達郎さん、復活!わたしはといえば、毎夜「夢」にうなされている。

今朝もどんよりな空模様です。

庭はじっとりと濡れています。昨日、草むしりをしといて、よかった。少しだけサッパリした庭を眺めて、昨日の自分の働きに拍手。

昨日は選挙に行って、帰り道は遠回りして、ぶらぶらと6000歩ほど歩きました。

いつもより、歩いている人が多かった気がしました。みんな選挙の帰りだったのかしら。若い人はあまり見かけなかったけれど(笑)

ふと、涼しい風が吹いてきて「ああ、この道は風の通りがいいのね」とか、新発見がありました。散歩は楽しいです。

 

達郎さん、復活!

家に帰って、午後2時からの達郎さんの「サンデーソングブック」を聴こうとドキドキしながらスイッチオン。

達郎さんの復活を確認

達郎さんは先週、のどの調子を崩して、人生初のコンサートを中止ということに。ラジオも初めてのピンチヒッターさん登場ということで、本当に驚き&心配しました。

復活した〜!よかった〜!

わたしもコンサートに行けなくなるということより、達郎さんの損失を心配してしまった老婆心。もし中止になったら、チケットの払い戻しはしないと、不思議な決心をしていました(笑)

もうすぐ、生達郎です。うひひ。

準備は万端です。

散らからない、ジャンボクラッカー。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今年も鳴らすゾ!今年はジャンボだゾ。

 

異次元トリップ?

さて、最近、わたしを悩ませいてることがあります。

「夢」です。

どうにも身体のリズムが取れません。わたしの身体は太陽に連動するように仕掛けられているのですが、太陽が出ないので、朝がわからないのです。

いつもなら、この時期、5時にはスッキリ起きているのですが、今朝も目が覚めたのは6時半を過ぎていました。

こんなにも太陽が出ないものだから、身体は混乱しているもようです。

あれれ。今、何月?

春に戻ったの?それとももう、秋なの?

そんなこんなでリズムが崩れがちで、なんだか夜中に目が覚めがちです。

すると、不思議な夢を見てしまうのです。ここ4日連続しています。

これが、実に臨場感たっぷりの夢なのです。

今朝は、ダンジョンのようなヘンテコな建物の中を上ったり下りたりしているうちに、隣町の駅に出てしまい、元の建物に戻るのにはどうしたらいいのかと、迷ってる夢でした。

ヘンテコな建物は学校。どうしても終業までに戻りたい。

駅前で「◯◯学校に行くにはどう行けばいいですか?」と、若い女性に尋ねたところ、

「運がいいね、おばちゃん。わたしも行くところ」ということで一緒に歩き始めて、最終的には友だちになりました。

めでたし、めでたし!

・・・って、えらく疲れました(笑)

ものすごくリアルなのです。道も建物も人も。

ここ数日の夢で、村上春樹の『1Q84』を思い出しました。

(わたしは村上春樹作品は、好んでは読みませんが、『1Q84』はとてもおもしろかったです)

ということで、実はわたしも別次元に入り込んでいるじゃなかろうか。と、ふと思いました。

寝ている間に、どこかに行っちゃってるのかもしれません。

寝ている間のことは、自分ではわかりませんからね。

実は、実は・・・・。

そんなことを考えてしまうほどに、季節は停滞中です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。