【NHK+】に登録完了。木曜日はBSPを楽しむ夜。

NHKのテレビ番組『知恵泉』をウトウトしながら観たため、途中の話が抜け落ちてしまいました。

録画なんてことはできないシステムの我が家。

テレビに関しては、非常にシンプルなシステムになっております。

録画はもちろんのこと、ほかにも、なにもできません。特技なしという、

生放送に特化したシステム。

だけどこれだけは、もう一度見たい。そんな番組もないこともない。

それはどうもNHKに多いということに気づきました。

そこで「NHK+」に申し込みをすることにしました。

 

申し込みは簡単

NHK+のサイトから、申し込みます。受信料を払っているかどうかの審査があるようです。

あくまでも受信料支払い者対象。

入力には10分かかると書いてあるので、何か難しいこと聞かれるのかと思いましたが、住所・氏名と電話番号程度。すぐに終わりました。

NHKからメールが届いて、あっという間に視聴可能になりました。

電話番号を打ち込みながら、大丈夫かなって思いましたけど(笑)

2日後にはこんなメールが届きました。

そして4日後、ハガキが送られてきました。

そこに書いてある確認コードを入力して、すべての手続きは完了です。

そういえば、こんな手紙をもらったことを思い出しました。

手紙の言いなりにならず、なんの連絡もしなかったので、登録をはねられたらどうしようと思いましたが、まったく問題なしでした(笑)

NHKからの手紙。固定電話を外したことがバレてる!?

2019年10月19日

 

木曜日の夜はBSの日

木曜日の夜8時からの『ヒューマニエンス』と9時からの『ダークサイドミステリー』。

これが最近の楽しみです。

きのうも、2つの番組を観ました。

『ダークサイドミステリー』では、”人はなぜ鬼になるのか?”というのがテーマ。

わりと(というか、かなり)好きなテーマで、見入ってしまいました。

これから勉強してみたいテーマの1つです。思えば卒論はそれに近いテーマでした。昔から好きなんだなあ、きっと。

鬼。情念。怨霊・・・怖いもの見たさってやつです。

 

我が家とテレビの関係

2017年の夏に壊れた大きなテレビ。1人用に小型化して4年近くになります。前のテレビにはいろんな機能をくっつけてました。

でも、もう要らない。

現在はテーブルの上に乗せて観ています。

小さなテレビ。このサイズ、とても気に入っています。わりと集中できる。

困るといえば、観ている時に、邪魔するヤツがいることくらいです。

「こらっ!観えないってば!💢」

毎度な光景ですけれど、昨日の晩ごはんとともに(笑)

テレビが壊れた。プライベートビエラにチェンジだ!

2017年7月10日

【テレビ小型化】プライベ-トビエラに変えたことで、暮らしはどう変化したか?

2017年8月22日

わたしとテレビの関係は淡白。時代はどこへ行っちゃうのかな。

2020年10月9日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん、こんにちは。
    『ヒューマニエンス』『ダークサイドミステリー』これに、『映像の世紀』もお勧めです。
    偶然の一致見たいですが、先の2番組は最近見始めたもので、私みたいな科学音痴が引き込まれました。
    この年になるまで生きてきたのに、知らないことばかりだなあと痛感しています。

    • しばふねさん

      おはようございます。
      「ダークサイド」はなかなか深いなあと思います。
      どのようにして偽造データが出てくるのかとか。
      「映像の世紀」もチェックしてみます!

      本当に知らないことだらけと、
      思い込んでしまったことの多さに驚きますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。