12月の初日は快晴。ユーミン聞きながら家事に精を出す。

今日は朝からどんよりな空。空一面が雲。わたしはこういう日も嫌いじゃない。なんとなく静かで好き。

昨日は今日と違って、ポカポカと暖かい1日でしたが、出かける予定もなかったので、午前中に30分ほどの仕事をこなしたあとは、のんびりとすごしました。

あんなにのんびりしたのは、久しぶりな気がしないでもないです。

だって、窓の汚れが気になったのだから(笑)

 

窓、磨けよ

窓の汚れが、ハンパない。汚いなあと、ソワソワ。

嫌いな家事の1つである、窓磨き。

できれば避けて通りたいけれど、わたしが磨かないと、永久にきれいにはならないのです。この現実、つらいわ〜。外注したい家事の1つだけど、ケチなので、もちろんしません(笑)

12月に入ったし、さっさとやっちまおう。やるんだ、自分。と、自分にハッパをかけて、立ち上がる。

窓磨きにはマイルールがあります。

1日1部屋限定。

一度にたくさんやらないこと。以前、やりすぎて肩が痛くなったことがあったので、以来、そんなルールを作っています。

まずは、リビング。とにかく、ここ。わたしの生活拠点だからね。

ここには大きなガラスが2枚あります。220センチの大きな窓が2枚。そして135センチの窓が4枚。

そして、サッシのサンも、網戸も洗いました。

時間にすると、1時間ほど。

ここさえきれいなら、あとは見逃しても、いいね!

それから、客間の布団を引っ張りだして、整理整頓しました!クローゼットの空気を入れ替えるだけでも、気分が違います。

これは天気がいい日を逃してはなりません。

 

お弁当ごっこ

お昼が近づいたころ、

“そういえば、最近、お弁当ごっこしてないなあ”

そんなことを思いました。

昼ごはんのために作ったのは、豚バラとキャベツの炒め物。

キャベツは少し焦げ目があるくらいにしっかりと炒めて、醤油を少しと酢をやや多めにかける。単純調理だけど、さっぱりしていて、おいしい。

あとは残りものをキュッキュと詰めて出来上がり。

そうだ!スープジャーを使おう。

せっかくもらったのに、使うチャンスがない。今回で使うのは2回目?

ひとりランチはお弁当。株主優待でもらったジャーが初登場。

2020年7月29日

スープはインスタントです。最近のお気に入りは、無印のトマトの酸辣湯

ほのかに酸っぱくて、からい。

これ、おすすめです。

先日、焼いたお餅を入れて食べたら、癖になるおいしさ。市販のお餅を四分割して小さくして入れるのがコツです。

 

ユーミンの日

FM TOKYOをかけたら、「ユーミン特集」をやってました。昨日は1日中ユーミンの日だったようです。

2時間ほど、聞きました。

「あの日に帰りたい」が流れてきたら、ポーンと高校生だったわたしに戻ってしまうし、「中央フリーウェイ」のイントロが聞こえた途端に、あの日のドライブシーンを思い出すし。

ユーミンはすごいなあ。それ以外の言葉が思いつかないよ。ユーミンは記憶覚醒アイテムです。

ユーミンは天から啓示を受けて曲を作ってるって話を聞いたことがあるけれど、本当にそうかもしれない(笑)

一番好きな歌は、なんだろう。何度でも聞き続けたい歌はなんだろう。実は、わたしにはそういう歌はないかもしれないなあ。自分の選曲ではなくて、BGMで流れていてほしいかな。

家事をする合間には、陽だまりで本を読んだり。そして本を抱えたままうたた寝をして。ふわりと目覚めて、しばしぼんやり。頭の中はからっぽで。

猫は毎日こんな気分なのかな。

いよいよ師走。

クリスマスソングを聞かなくちゃね。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


10 件のコメント

  • りっつんさん、おはようございます。
    私も、窓ふきは嫌いです。だから、曇空の日に、新聞紙を使って拭きます。
    ひどい汚れは、先に落としておきます。これだと、仕上がりにムラが出ません。

    ユーミンの曲、昨日、仕事中のBGMで聞いてました。
    好きな曲は、「守ってあげたい」「ひこうき雲」です。

    • しばふねさん

      おはようございます。
      窓拭き嫌いな人、また1人増えました〜(笑)

