夫から学んだこと。

38歳でわたしたちの前から姿を消した夫ではありますが、わたしや息子たちに与えた影響は多大です。

 

ゆっちゃん、テストでズルをする

小学1年生のゆっちゃん。テストの答えをお友達に教えてもらったというのです。

テストというものの意味がよく分かっていなかったのでしょうか。パパである息子が問いただし、告白したということですから、良くないということはわかっていたのでしょうね、きっと。

100点へのこだわりもあったでしょう。わたしだって100点は好き。うれしいですもん。

息子は「ズルして100点を取るくらいなら、堂々と0点をとってこい!」と叱ったらしい。翌日、ゆっちゃんは先生に事の次第を告げて謝ってきたそうです。

些細といえば些細な事件。だけど息子は見逃さなかった。そして父親としての考え方を強く伝えたようです。

息子は「父親から教えられたことだから」と言います。

もしかすると人生で1番か2番に大切なことかもしれない「ズルはするな。正直に生きろ!」というメッセージ。10歳で父親と死に別れた息子ですが、きちんと伝わっています。

 

わたしが夫から教えられたこと

人は必ず死ぬ。どんなことをしても、死ぬ時がくれば、死ぬ。

夫からは、ろくでもないことを含め、いろんなことを教えてもらいました。しかし、夫がわたしに教えた最大なことは、これ。自分の体を張って教えてくれました。

それまで遠い存在だった「死」を突きつけられました。人には終わりがある。わたしは身に染みています。

夫が死んでしばらくは、ただただ悲嘆にくれていました。しかし、10年以上は過ぎていたでしょうか。いつの頃からかは定かではありませんが、日常生活の中で、夫のことをあまり思い出さなくなりました。

こうして時の流れとともに、死んだ人は忘れ去られていくのだ、切ないなあと思いました。

しかし、最近、ふっと気づいたのです。

夫はわたしの中で生きていると。

こういう表見、本当はあんまり好きではないです。だけど、ほかに表現方法が見つからないので、あえて使います。生きているというのともちょっと違うのですが。

夫は、もうすでに男とか女とか、そんなふうな生物的存在ではないのです。わたしの一部になっているようなのです。知らぬ間に、夫はジワジワとわたしの中(頭?心?)に住み着いていたことに気づいたのです。

いまだに夫を愛してやまないとか、そういうことではありません。今、ものすごく会いたいとも思いません。

同化しているのです。どうかしているのではありません(笑)

夫が生きてきた姿勢。それがわたしの中に取り込まれているようなのです。夫の人生を、わたしが担って生き続けさせられているような。

以前は「夫ならこうしたかな」と思っていましたが、今は行動した後で、「まるで夫のようだ」と思うのです。

夫が親たちから連綿と伝えられてきた生き様をベースに構築した38年間の歴史。それが死後20年をかけて、どういう道筋かは不明ですが、血のつながらないわたしにも伝わってしまったようなのです。

どうやって伝わったかを具体的に解明できたら、もしかすると、ノーベル賞ものかもしれませんね。

さらに息子たちは血がつながっているので、もっとダイレクトに何かが伝わった可能性があります。次の世代へと引き継がれて、何かが残されていくことが、今のわたしには確信できます。感情のDNA(?)が存在するように思います。

わたしは突然現れたわけじゃない。わたしは過去からの堆積物を持った生き物なのだと思うのです。

とすれば、わたしが子孫に残せるものは、「生きざま」しかないのでしょう。せっせとわたしらしく生きる姿を見せるしかないです。わたしらしさ。少なくとも生きやすくなるような生き方をバトンしたい。

だからこそ、わたしは気を付けていることがあります。わたしが親からバトンされた生きざまの中で、不要だと思えたものをバトンしない、ということです。

整理整頓して、大事なことだけを伝えたい。要らぬものは捨て去り、わたしの代で終わりにする。これがわたしにできる唯一のことだと思っています。

 

こぼれ話

長男5歳。次男3歳半。かわいい2人。

コンビニの前で、夫は2人にささやいた。小声でヒソヒソ。

「これから、この店に強盗に入る」

「やめて!おとうさん!」

2人は号泣した。次男の泣き声は遠くから見ていたわたしにも聞こえるほど。

夫はしたり顔で「ビックリさせるのに成功した」と。

お茶目な夫。しかし息子たちは相当な恐怖を感じたようでした。

あんなに怖いことはなかったと、いまだに我が家では語り草。

※キャッチ画像は我が家の百日紅(さるすべり)です。今が盛りです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。