魔法の言葉。「人類で初めてじゃないだろう!」

わたしには窮地に立たされた時に、必ず思い出す言葉があります。

この言葉を唱えると、あら不思議。なんだか力が沸いてくるのです。この言葉、実は夫からのプレゼントです。

 

年子の母

わたしは26歳の時に第一子を授かりました。授かったのはよかったけれど、これがもうエライ難産で、子が死にかけました。そして母体の回復にも相当な時間がかかりました。これに懲りたわたしは「もう子どもは産まない」と決意しました。

第一子妊娠前にわたしは卵巣に不具合を抱えていたこともあり「子どもは無理かもしれない」と言われていました。それなのに授かった奇跡の子だったので、それだけでもう十分でした。

ところが、我が身に何が起きたのか、よくわかりませんが、出産から半年後を過ぎて不思議なことが起きてしまいました。どうも我が身に別の生命体が潜んでいるような気配が・・・。

経緯を書くと長くなるので省きますが、医師からは「何かいます!諸事情から医学的根拠のないお子さんとしか言いようがありません」と言われ、首をかしげられました。しかも、なかなかその生命体が確認できず、確定した時にはすでに5か月が間近か。生命体の大きさから出産予定日を算出してもらいました。

大変に不思議なお子さんだったのです。今の技術なら、いろいろわかったのでしょうが、30数年前の秋田地方ではこんなもの。生まれてから不思議なお子さんになった長男と、生まれる前に不思議なお子さんだった次男。

こうしてわたしが年子の母になることが確定したのは、晩秋の秋田でのことでした。

年子・・・考えたこともありませんでした。無理だ。わたしには無理だ。ありえない・・・どうしよう。

ある午後の日。冬の雷が鳴る部屋で、まだ歩けもしない長男を抱き抱えて、どんよりしているかわいそうな妻に関白夫が放ったひと言は衝撃的でした。しかし、その言葉は、その後わたしを支える言葉になったのです。

 

人類初!

ヨヨヨと泣く妻に放った夫の名言はこちらです。👇

「お前が人類で初めての年子の母になるわけではなかろう!」

それから半年後。次男は実にあっさりと生まれてきました。グイグイと自分で生まれてきました。

実は生まれる前にもひと悶着ありまして。わたしはこっそり一人で産んで、生まれてから夫に連絡をしたのでした。「はい。あなたのお子様よ」と差し出しました。だって、黙って産んで差し出してみろって言ったのは夫。

夫のあっけにとられた顔が忘れられない。わたしだってやる時はやるんだ!少しずつ強くなっていく母でした。

とにもかくにも、曇って晴れて不思議な年子の母となりました。30数年前の、季節はちょうど今ごろのことでした。

 

応用は多方面に

このフレーズ、その後、いく度となく、わたしを奮い立たせてくれました。

「人類で初めて〇〇の母になるわけではない!」

「人類で初めて未亡人になるわけではない!」

いろいろと応用がききました。確かにそのとおりなのです。

きっと夫は「人類で初めて死ぬわけじゃない!」と思いながら逝ったのかもしれません。

窮地に立たされた時、ぜひ、このフレーズを思い出してください。りっつん夫の遺言です。

しんどい思いをしているのは、自分だけじゃないのです。過去にいろんな人が同じような思いを体験しているんです。そのことに気づくと「なあんだ~」と思えたりするものです。先人たちのそんなしんどさを越えて、わたしたちはこんな未来にまで、たどり着いているのです。

 

宇宙系家族

唐突ですが・・・・。

ここまで書いてきて、やっぱり、うちの家族は宇宙人系かもしれないと思いました。息子たちは宇宙からの人たちに違いない。それなら、すべて合点がいく。実は長男だって出生の経緯がはっきりしない。

「最近、宇宙からの新人類が増えてるのよ」とレクサス花子が言ってました。幸せの絶頂にあるレクサス花子の言うことは本当かもしれません。

ともたんは写真に映ると宇宙人だったし。父親が宇宙人なら、ともたんが宇宙人なのは当然なのことです。

わたしの目には宇宙人に見える、ともたんの自撮り写真。唐招提寺にて。


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん、毎日愛読させていただいております。
    傘のありがたきご教示をいただきましたプツリです。
    あのお言葉で骨から作ろうと帰国しました。が、
    骨も出来ず前に又々厳しい事柄が。。。。
    重く沈みきっております。
    素晴らしいフレーズの今回日記に、気持ち動くよう願ってます。そうですよね。そうですよね。
    がんばれますかしら?
    暗い愚痴でごめんなさい。
    りっつんさんに、甘えさせていただいてしまいました。
    素敵なフレーズありがとうございます。

    • プツリさん。
      おはようございます。
      帰国されていたのですね。お帰りなさい!ヽ(^。^)ノ
      どんな困難なことが起きているのか、わたしにはわかりませんが、
      たぶん人類で初めてではないかと・・・。
      日本初でも世界初でもなく、人類初になるのは実に難しいです(笑)
      じーーーーーーーっと身を潜めているうちに、まわりのほうが変化してくることもあるので、
      わたしは「うわ~大変!」と思う時は、あまり動かず、口を結んでじっとしていることにしています。
      時間の流れに乗って、状況は確実に変化していきます。
      だから、どんな状態も続くはずがないと、わたしは信じているのですけど。
      なにしろ、やっかいなことは多いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。