      ユーミンの曲、悩むなあ。
      強いて言えば、
      「12月の雨」と「中央フリーウェイ」かなあ。

  • はじめまして
    本、読みました。
    私も13年前に伴侶をなくしまして、
    今年、長男が就職、二男が大学に入り
    一人暮らしとなりました。
    あらためて、ゆっくりと彼を偲んでいます。
    今でも恋しいです。が、そういう風に思える人に出会えたことは幸せな人生だと思っています。
    57才 一人暮らし、1年め
    ただいま少々、空の巣症候群…
    勇気をいただきました。
    私も主人も東京育ちですが、主人の就職で仙台にきて、
    家も建てちゃって…先に逝かれちゃって、
    縁もゆかりもない仙台にて25年暮らしています。
    りっつんさんは宮城出身、関東にお住まいなんですよね~

    心配や不安もありますが、りっつん先輩のブログを参考にセカンドライフ楽しみたいと思います。

    • cafemoroさん

      おはようござます。
      仙台からのコメント、
      そして本のご購入、ありがとうございます。

      わたしと逆バージョンですね。
      わたしが仙台で暮らしたのは24歳まででした。
      25年も暮らせば、もう立派な仙台人ですよ。
      わたしが仙台を出てから40年近く経ちます。
      やっぱり仙台は大好きな町です。
      時々、帰りたくなります。

      1人暮らし1年生とのこと。
      寂しい気持ちがあるのは当然です。
      わたしもそんな時がありました。
      でも、いつしか、そんな気持ちも何処へやら(笑)
      何とかなるもんです。

      心配や不安が湧いてきたときには、こんなこと唱えてます。
      「現時点では、その心配はないよね」
      心配は未来のことなので、今現在に気持ちを置くことにしています。
      ぼちぼち、まいりましょうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

      • \(^o^)/わーい
        お返事ありがとうございます。
        恐る恐るスマホを操作して、コメントおくりました。
        繋がっているんですね~✨
        嬉しいなぁ(^-^)

        仙台は住みやすい街です。
        けれど、ずいぶんと街並み変わりましたよ^_^;
        私も東京に行くと、すっかりおのぼりさんです。
        こちらにお越しの際は、ぜひぜひ声かけてくださいね!

        そうですよね…
        現時点では 私は心配ない ことばかりです

        人類で初めて○○を体験するわけじゃない
        もいいですね…
        みんな通る道 ですものね

        りっつんさんのつぶやきは、自分一人じゃないんだぁ
        と思わせてくれます

        またコメントしますね(^-^)
        ありがとうございました。

        • cafemoroさん

          こんばんは。
          心配のない暮らしを送れているのは、
          本当にありがたいことですよね。

          わたしもみなさんからコメントをいただくと、
          1人じゃない!と力が湧いてくるんですよ。

          また、コメントくださいねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • 私もどんよりと薄暗い日やしとしと雨の日、嫌いではありません。
    なんか落ち着いた感じ。心静かに過ごせます。
    お出かけしなくてはいけない時は嫌ですけどね。

    窓ガラスふき、お疲れさまでした。
    私も一気にやらず、一部屋一部屋にしています。
    それにしてもサッシと網戸も含め1時間で済むとはなんと早い。
    私なら半日がかりです。

    海外に住む友人は
    「なぜ日本人は年末に大掃除をするのか?寒いし、風は吹くし。
    窓ふきは梅雨時にするのが一番楽。湿度が高いから。
    その他の大掃除はカラッと晴れたゴールデンウィークやシルバーウィークが楽よ。」
    と、言います。なるほど!ですね。
    でもやはり、毎年、年末になると綺麗にしなくちゃ!と慌ててしまいます。
    12月に入り、例年のことながら、気ぜわしくなって来つつあります。

    • かよさん

      こんばんは。
      わたしが1時間で終わってるってことは、
      つまり、要するに、雑だってことです(笑)
      ざっときれいになればいいや。そんな感じなのですよ。

      確かに、夏のほうが理にかなっていると思います。
      しかしやっぱり、なぜか寒風にさらされながら、
      大掃除をしたくなるのは、
      日本人だからなんでしょうねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • おはようございます。ユーミンいいですね。私は、荒井由実がすきでした。高校生のころ熱中していました。レコードも最初の3枚は買っていつも聴いていました。でも松任谷由実になってからはちょっと離れてしまいました。すてきななんだけど、ゴージャスさについて行けなくなったのかな。素朴な初期の作品が好きです。先日、本箱から1975年に買った荒井由実ソングブック(弾き語りの楽譜)が出てきました。12月の雨、雨の街をなど練習したんだなあ。難しい和音のところには書き込みがいっぱい。高校生の自分に一瞬戻りました。また、練習しようかなあ。一人暮らしだから遠慮なくへたでもうたえるしね。

    • tomoさん

      こんばんは。
      荒井時代のころのほうが、わたしも好き。
      松任谷になってから離れてしまいました。

      弾き語り、楽しいですよね。
      猫は迷惑そうにしていますが、
      わたしは歌います!(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。