蜜蝋クリームで洋服タンスと木製のフクロウを磨く。爪とかかとも、磨けば光る!

昨日は、時間に余裕があったので、いろんなものを磨いてみました。

 

木製品のメンテナンス

久しぶりに、タンスにも栄養を、です。

栄養はこれ。蜜蝋(みつろう)のクリームです。

タンスも、長い間、共に暮らしているので、傷だらけ。

磨くと、傷が目立たなくなるので、時々メンテナンスしてます。

蜜蝋には独特のにおいがあるので、好き嫌いはあるかもしれません。

10年くらい前までは、この大きな洋服タンス、ひとりで動かせたんだけどなあ。ズリズリとあっち引っ張り、こっち引っ張りして。

隣の部屋から移動させたのも、わたし。

部屋の模様替えが大好きで、思い立つと夜中にでも、移動していたものです。

もう、ここ5〜6年はこの配置のままです。さすがにもう動かせる気がしない。

自分の能力は自分が一番よく知っている。

 

福よこい!

ん?

ふと、目に入った、君。いつも、無言でたたずんでいるだけの君。

おお、君も木でできているんだったね。

君にも栄養補給だ。

寝室の守り神、フクロウくんも磨いてみることにしました。たぶん初めての栄養補給。

頭部がツヤを失って、ホコリのせいか、白くなっていました。

目も白んでいたので、黒マジックで塗ってあげました。

目力アップ!

まつげも描きたくなったけれど、とりあえずやめときました(笑)

どうだ!

こいこい、福!

哀愁のある後姿も、ピッカピカ。でもこのうしろ姿は、クマとかうさぎに見えなくもない。

 

父の思い

ところで、この方、いつから、ここにいるのか。

一生懸命思い出そうとしたけれど、思い出せない。

かなり長いこと、ここにいることは、間違いないです。たぶん、何十年か、過ぎています。

これは父のお土産でした。

どこで買ってきたのかなあ。確かめたいけれど、もう父はこの世にはいません。

父が望んでいた娘の福って、なんだったんだろう。

再びの結婚か?(笑)

父がうれしそうに、土産物屋さんで、これを選んでいる光景が浮かんできます。

もう会いたくても、会えないんだなあ。

父さん、どう?

磨いたら、きれいになったでしょ。

これを父さんだと思うことに、決めた。

たぶん、きっと、永遠に、娘です。

 

つめを磨く

さて、毎度おなじみの、つめ磨きです。

くすんできたので、磨くことにしました。

つめ磨きのキットは近所のドラックストアで買っているのですが、最近、とても不思議なことに気づきました。

買おうとすると、なぜか、必ず残りの1個なのです。

もしかして、買っているのはわたしだけ?

わたしに買われるのを待ってる?

1ヶ月に1個は売れるので、切らさないようにはなってるのかも。

つめ磨きといえば、こんなこともありました。

 

ピカピカつめに、なりたい!

夏の終わりに、さんまを食べに、みちのく支店に行ったときのことです。

小学3年生のともたんの視線が、わたしの指先に、刺さっている。

そして、わたしの指を自分の目のところにグイと寄せて、こう言った。

「なんでそんなに光ってるの?」byともたん

今まで、ばあちゃんの爪など、目には入っていなかったともたんも、そういうことにも興味が出てくるお年頃になったらしい。

磨いてるのだと言ったら、何で磨いているのかと、更なる追求。

めんどくさいので、やすりだと答えたら、どこかにささっと消えて行ったともたん。

そしてしばらくして、戻ってきて、怒ってる。

「光らないよ💢」

と、ともたんの爪を見たら、ギザギザ:(;゙゚’ω゚’):

どうやら、紙やすりで爪を削ってしまったようです。

違う、違う!:(;゙゚’ω゚’):

仕方ないので、ドラッグストアで、つめ磨きを買ってやりました。もちろん、ゆっちゃんの分も買いました。

ま、一度磨けば、満足でしょ。どうせ、続かないって(笑)

と、まあ、小学生女子からも注目されてしまうピカピカ爪でした。

爪を磨くだけで、手は「それなりに」きれいに見える!

2019年3月5日

 

かかとを磨く

告白しますと、わたしのチャームポイントは、足です。

足と言っても、その範囲は広い。

わたしのチャームポイントは、

かかと、足の裏、足の先。

足首より先の部位、限定。

足の長さ、細さなどではありません。

ここ、たぶん、わが身体の中で、一番白く、艶やかです( ̄^ ̄)ゞ

こんなにも自慢の部位なのに、あまり人目につかないので、残念ではあります。

お風呂に入って、確認するたびにうっとり(笑)

かつて、かかとがゴワゴワになったことがあって、削ったりしたこともありました。

でも、削るより保湿することのほうが、効果は大きかった。

以来、保湿作業には手を抜きません。あんなゴワゴワ足は、いやだから。

とにかく、せっせとクリームをすり込む。

いつも磨くつもりで、やってます。

ただ、すり込んでるんじゃない!念を込めているのです。

好きなクリームの香りだと、効果は倍(笑)

足先磨きを習慣にしてからというもの、夏場になって素足になるときにも慌てません。アカギレ切れて痛いということとも無縁です。

ただし磨いた後は、滑りやすくなっておりますので、靴下などで覆ってから動くようにしています。

磨くという行為は、その対象に対して、愛着を生むものです。

手の爪とかかとに、愛着あり。

タンスとフクロウに、愛着あり。

よし!

ほかに、何か、磨くものは、ないかしら(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。