遠方より古き友人がやってきた!2人の縁のきっかけは、わが夫!

酷暑の中、昨日は30年ぶりの友人夫婦が我が家を訪ねてくれました。

 

縁は異なもの

横浜に住むK夫婦。

東京を越え、埼玉の我が家までやってきました。

K夫婦との縁ができのたは、40年近くも前のこと。

夫より10ばかり年上のK氏。

同じ会社とはいえ、全く違う部署で、一緒に仕事をしたことなど、たぶん一度もありません。なのに、なぜか我が夫を好いてくださっていました。

わたしたちが秋田に転勤になって、二度目の春。

ひょんなことから、当時、夫が一緒に仕事をしていた若き秋田美人のTちゃんをK氏に紹介することに。

K氏がはるばる東京から我が家にやってきたときのお土産は「とらやの羊羹」。なぜか、それだけは、忘れない(笑)

紹介しただけと思っていたら、なんと、それからわずか1ヶ月後に電撃的に婚約。

そして、半年後には結婚ということになったのでした。

それから1年後、わたしたちは川崎に転居。

その社宅にK夫婦が住んでいたので、1年ほど家族がらみで仲良くさせていただきましたが、次の夏にはK氏が転勤。思えば、あのときだけの、一瞬のすれ違い。

その後は、それぞれの転勤やら転居やらで、簡単には会えなくなってしまいました。

そして夫の死。

葬儀に来てくださいましたが、その後K夫婦はアメリカへ転勤。そちらでの暮らしが長かったこともあり、完全に行き来が途絶え、こちらも住所表記も変わっていたり、固定電話も解約していたりで、簡単には連絡がつかない状態になっていました。

そんなK夫婦から突然に連絡をもらったのは、昨年の秋のこと。

今回、K氏は息子の名前で検索をして、息子を通じて連絡をくださったのでした。

息子の名前を忘れずにいてくださった方から、こんなふうに連絡をいただいたことが、何回かあります。

記憶に残りやすい名前をつけたのは夫。ちゃんと連絡別ルートを確保していったようです。抜かりのなさは、さすがだよ(笑)

 

一瞬で時を超える

灼熱の中で待っていたら、バスを降りてきたK夫婦。

「しばらくぶり〜!」

と、一瞬にして、30年の時を越えました。

昼ごはんを食べながら、それはそれは、話がはずみました。

我が家のご飯といえば、社食です(笑)

まるでトランポリンの上で跳ねてるように、ぽんぽん、ぽんぽんと、次から次へと尽きることのない話題。

3人とも、共通の知人がいたりします。

「あの人、まだ生きてる?」

この年齢になると、まずはその確認から(笑)

そして、話題は3人共通の趣味である、追っかけへと進みます。

K氏は、島津亜矢と石川さゆりさんの追っかけをしているし、Tちゃんは宝塚とミュージカル。そしてわたしは山下達郎とその他もろもろ。

ま、好きなことやってるってところが共通点(笑)

そしてK氏は70歳を越えてカンツォーネを習い始め、先日発表会を終えたばかりとのこと。

「帰れ、ソレントへ」をアカペラで歌ってくれました。

初めて聞くK氏の歌声は、風情があって、とても素敵でした。

夫がいたら、きっと大合唱になったはず。それだけはちょっと残念だったかな。

夫が亡くなって30年。

わたしの知らなかった(忘れていた)夫が、K夫婦の中には生きていました。

 

夫の存在

会って1ヶ月後には結婚を決めた2人。

わたしより4歳下のTちゃんに聞いてみました。

「いつ、結婚を意識したの?」

「2回目くらいには、この人と結婚するって神のお告げが降ってきた」

会いにきてくれたK氏を空港まで送るバスの中で降ってきたとのこと。

神のお告げ〜!?

それじゃ、夫は神のお手伝いをしたってこと?

結婚して35年を越えても、仲睦まじいK夫婦。あの頃のまんま!

2人は結ばれるべき運命だったのです。

その出会いに手を貸した夫。

わたしたちは、知らず知らずに、こんなふうに神さまのお手伝いをしているのかもしれません。

確かに、わたしと夫も、あの人がいなかったら、会えなかったかもしれないし、すべては奇跡的なこと。

人はどこかに、何かを残していくもの。血縁なんて狭い範囲のものではありません。もっと大きな範囲の中で残していきます。

2人がわたしたちを思い出したきっかけは、ひとり娘ののんちゃんの結婚だったそうです。

我が夫のおかげだと、言ってくださいました。

昨年の秋に花嫁衣装を着たのんちゃんは、この秋にはお母さんになるそうです。

どんどん、広がっていくなあ。

そんなふうに思いました。

自分の殻の中から、スルスルっと出て、溶けていく。

ここでの再会もまた、後々に意味を持ってくるのかもしれません。

どこで、どう繋がっていくのかは、神のみぞ知ること。

縁は広がりながら、そして細い糸ながらも繋がっていく。

今後の展開に、なんか、ちょっと、ワクワクします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • こんにちは、まめぴよです。
    暑くて、気持ちと体がなかなか地球の変化に追いつけない日々です。
    遠方からのお客さま、素敵なエピソードも、りっつんさんに綴られるとすうっと入ってきてわかりやすいし、ここちよいですね。
    未亡人になっても、こういうお付き合いがあるのが、ご主人さまの人となりがわかるところですね。私にも、亡き夫の友人だけど、夫なしで連絡とり、会える人たちが数人います。こういう人との繋がりって不思議です。一日しては成らずだし、そして血縁でもありません。何かがそうさせてくれるのでしょうね。
    話しもどりますが、奈良旅の様子拝読しながら私も行きたくなりました。あのお宿も泊まりたい。同伴してくれるお寺好きの友人だけは確保。あとは、私の休暇申請次第です。

    • まめぴよさん

      おはようございます。

      なにより、身体が、この暑さについていけません。
      わたしだけがツラいのではないと知ってはいるけれど、
      へこたれそうです(笑)

      夫の友人たちとも、それなりに連絡がとれています。
      ここ数年は、会えていませんが。
      これも、夫の残してくれたもの。
      縁とは、本当に不思議なものです。

      奈良、よかったです!
      友人が確保できれば、もう行くだけ!(笑)

  • まめぴよ へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。