高齢犬チャッピーさんは、ご近所のアイドル。

ご近所のワンちゃん、チャッピーさん。すっかり歳をとりました。でも、みんなに愛されていて、今でもご近所の現役アイドル犬。

イングリッシュセッターのチャッピーさんは16歳のおばあさん犬。

もともとおとなしくて、温和なワンちゃんでした。

半年くらい前から老化が進み、もう眼もよく見えていません。耳もあまり聞こえず、ノロノロ歩くのがやっと。

道路を堂々と歩いていますが、もちろん、飼い主、わたしなどこちらで見守っています。みんなが「チャッピ~」と声をかけていきます。

もう、飼い主がだれかもよくわかっていないようです。

先週までは防寒目的のセーターを着せられていましたが、やっと脱ぐことができる暖かさになりました。春だよ、よかったねえ~。

あら。もう座っちゃった。長くは歩けない。

わたしはチャッピーさんが歩く姿を見ると、胸がいっぱいになります。

生きることに懸命な姿に感動します。ただ一生懸命生きている。

視線を感じて振り返ると、紀州犬のハシゾー君。こちらは6歳。チャッピーさんの弟分です。この子は保護施設から飼い主さんがもらい受けてきたワンちゃん。

虐待経験のある犬で、ものすごい小心犬。飼い主さんの家に来て3年。いまだにわたしは撫でさせてもらえません。近づくとしっぽ丸めて、逃げます。人が怖いのだそうです。こんなに立派な姿ですが、弱虫犬なんです(笑)

チャッピーさんは、うちの猫さんと同じ年齢です。犬のほうが老化が早いみたいです。

チャッピーさん、もう家もよくわかりません。最後は飼い主さんに抱かれて家の中に。身体は丈夫なのですが、頭がすっかり認知症になっているようです。

食欲は衰えていないらしいです。

トイレの世話も大変で、夜はオムツ。飼い主さんは丁寧に世話をしています。

飼い主さんは何にがあっても、もう病院へは連れて行かないと決めています。わたしも同じです。天寿を全うさせることに決めています。

がんばれ、チャッピー!がんばれ、飼い主さん!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。