あの人は今も元気で歌ってる!池田聡さんのライブに行ってきました。

先週、池田聡さんの小さなライブに行ってきました。

小さな町の小さなカフェで行われたライブ。友人から誘いがあって、電車に乗って出かけてきました。

こんなところでライブ?

チケットは前売りで4000円。ライブ時間は二部構成で2時間半ほど。観客は40人ほど。

すぐそこで生の歌が聞けるなんて、信じられない。しかも客は40人。ホント?

実わたしは池田聡さんを知らなかったのです。池田さんが流行ったころは、ちょうど子育てに忙しい時期で、あのころの流行りの音楽はまったく記憶にないのです。

少し年齢が下の友人はCDを買って持っていたということから、ライブのことが目にとまり、チケットを買ってみたのだそうです。でも聞いていたら、1曲だけはわたしも知ってる曲でした。CMソングだったようです。

プロだからあたりまえだけど、うまいんです。ほれぼれしてしまいました。近くで聞けて本当にラッキーでした。

池田さんは55歳。しかしキーは若いころと同じ。声量もたっぷりあるし高音の伸びもあって、「あの人は今」感はなかったです。現役です。

かつて大きな会場で歌っていた人たちは、こうして小さな会場に場所を移して活動しているんですね。それでも歌を続けているのは、すごいことです。続ければ道になる。

池田さんの言葉で印象に残った言葉があります。

「音楽はタイムマシンで、どこでもドア」

そのとおり!本当にそう!いいこと言うねえ~。

「月の船」は初めて聞いた曲でしたが、とてもいい曲だったので、貼っておきます。昨年、赤坂BLITZでのライブの映像です。

また、ぜひ池田さんのライブに行ってみたいと思っていますヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。