お金の管理をすると、ボケない?よっしゃ、ばくち株、再開!

わたしはお金の管理は自分でするしかないので、しています。

金銭管理が好きかと問われれば、あんまり好きではなかったかもしれません。これはあくまで過去形でして、今は好きになってしまった・・・わね。

夫が生きている時には、お金に関する大きな決断はすべて夫任せでした。貯金のこととかローンのこととか。

もちろん収入のすべては把握していましたし、日々の小さな決断はわたしがしていましたけれど。

そんなことを思い出すと、未亡人にならずに、あのまま平凡な主婦だったらよかったのにと思うこともあったりします。

だって、お金の管理はそれなりに神経を使うものなんです。ハンコを押すときには緊張します。

ドキドキハラハラしたことは一度や二度ではございません。

ある時から、ドキハラしたときにはおまじない(?)を唱えるようになりました。何度唱えたか、わかりません。

「本当に残高ゼロになってから考えよう!」

「ゼロになる前から不安になるのは、やめよう」

そして最近は、ワタクシのような小心者は金には困らないという結論に達しています。

「お金がなくなると困る」と本気で思えば、とりあえず働ことうするし、湯水のようにお金を使ったりはできないものです。

まあ、そんな小心者はいろいろと知恵を巡らせて暮らしております。

まじ専務

それがボケないコツかもしれぬ

「そうなのぉ?」by りっつん

まじ専務

わたしの経験上、計算を人任せにすると、ボケる気がする

幸か不幸か、現在のワタクシは金銭管理ができる女になってしまいました。でも、わたしには息子に丸投げするという手もある。金管理を仕事にしている息子もいるんだから。

管理してもらって「これで暮らせ~」と月々の生活費をもらって暮らすのは、気楽に違いない。

「これで暮らしていれば死ぬまでなんとかなる~」と断言してもらえば、心穏やかに暮らせそうです。

でも一度覚えた金銭管理の面白さは譲れないかもしれません。こうしてスリル満点のハラハラ人生は続く予定。ハラハラしながら暮らせば、確かにボケないかもしれないですね。

ま、かっこつけて言えば、金銭管理=自己管理。

自己管理を丸投げすば、そりゃ、頭はサビびていくかもね。

 

ばくち株、再開す

今年の2月に金融口座の整理をしました。

【老後に向かう家計管理】野村証券・ソニー銀行・ゆうちょ銀行を解約。

2019年2月15日

その半年くらい前から、保有する株をインカムゲイン狙いだけの株式に移行しました。

インカムゲインとは株式や債券などの資産を保有中に得られる収益のことで、株式では配当金のことです。

つまり、配当金をもらうことを目的とした株式投資です。

私設のファンドマネージャーの助言に従って、ばくち株を売却して、配当金運搬株に移行しました。

現在、年4パーセントほどの利回りで運用中です。

長期保有予定なので、それ以来、株価の値段には関心がなくなってしまいました。

が!半年経ってみたら、やっぱり、つまんない!

「また、ばくち株、やろうかな〜」

わたしが勝手に名付けているばくち株とは、キャピタルゲインを狙う株のこと。

キャピタルゲインとは株式や債券などを売却することによって得られる売買差益のこと。 例えば、株価20万円で購入した株式が、25万円になったときに売却した場合、差額5万円(手数料・税金を除く)がキャピタルゲイン

売買差益を狙うので、値動きはそれなりに大きいし、時々怪しげな会社の株もあったりします。

スリル満点!とはいえ、基本的には東証一部上場株です。

部長
ばくち株は別口座でやるように

「配当金運搬株に手をつけるな」

「口座を一緒にしていると、配当金運搬株も動かしたくなるに決まってる」

老いたので、素直に耳を傾け、口座を分けることにしました。

ばくち株のネット証券の口座を開設することにしました。

ところが、新規申し込みをしたら「もうすでに口座があります」と言われてしまいました。2001年に開このネット証券に口座を開設していたらしい。┐(´~`)┌

と、いうことで、口座を再開という運びになりました。

ここで、趣味としての株取引を始めようと思います。まさに、ボケ防止と実益を兼ねた趣味です。

部長
小遣いの範囲でやるように

いちいちうるさい部長です。

ということで、資金の割り当ては、ゼロ。まさにゼロからの出発。

あまりにも少額投資になりますが、考えようによっては面白い。

ゼロから、どこまで増やせるのか。

実はぼちぼち、参戦を考えてあるのです。ウッホッホ〜。

数字を眺める日がやってきます。ウッホッホ〜。

やっぱり、ばくち株、好きだわ〜。ウッホッホ〜。ワクワクします 。

これでこそ、ワタクシというものです。

利益はあぶく銭ですので、あぶくのように使う予定です。

あの人と、ハワイにでも行きたいなあ〜

日本のハワイでもいいなあ〜

それとも・・・期待は膨らみます。

会長

あの人?婆たぬきの皮算用はすでに妄想の世界ニャン


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。