ピンクのシクラメン。色で判断すると、わたしは愛や恋を欲しているらしい。

近所のホームセンターに乾電池を買いに行ったところ、シクラメンが安くなっていました。そういえば、部屋の中に花がなかったなあと思って一鉢買ってきました。

気になる色で自分の心理状況を把握

セール価格780円!

20鉢くらいセール展示されていた中で、一番淡い色のシクラメンです。毎年よく買うのは、真っ赤だったり、濃いピンクのシクラメン。なぜか今回はこの薄いピンクに心ひかれました。

花を買う時に、欲しいと思う色が、けっこう違います。庭の花を赤い色中心にしてみたかったり、そうかと思えばある年は白っぽい庭にしてみたかっり。

これって、その時の心理状況を反映しているみたいで、自分でも「なるほどなあ~」って思います。

色彩心理学というのがあって、それによると、ピンクを選ぶ時の心理状況は、恋に夢中の時や、幸せで充実している時らしいです。あら~。なるほどねえ。

または愛や恋を欲している時などに気になるのだそうです。あら~。そうなのかしら。(笑) たぶん今のわたしは幸せなんでしょう。。。。

今のわたしは淡い感じなんですね、きっと。あわ~くし・あ・わ・せ。いい感じです。

シクラメンの花言葉

あこがれ・内気・はにかみ

シクラメンはサクラソウ科の多年草で、和名は「豚の饅頭」「篝火(かがりび)花」。もともと根っこを豚のエサとしていたのだそうです。シクラメンの根っこが食べられるとは知りませんでした。

ちょっと賢くなったな。いざという時には・・・食べよう。どんな味なのかなあ。

シクラメンのかほり

ふわっと香ります。そばに近づかないとわからない。控えめで好きです。かつて大ヒットした「シクラメンのかほり」という歌がありました。あの歌を歌っていた布施明さん。響く声で好きでした。

偶然、町でお見かけしたことがあります。一度は原宿のキディランドで。一度は、劇場で。たまたまわたしの前の席に座っていらして、驚きました。かっこよかったですよ~。

確か天王洲の銀河劇場でした。演目は忘れてしまいました。実は布施さんが前に座っていることが気になってしまって、観劇に集中できなかったんだと思います。

シクラメンの温度計

今回、こんな物が付いていました。シクラメンの適温を知らせてくれるのだそう。うれしいです。暑いのか、寒いのか、わかってあげられます。今は適温。よかった。

シクラメンはけっこう温度管理が難しくて、枯らしてしまうことがありますから。今年は春まで元気でいてくれたら、うれしいなあ。

年が明けて少しすると、庭に埋めた球根たちがボチボチ顔を出してきます。それまでは色の少ない庭の変わりに、部屋の中で華やかに咲いていてくださいね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。