、誰かの役に立つ。

雪景色の仙台を見ながら、期待は膨らみます。

30数年前の12月に、父が亡くなったのと同じ病院で、息子は難産の末に生まれてきました。あのとき、死にかけた息子を救ってくれた人たちがいて、今がある。

どこかで、何かがつながっている。そんなことを思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • りっつんさん こんにちは
    学生時代仙台に旅行したことを思い出します。
    青葉城恋歌そのままの美しい街でした。

    故郷にはつらい思い出もありますよね。
    私の故郷は世界遺産のある地方都市で、別に嫌い
    ではないですけど、すでに実家もないし、学生時
    代の友人に戻ってきたら連絡してと言われても、
    何しに?交通費と時間の無駄だわと思ってしまい
    ます(笑)

    • 相棒さん

      おはようございます。

      一度だけ同窓会なるものに出席したことがあります。
      そのあと一年くらいは、再会した友人たちと、
      なんとなく連絡を取り合うことがありましたが、
      あっという間に自然消滅。
      学校が同じだったというだけで、共通点はあまりないのでしょうね。
      交通費をかけてまでは・・・つらい(笑)

  • こんにちは。
    本をきっかにプログを訪問しています。私も主人も仙台出身で親近感がわきます。(結婚してから23年仙台からは離れて暮らしています。主人がびっくりするくらいあっという間に亡くなったので還暦までに地元に戻ろうかと考えています)
    質問ですが、結婚指輪はどうされていますか? 私はしばらくはというか今のところ外す気はありませんが、未亡人の方は結婚指輪はどうされているのか気になったのでメールさせていただきました。

    • viviさん

      本を読んでいただき、ありがとうございます。
      仙台がふるさとの方とは、とてもうれしいです。
      名掛丁や藤崎が通じますもんね(笑)

      結婚指輪はいちおう残ってます。
      夫の指輪の中にわたしの指輪がはまってます。
      でも、指にはめることはありません。
      と、いうか、いつの頃からかわたしの指輪は入りません。

      もう、わたしは自由〜
      なんちゃってね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。