爪を磨くだけで、手は「それなりに」きれいに見える!

わたしは「それなりに」と言う言葉が好きです。何か事を始めるときに頭をよぎる「それなりに」という言葉。意外と奥が深い言葉なんです。

 

それなりに○○する

「それなりに、掃除する」

「それなりに、きれいでいる」

「それなりに、社会と関わる」などなど。

「それなりに」と言う言葉は、わたしにとっては「自分を理解し受けて入れている」という意味を含んでいます。つまり「自分の身の程を知っている」ということでもあります。

例えば、もっと美しく生まれたかったとか、もっといい場所に住めたらとか、もっとモテたらとか。この世というものは欲を言えばキリがありません。

「それなりに」で十分すぎるほど十分なのです。

「それなりに」やれることはやる。完璧は目指さないけれど、諦めもしない。淡々と自分を大事にする。

こんなことをモットーとして、わたしは生活しているのです。

 

爪を磨く

具体例を1つ。

わたしの指は決して美しいとは言えません。ずっと劣等感をもってきました。

だって、ずんぐりな指に、丸っこい爪なんですもの。ついでに、幼い頃のピアノの弾き方に問題があったのか、指先が曲がっているのです。みんな小指方向になびいている(笑)

白魚のように白くて、指先に行くほどに細い指が羨ましい。指輪が似合う指が羨ましい。ずっとそう思ってきました。でも良かったこともあるんです。あまり指輪を欲しいと思わなかったことですね(笑)

そんなわたしでしたが、ある時、雷に打たれたように気づいたんです。

その時は、ある日突然やってきました。それは、45歳を過ぎた日のことでした。

当時行きつけにしていた美容院で、ネイリストさんが常駐するようになったのです。そこで、わたしはネイルを勧められたのです。

それまでわたしは、ネイルサロンなど敷居が高くて入ろうと思ったこともありませんでした。わたしの爪はサロンに行けるはずないと思ってました。

そして、美容師さんに勧められ、勇気を出してネイリストさんに指先を差し出したのです。

それはわたしとってはまさに革命的なできごとでした。

初めてプロの手で爪の形を整えて磨いてもらって、きれいな色のマニキュアを塗ってもらいました。

すると、どうでしょう!それなりにきれいな手に変身しちゃったのです。

帰りの電車でつり革に掴まっている自分の手にうっとりしている自分を発見したのです。そのお陰で所作までしとやかになってしまったのです。

わたしの手でも「それなりに」きれいな手に変身できることを知ったのです。

「それなりには」なるんだ!

自信のない指だからこそ、磨くことが必要だったんですね。

 

めんどくさいからこそ、磨くと差が出る!

以来、わたしは指先を大事にするようになりました。一時はネイルサロンに足繁く通っていた時期もありました。しかしジェルネイルで爪を痛めてから、サロンに行くことは減りました。

ジェルネイルはきれいだし、持ちもいいのですが、剥がす時に爪を削るので、薄くなってしまうのです。わたしには向いていませんでした。

そして還暦を機に爪に色をつけることはやめました。(また、何かのきっかけで色をつけるかもしれませんが)

今は自分で形を整えて磨いています。そして上から透明なマニキュアを塗っています。

すると老いていく手であっても「それなりに」きれいに見えるものなのです。それだけで清潔感が出るものなのです。

体の先端に気を配ると、自分が愛おしく思えるから不思議です。

確かに爪の手入れはめんどくさいんです。でもキラキラした爪は、何と言っても自分を楽しませてれる。自信を持って手を差し出せるんです。

最近、SONY PLAZAで新しいアイテムを見つけました。ガラスのヤスリです。爪の表面をこするだけというアイテムです。爪を平らにして光らせるというものです。

値段は1700円ほどですが、水で洗えば繰り返し使えるのがメリットです。

今までは使いすて500円の爪とぎを近所のドラッグストアで買っていました。これは優れもの!ピカピカになります。でも1回500円は、ちょっと高いなあと思っていました。

ガラスのヤスリだけでどれたげの効果があるのか、ちょっと楽しみです。

「それなりに」自分を大事にして「それなりに」きれいな自分を作ることは、なかなか楽しいものです。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。