湿布が効いたり、効かなかったりするのは、どうして?

痛い、痛いよ〜。

なんで、こんなことになったのか、わかりません。

左の腰骨が痛みます。

腰に手を当てた時に、中指が当たるあたりに痛点があります。ピンポイントで痛いところがある。ぶつけたのかなあ。ヨロヨロ歩いているので、そんなことがないとも言い切れない。

左の足に体重がかかると、鋭く痛みます。階段を登るときには、一段ずつ、右足から登っています。

しかし、わたしはすぐに病院に行こうとは思わないんですね。とりあえず様子見。

湿布でも貼っとこうかしら。と思っていたところに、こんな記事を発見!湿布の基礎知識ですね。

コリや痛みには、湿布薬が効く場合と効かない場合があります。

その理由は湿布薬に含まれる成分、「抗炎症剤」に関係しています。抗炎症剤とは文字通り炎症を抑える薬です。つまり、湿布薬は炎症を起こしている場合に限って効果があるのです。

(東洋経済オンライン 「ひざの痛みに悩む人が意外と知らない根本原因」

どんな痛みなのかなんてお構いなしに、痛いというだけで使っていました。気持ちいいというだけで。

はたして、わたしの腰骨痛は炎症なのか? それとも、はたまた加齢に伴う筋肉の緊張なのか?

炎症と緊張を簡単に見分ける方法は、熱を持つ痛みかどうかを確認すること。

熱を持っていたら炎症、持っていなければ緊張によるものだそうです。

触ってみると、ちょっと熱を持っているような感じ。やっぱりぶつけたのかなあ。

それなら使えるな。ということで、湿布薬を買ってきました。

お風呂あがりに貼り付けてみました。

ひと晩がたち、昨日の痛みを10とすると7くらいにはなったようです。

こんな場所が痛んだことは初めてです。友人の言葉がよみがえります。

「年をとると初めてのことが増えるのよ〜」

こういうことだったのねえ〜。

次はどこが痛くなるんでしょうかかねえ。┐(´~`)┌


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。