はぐれカモメと、大根1本勝負!

おはようございます。

今朝は曇り空の関東地方です。予報では明日は雪になるかもとのこと。「雪」と聞くと、心踊るのは、あくまでも雪のない関東に住んでいるからですね。

 

がっこちゃっこ

かつて秋田で暮らしたときには冬といえば「毎日が雪」でした。

寒かった秋田の冬ですが、思い出すとホワッと心が温かくなるのは、まわりにいた方々が優しかったからに違いありません。

どこにも出かけられなくても、ご近所さんに「こたつdeがっこちゃっこ」に誘っていただいて、寂しいとか心細いと思ったことは、あまりなかったです。

わたしは、秋田には親戚も友人もいませんでした。ご近所さんだけが頼りの日々でした。

「がっこちゃっこ」とは、漬物でお茶を飲むということです。茶飲みってことですね。「がっこ」は漬物のこと。「いぶりがっこ」という有名な漬物がありますよね。「ちゃっこ」はお茶のことです。

今でも言うのかなあ〜。

わたしは秋田で、ご近所さんの大切さと、主婦の付き合いの仕方を学ばさせていただきました(笑)

 

はぐれカモメ

さて、昨日は、くるりと川を歩いているときに、はぐれカモメに遭遇しました!

なぜか1羽だけ、長期滞在。群れと離れて悠々と過ごしているようです。楽しそうではあります。

みんな行動が好きじゃない個体がいるのは、人間も鳥も同じみたいですね。

でも渡るときには、さりげなく群れに紛れこむんでしょうか。ずっと、一緒にいたみたいな顔をして(笑)ちゃっかりさんですね。

少し視線をずらしたら、まるでフクロウのような姿が目に入りました。

なんのことはない、アオサギですね。真正面から見るという機会は、あまりなかったかも。ずんぐりな感じです。

一瞬晴れると、まるで春のような河原でした。葉っぱ、キラキラ。

ここには「冬」はないかも。

 

大根1本勝負!

昨日、大根を1本、いただきました。

シャキッとした、採りたての生きのいい大根。

おいしいうちに、料理をしようと台所に立ちました。

 

大根と豚バラの煮込み

大根と相性がいいのは、バラ肉だと思います。わたしはこの組み合わせが一番好き。

さっぱりした大根と少しこってりした脂身が、なかなか相性がいいんですよね。

卵がたくさんあったので(10個パックで買うと余りがち)6個消費!

実は次男が猫の様子を見にきてくれるというので、こんなに作ったんです。帰りに持たせれば、夕食の1品になるでしょ。

こういう煮物も、新鮮な大根だと味が違います。明らかに、違います!

煮てしまえば同じなように思うけど、やはり新鮮さに勝てるおいしさはないかなと思います。

 

大根とセロリのきんぴら

煮物に使ったのは3分の2。3分の1はサラダときんぴらに。

セロリがあったので、一緒に千切りにして、半分はサラダ用にして、半分をきんぴらにしました。

大根の葉も茹でました。炒めると大根とセロリの見分けがつかなくなります。白いコンビに青い奴。青春っぽい?(笑)

めんつゆでささっと味付け。

ごまでも振ろうかと引き出しを開けたら、目に飛び込んできたのが・・

こういうものも、一人暮らしでは残りがち。できるだけ早めに使い切りたいもの。

で、入れてみました。

意外とイケる!

はい!出来上がり。箸休めにぴったりな一品でございます。

そんなこんなで、大根1本勝負でした。

では、本日もよい日になりますようにヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • はなです!

    おはようございます。

    そうですね、雪が降らない生活をしていると雪が降るとなんだかうれしくなったりしますね。
    私、36年間鳥取で暮らしました。鳥取も結構雪が降るのですよ。近年は降らなくなった方です。
    私が、鳥取に越したころは、一晩で膝まで積もると言うことも珍しくありませんでした。はじめての冬、雪が何日も続き、どこにも行けない~大阪に帰りたい!と主人を困らせました(笑)会社帰りに赤い長靴を買ってきてくれました(笑)小学生が履くようなやつを…笑えますね。
    雪かきはへたですし、使いもんにならん嫁で(笑)雪かき禁止令が出ました。
    大阪はほとんど降ることがなく、雪の匂いがすると思っても、シーンと冷たく寒いだけです。
    そうなると、雪が懐かしい、うれしいものになるようです。

    大根は豚バラとっても相性がいいですよね、私もよく作ります。娘が歩いて10分ところに住んでいますから、大根炊けてるよ~と言うと取りに来ますから、たくさんで炊きます。やっぱり大鍋で炊くと美味しいです。なんでも、煮物は大鍋でドン!と炊くのが最高です。

    • はなさん

      あっ!わたしも夫に赤というか、
      あずき色の長靴を買ってもらいました。
      春先には長靴が必需品ということを知らず、
      出かけられずにいたら、会社帰りに買ってきてくれました。
      わたし、雪かきをした記憶がないんです。
      わずか3年の秋田生活は、妊婦か赤子がいるかだったので、
      みなさんが代わりにやってくれてたんですね。
      実に使えない若いもんでしたね(笑)

      雪の匂い、ありますよね。
      ああ、本当に懐かしいわ。
      日本海側の気候も懐かしいわ〜。
      秋田は冬に雷が鳴りますけど、鳥取はどうですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。