【一人ごはん】ケチャップ大豆&みたらし大豆&甘酒ヨーグルト

麹やさんに甘酒を買いに行ったら、ゆで大豆がたくさん置いてあったので買ってきました。

200グラムで100円でした!

 

ケチャップ豆

玉ねぎ・トマト・鶏肉・ソーセジ・大豆を炒めて、ケチャップで味付け。トマト煮込みというほどのものではありません。

まさに、ケチャップ豆!

ケチャップはリコピンがたくさん含まれている調味料なので積極的に使いたいのですが、なかなかレシピが思いつきません。

これはいいかも。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

野菜はタマネギとトマトだけ。他に野菜を入れてしまうと、大豆を食べる量が減るので控えました。

そして鶏肉とソーセージを入れて、これでたんぱく質をたくさん食べられる。

トマトケチャップも1人暮らしでは余りがちな調味料。

ないと困るときがあるのですが、一度に使う量は限られていて、なかなか減りません。

大量に消費できました!

温めるときに溶けるチーズを乗せてもおいしいです。

その他、オムレツの具材としても使えます。スープにも転用できます。

コツは野菜を混ぜすぎないことですね。

作り置きとして冷蔵庫の中で待機中。

 

みたらし大豆

これはもう、どれだけでも食べられそうです。食べ過ぎ注意。ヤバいです(笑)

まず、大豆の水分をよく取ります。そして片栗粉をまぶします。

つぎにプライパンに油を敷いて、炒めます。

パラパラになるまで炒めます。

その間にたれを作ります。

だしと砂糖と醤油で沸騰させておきます。わたしは醤油1・砂糖2の割合くらいです。薄めの白だしの中に醤油と砂糖を入れて、好みの味に作ります。

炒め終わったら、ボールに移して、はとむぎをこんな感じで混ぜ合わせます。

少しずつ、たれを加えていきます。

すると、あら不思議。片栗粉をまぶしてあるので固まっていくんですね。まるでみたらしだんご状態。

できたての美味しさは格別です。ハフハフ言いながら食べたら、本当に幸せな気分になりました。

夏休みに孫娘たちがきたら、一緒に作っておやつにしようと思います。

何しろ、100円。たくさんできます!

 

甘酒ヨーグルトにハトムギPON!

さて、なんで大豆を買ってきたのかというと、麹屋さんに行ったからです。

なぜ麹屋さんに行ったかというと、甘酒が飲みたかったからです。よく行くスーパーに「みやこ麹」が見当たらなくなったので、それではということで行ったわけです。

行ってみたら、麹屋さんで仕込んだ甘酒があったので、そちらを買ってしまいました。

なぜかというと、容器が可愛かったから(笑)

最近のお気に入りの食べ方は

甘酒ヨーグルトにハトムギPON!

甘酒とヨーグルトを混ぜて、少し蜂蜜を入れて、ハトムギPON!です。

どんどん元気になったら、どうしよう(笑)

息子が「90歳まで生きたらどうするんだ?」と言って、わたしを脅します。

大丈夫よ。

あちらで待ってる人たちが、きっと待ちきれなくなるから。へへっ。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。