「まんぷく」で発覚したチャンネルの謎。疑いは確信へ!

先日の記事に、大きな反響がありました。朝にテレビをつけると、前夜にスイッチを切ったときとはちがうチャンネルがかかるという記事です。

 

3つの反響

プライベートメールに、こんな感想が送られてきましたので、ご紹介します。

60代前半の善良な市民

今日のTVの話は興味深いです。
TVではないですが、我が家のTOTOのウォシュレットの節電機能は学習しています。便座を暖める時間を、過去の使用歴からコントロールするのです。
ある時、普段使わない時間に座ったら冷たい!
壊れたのかと説明書を読んで、そういう機能があることを知りました。

ふっふっふ。わたしはトイレの機能については、最初から知ってたよ。

トイレはだいぶ進化してますからね。

しか〜し!テレビのこの件については、説明書には書いてないんですよね。

わたしが何かを設定した覚えもないのです。我が家のテレビはポータブル式で、価格も35000円くらいのもの。そんなに機能が充実しているはずはないのです。

プライベートビエラのレビュー。設置にかかった時間は、なんと5分!

2017.07.11

 

60代後半の可愛い市民

あり得る?そこまでテレビが進化しているのかギモン。

りっつんのことだから、前の晩スイッチを切る時に、明日の準備のつもりでBS3にしたんだと推理するね。

この人は、わたしが先回って行動しているに違いないという。わたしの言うことを信じてはいない。この世の不思議を疑っている。

ふっふっふ。時代は思いのほか、進んでいるんじゃよ。

そのうち、家電は自立する日が来るんじゃよ。

 

30代半ばの関西市民

テレビの件はありそうだな。

それにしてもドリカムの歌はひどい。

滑舌が悪いのか、子音がはっきりしないから聞き取れない。

ミーシャとかスーパーフライとか、歌詞に感動できる。達郎だってそうだろう。

「社会派ブログ」なんだから、もっとドリカムについて考察してみろ。

そもそも・・・(と、歌に対するコメントが続くので、割愛)

この方は、テレビの件はありそうだと言う。そんでもって、わたしのブログ を「社会派」とバカにしよる。それほどに、ドリカムの発音が許せないらしい。

ふっふっふ。やっぱり、山下達郎がいいんだよ。

 

実験してみた

実験1日目

夜、地上デジタルのTBSでスイッチオフ。

そして朝、スイッチオン!

最初に映ったのは、BSだった!

 

実験2日目

夜、地上デジタルのテレビ朝日でスイッチオフ。

そして、今朝。

カメラを構えて、テレビのリモコンの電源ボタンを押した!

ニッポンの里山、いいですねえ。朝からほっこりした気分になります。おっとっと、問題はそこではない。

やっぱりBSです!

わたし、本当になにもやってないんですよ。信じるかどうかは、あなたしだいだけど(笑)

まじ、どうなってるの?

わたし、何かしてるの?

それとも、夜中に猫が何か操作してるの?

それとも、それとも、夜中にあの世から帰ってきてる人がいたりするの?

教えて欲しい。

ああ、パナソニックに電話して確認したい。でも、こんなことで問い合わせるのも、いかがなものか。

だれか、この謎、解決してください!!

※キャッチ画像は岩合さんの猫シリーズ。アメリカに住む立派な猫さん。「CATSに出てくるオールドデュトロノミーみたいだわ〜」と思わずパチリ。猫とは思えない風情ですね。


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • ご報告遅くなりました。
    私も色々なパターンをやってみて
    おります。
    ここ2日ばかりは?状態がなく、やはり
    我が家の場合は勘違い?いやいやあれは
    絶対変だった!更に追求するぞ!
    今暫くのお時間を。
    普段はあまり闘争心のない(不正には
    怒ります)タイプなのですが、ミステリ
    アスな事にはひっかかります。

    • キャサリンさん。

      ぜひ、追求を続けてください。
      なんとか謎を解明したいと思っていますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。