【未亡人の伝言板】新人の若き未亡人さんたちへ。今、わたしが言えること。

非公開でというコメントをいただきました。ありがとう。

読みながら、25年前を思い出していました。わたしも同じだったなあ。

 

人としての仕事

結婚して子どもを授かるという人生を選択した場合、人として5つの仕事が与えられることになっています。

5つの仕事
  • 子を大きくすること
  • 子を自立させること
  • 子離れすること
  • パートナーを見送ること
  • 自分の始末を考えること

いま、わたしに残っている仕事は「自分の始末を考えること」のみです。

「子を大きくすること」は夫と半分くらいでこなしましたが、3つの仕事のほとんどは1人でこなしてきました。

この5つのうち、2つが同時に来ることもあります。これは難儀なことです。

「子離れすること」と「パートナーを見送ること」を同時にこなさなくてはいけない場合は、精神的な負担はかなりのものだろうと想像します。

それでも言えることは、これは子を持った人には同じように与えられた仕事の数だということです。みんな同じなのだということです。

どこかではやらなくてはいけない。

わたしやあなたのような、早め未亡人はこの仕事を1人でやらなくてはいけないけれど、他の人たちもこの仕事から逃れられたわけではないのです。

しかも、わたしたちが、人類初の早め未亡人ってわけでもないし(笑)

魔法の言葉。「人類で初めてじゃないだろう!」

2018年6月14日

だから、与えられた仕事を順序よく、愚直にこなしていけばいいだけなんですよ。

 

子どもを大きくすること

まず、いま、何より大事なことは、子どもが安心して暮らせる環境を整えることです。

子どもだって、特殊な環境下にあるのです。

わたしが息子たちによく言っていたことがあります。

「君たちの気持ちにはなれない。わたしは父親を失ったことがないから」

未だに、息子たちがどんな気持ちだったのか、わかりません。

でも、わたしも大事な人を失った。だから寄り添って生きることはできるのです。

とにかく、子どもが安心して眠ることができて、心穏やかに、おいしいものが食べられる環境を作ることです。

そして、ほかとの人間関係をどう結んだら、子どもがさらに安心できるのか。そう考えてみたらどうでしょう。

で、どこまで大きくすればいいのかって?

20歳までと思いますが、高校に入る頃にはもう大丈夫。そう考えるとそんなに長い時間でもないのです。

一番大事なのは小学生時代かもしれない。

あの6年を子どもと心を通わせ合いながら過ごすことができれば、親にとっても子にとっても、良い結果が待ってるように思います。

 

迷いは消えない

迷いが消えるなんてことは、ないです。ありえないです。無い!無い!

未亡人だからじゃなくて、実はみんな悩んでいるはずなんです。

悩んでいないという人は・・・あまり考えていない人か、すでに悟った人?

40歳前後のころ、わたしは幾夜も眠れぬほど、いろいろと悩み続けていました。

でも、できることなんて、そんなになくて。わたしの体力と知力では、こんなもん。それでも気がつくと、子どもは毎日毎日大きくなっていました。

今となっては、これでよかったのだと思うだけです。「終わりよければ、すべてよし」的な感じ。

子どもファーストで生きた10年に後悔はありません。

いまだって、そこそこ悩みはあります。自分だけのことなので、深刻ではないですけれど。

祖父母や周りの人たちの力も借りればいいのです。頼るのではなく、借りるんですよ。

大いに利用しましょう。

1人親はどうしても手が足りないときがあります。だから、ちゃっかり借りるのです。子どものために。

ただし、価値観を押し付けてくるような人には、要注意。離れることをお勧めします。子どもが混乱しますから。

あっという間に、周りの力も借りなくても大丈夫になります。

そしたら少しずつ離れていく。それでいいのです(笑) もしかすると、離れたくない関係になってるかもしれないし。

基本的には、祖父母などはつながっていく命に、どこか満足しているはずですから。

とにかく、まずは子を大きくすることです。

1つ目の仕事をやり遂げることです。

これをやらずには、次には進めません。

子どもを大きくすることをシンプルに最優先に考える。

すると、おのずと別の答えも出てくるかもしれませんよ。

大丈夫!それだけで人生は終わりませんから。人生は短いようで、長かったりもします。

 

子を自立させる

子を大きくしていく過程で、頭に置いておくべきことがあります。

わたしは「子は神様からの預かりもの」と習いました。

わたしはキリスト教主義の学校を出ています。信者ではありませんが、いくつか心に染み込んでいることがあります。その中の1つです。

子どもは神さまからの大事な預かりもの。

自分の所有物ではないのです。子は独立した人格を持つ生き物なのです。

「子は宝」とか言いますが、「子は神様の宝」ってことで、「子はわたしの宝」ではないのです。

人生の扉は、その人が開けるべきもの

親にできるのは、あくまでも手助けをすること。間違っても先導したりしないことです。だって、子どもの人生なんて、背負えるものではないですよ。人生は1人に1つずつ。

そんなことを自分に何度も言い聞かせてきました。何かを選択する場面では、

「本当にこの子の自立の道につながるのか」ということを自問自答しながら、決断してきました。

自分のためでなく、子のためを考える。そういうクセをつけていけばいいのです。

どんな学校を選ぼうと、どんな仕事を選ぼうと、それがその子にとって良き選択でありますようにと祈る気持ちで過ごしてきました。

結果が、今の家族関係です。よい距離感だと思っています。

こんなことは、今だから言えるのですよ。道の途中では、とても言えたもんではありませんでしたけど(笑)

わたしがいま、あなたに言えるのは、こんなことです。

とにかく、子どもを大きくするために、最善の道を考え抜いてください!

考えれば、必ず答えは出ます。

あの世の愛する人に問いかけてみるのも、試してみてください。

きっと、ちゃんと答えてくれますよ。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。