人を納得させるものは言葉ではなくて、生きざまなんだなあとしみじみ思う。

わたしは言葉というものの力を信じてはいるけれど、どこかで信じていない。

言葉ではなくて、どう生きているのか、その姿だけが、人の心に響くものなのかもしれないと思っているからだ。

 

銀杯はスプーンに

先日、長男のところに義母から電話がかかってきたそうだ。

「銀杯が出てきたから、あなたにあげたい」by 鎌倉山姥

「おら、人がもらったご褒美などいらん」by 孫息子

「銀杯なのよ!銀よ」

「じゃ、溶かしてスプーンにして、売るわ」

「アハハ!楽しいわねえ」

と、まあ、こんな内容だったそうだ。

30年前に亡くなった義父は大学教授だったので、何かのご褒美でもらったのだろう。

息子も遠慮がないので、好きなことを言うわけだが、それに対して義母もちゃんと受け止めているようで安堵する。わたしが言ったら間違いなく問題発言となるが、孫が言うぶんには、笑い話になるらしい(笑)

実は、最近、義母と息子の間にホットラインができた。きっかけは息子が「なんか気になる」と義母に自分から電話をかけたこと。急に気になったらしい。ある朝、ふと「生きてるよね」と心配になったらしい。もしかすると夫からのあの世からの伝言を受け取ったのかもしれない。

「いつでも電話していいよ」by 孫息子

以来、義母は息子に時々電話をかけているらしい。そして息子もあてもない老婆の語りに付き合っているらしい。そういえば、最近、わたしには、あまりかかってこない(笑) 孫との電話で満足しているのだろうか。

義母にとって気軽に電話をできるところが二か所になった。わたしはなんだか、本当にうれしかった。

86歳の足が不自由で、目もあまり見えていない老婆の一人暮らし。電話だけがわたしたちをつないでいる。ちなみに義母の電話はダイヤル式の黒電話だ。

 

鎌倉の山姥

義母は85歳。とにもかくにも激しい性格ゆえ、誰とも折り合えず、現在は鎌倉の山の上で一人で暮らしている。

どれだけ激しい人なのかは、接した人でないとわからないが、接すればすぐ分かる(笑)

現在、我が家以外と行き来がないことで推測してもらうしかないが、我が家との行き来と言っても、電話でつながってるレベルだ。

親とも、兄弟姉妹とも、実の娘とも、実の息子とも、折り合えず。もちろん他人だった嫁のわたしとなんて折り合えるわけもなかった。役所とも、病院とも、いわんやご近所など、折り合えるわけもない。友だちと呼べるひとが人がいたのかどうかも、よく分からない。

そんな義母が終の棲家として選んだのは、鎌倉の山の上。70歳の時に、同居していた娘一家とトラブルの果てに、独居を決意。都内から鎌倉に居を移した。

「海が見える所に住みたかった」というのが、その理由だった。

建築業者ともめ、役所ともめ、何とか家は建った。現在は役所や近所と、小さなもめ事を起こしているようだが、足が不自由になり出歩けなくなったので、激しくもめることはできなくなっているので、わたしは安心している。

義母は人が嫌いなわけじゃないのだ。ただ自分の主張が強すぎて、自分の意見に反する者を排除していくうちに、一人になってしまっただけだ。

なにしろ、自分ほど正しい人はいないのだ。┐(´~`)┌

だけど、その信念も貫けば、たいしたものになる。ひとつの道ができる。

 

あっぱれな山姥

ある意味、義母は納得して一人を貫いているので、そこには潔さがある。

口先だけではなく、本当に実践している。

「人の世話にはなりたくない」とヘルパーさんも入れない。家の中を這って移動しながら、自分の暮らしを立てている。もちろんわたしに「何かやってくれ」ということもない。

生協とゴミ出しだけを頼んでいるだけで、家の中だけでたった一人で過ごし続けている。

いよいよ動けなくなったら、対策を考えようと思うけど、今わたしから積極的に何かをする予定はない。それは義母の信念のある暮らしを壊すことになるからだ。こうなったら、最後まで勝手気ままを通し続けてほしい。

「病院なんてもってのほか。殺される」と、絶対に病院にも行かない。診察券は歯医者の1枚のみ。具合が悪いときには寝てるだけだと言ってる。その対策は、猫とほぼ同じ。

まったく医療を信じていないのは、早くに息子を失ったせいかもしれない。義母はいまだに「息子はがんではなかった」と言い続けている。

「わたしなんぞの年寄りに医療費を使うのは税金の無駄」とも言い放つ。

言うのは簡単だけど、本当に実践するとなると、かなり難しいことだと、60歳を過ぎたわたしは思うようになっている。わたしなんかは無理かもしれない。いざとなったら「助けて~!」と叫ぶに違いない。

義母の姿勢は「暮らせればいい」というだけ。わたしの目から見ても、とても健康体とはいいがたい。

そんな義母の姿勢には、生きることの原点を感じる。ここまでくると、あっぱれとしか言いようかない。

医療を信じないことが素晴らしいと言ってるのではない。自分の信念を通すことが、すごいということだ。人に迷惑をかけずに通せばいい。

 

つながる

信念を通し続ければ、理解する人も出てくる。

わたしが義母の生き方に感動する日がこようとは、夢にも思っていなかった。そして、それが孫にも伝わろうとは。

義母が孤独を感じているかどうか、わたしは義母から聞いたことはないけれど、息子にぽつんとこう言ったらしい。

「つながってるのねえ」

義母は孫が自分の息子にそっくりだと、言っているらしい。確かにそっくりではある。姿形、声、そしてボス的性格。わたしには孫が自分の息子に似ているなどとは、決して言わないけれど(笑)

でも、わたしはこの一言を聞いて、胸が熱くなった。

義母の生き方は言葉ではなく、その生きざまで、わたしたちに何かを伝えているのだと思うようになった。

わたしも還暦を過ぎ、ふと老いの不安が付きまとい、気弱になる日もでてきた。そんな時、義母の生き方が「一人でも生きられるよ」と、わたしを励ましてくれる。

あの人がいて、あの人がいて、あの人がいて、わたしがいて、あの人が生まれてきて、あの人が生まれてきて、あの人が生まれてくる。秋に思う、そんなつながり。義母と出会えてよかったと、心の底から思っている。


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん、初めまして。
    未亡人つながりです。りっつんさんと
    共通点が多くて、ブログを楽しみに拝見しています。
    私も37歳で夫を亡くしました。12歳と10歳の男の子二人は、社会人になり、長男は3年前に結婚し、6月に初孫誕生の予定です。54歳未婚です。(^^)笑

    • 薫さん

      初めまして!コメントありがとうございます!
      37歳で未亡人、男の子2人とは、実に同じような境遇ですね。
      ああ、同じような人がいるんだと思うと、なんかちょっと胸が熱くなります。
      じわっ〜としました。
      新しい元号でのお孫さん誕生になりますね。
      お嫁さんのお腹は、もうだいぶ大きくなったかな。
      きっといろんなことを運んできてくれますよ。
      若いばあばとして活躍してくださいね!
      人生、これからです!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。