お稽古ごとの引き際。始めるのは簡単だけど、やめるのは勇気がいる。

お稽古事って始めるのは簡単ですが、やめる時にはなかなか決心がつかないものですよね。わたしにも経験があります。

 

ゆっちゃんとピアノ

ゆっちゃんは5歳の時からピアノを習っています。習い始めて3年が経ちます。

ピアノの先生の家は以前住んでいた家の近くなので、今の家からは少し遠く、歩いていくことはできません。仕方なくママが付き添ってました。ママが付き添うということは、ともたんも連れられることになります。

ゆっちゃんのピアノのレッスンのために、ママとともたんの時間が犠牲になる。それでもゆっちゃんが熱心ならいいのですが、わりとそうでもない。練習は好きではないようで・・・。

でもゆっちゃんがあまり練習をせずとも、レッスン時にはなんとなくやり過ごせる。先生が優しすぎるのではないかと父親は思ったそうです。

と、いうことで、実は、関西支店では春くらいから「もうやめたほうがいいのではないか」という話が出ていたようです。

そしてついに昨日、熟慮の結果「やめさせる」ことを決意したそうです。

 

父親の事情聴取

ゆっちゃんは「やめたくない」と言ったそうです。そりゃそうですよね。やめたら何か失くすような気がしてしまいます。現状維持が一番安心。

父親はゆっちゃんに、なぜピアノを続けたいのか問うたそうです。

なんでやりたいの?

1 ピアノが好き

2 ピアノの習い事が好き

3 習い事が好き

4 先生と話したい

5 1~4の組み合わせ

ゆっちゃんの答えは、なんと4番。

父親はまさかの答えに仰天!

「先生と話をするために、年間10万円だと!」

「まるで、キャ●クラやないか!」

10万円あったら、ミュージカルが何度か観に行けるね。わたしはそうしてました。習い事の代わりにミュージカル鑑賞。年間予算は6万円くらい。(1万円×3人×2回)

 

息子たちとバイオリン

わたしは息子たちにバイオリンを習わせたことがあります。始めた理由は至極簡単。そこにバイオリンがあったから(笑)

わたしの夫が3歳からバイオリンを習っていたので、16分の1サイズ、8分の1サイズと、子ども用のバイオリンがあったのです。

バイオリンは身体の大きさに合わせて楽器のサイズを変えていくので、楽器にお金がかかります。が、バイオリンがそこにあったので、簡単に初めてしまったのです。長男は4歳、次男が2歳半でした。

始めてすぐに、わたしは大後悔ゾーンに入りました。何しろ、わたしの手助けなしには練習が始められない。ピアノのようにふたを開けるだけでは、バイオリンというものは音は出ない。弦の音合わせから弓に松脂を塗って、そしてピアノに合わせて・・・。

こんなこと、やってらんないわ。┐(´~`)┌

子どもに本を読んでやるのもめんどくさいのにバイオリンのおけいこだと~。なんであの時、わたしが血迷ったのか、ひとつだけ思い当たることがあります。

わたしはバイオリンが弾ける男性が好きだった。ただそれだけ。さだまさし、都倉俊一・・・その他2名。

今思えば、アホ!。息子を好みの男性にして、どうするんだい・・・。┐(´~`)┌

 

修行は2年

さて、始めてしまうと、後悔はしつつも、ななかなかやめられない。悪夢のような修行は2年ほど続きました。

次男にとっては弓は剣。弓を握るたび「エイ!ヤーーーーー!」と振りかざしては、先生をハラハラさせていました。

わたしは子どものお稽古ごとには、熱心にはなれない性質だと、はっきりと悟りました。懲りました。

わたしも息子たちにも限界が見えたころ、我が家は運よく引っ越し。まるでバイオリンをやめるために引っ越したみたいだけど、それは違います。バブルの波に乗せられて引っ越しただけです。もっとバカだけど。

バイオリンの先生は「お宅まで伺いますよ」と言ってくださいましたが、バイオリンから撤退することを、家族全員一致で決めました。

以来、わたしは息子たちに音楽を強制することをやめました。習い事にも手を出さないことにしました。

万が一、息子たちに何かしらの才能があるとすれば、それはほっといても出てくるはずだと信じることにしました。

才能というものは埋没してはいない。才能というものは抑えきれずに吹き出してくるもの。だから心配はない。

 

次男とピアノ

引っ越してから1年後。次男がピアノを習いたいと言ってきたので、習わせることにしました。

約束は2つ。

おやくそく

1 母は無関係者。家では教えない。自分でどうぞ。

2 休む時には自分で連絡すること。ただし月始めの月謝を持って行く時だけは休んではいけない

先生にもその旨を話して了解していだたきました。次男は6年生までピアノを弾いていましたが、今は弾いてはいないですね、たぶん。

長男はずっとお稽古事とは無縁できましたが、大学生になってから声楽のレッスンに通っていました。東京芸大の先生についてレッスンを受け、歌える科学者になりました。

そうそう。バイオリンの先生とは帝劇で再会したことがあります。オケピの中で演奏していらっしゃいました。

 

わたしとピアノ

わたしは小学1年生の時からピアノを習い始めました。

気がついたら、音譜が読めるようになっていましたので、譜面が読めないということがよく分かりません。英語が話せる人はきっとこういう感覚なんじゃないかなと思います。そして、60歳を超えた今でも時々ピアノを弾いています。

妹も同じように習っていて、妹は小学校の学芸会ではピアノ伴奏に選ばれたこともあるほど上手でした。わたしはピアノでスポットライトが当たったことはなかったので、ものすごくうらやましかったのを覚えています。

しかし、今、妹はまったくピアノが弾けないと言います。もう音譜も読めないと。

この違いはどこからくるのでしょう。

好きだから。

これに尽きると思います。これだけなんです。

わたしはピアノを中学2年まで先生の所に通い、やめてからもずっと弾き続けてきました。好きな曲の楽譜を買ってきては練習し続けてきました。一方、妹はピアノを弾いていたのは習っていた時だけ。家にピアノがあっても弾くことはなかったんです。

 

好きなことしか続かない

好きなことしか続かない。

これがわたしが60年生きてきて、思うことです。

好きでもないことに時間を使うより、好きなことに精力を注げばいいんです。ピアノが弾けても、弾けないよりはちょっと楽しいだけで、それほどの特典もありません。

ゆっちゃんがどうしてもピアノをやりたくなったら、またやればいい。YouTubeを見ながら練習したっていい。現在ではやる気になれば方法はいくらでもあります。

好きなことがどんどん変わっていく時、「飽きっぽい」って言われることがあるけど、わたしはそれでいいと思っています。どんどんいろんなことにチャレンジすればいいと思います。

そういえば・・・・・思い出した。ピカッ!

10年前にガラスフルートを習ったことがあります。が、1年で挫折しました。正確にはピッコロです。フルートより音域が高いです。この時にもやめる時には心が疲れたんだった。(´・ω・`)

もともとわたしは「習う」ということが得意ではないようです。どうにも苦手。集団レッスンなんて、わたし的にはありえない。でも個別レッスンもダメでした。人のペースで練習できないんです(笑)

ま、こんな婆ですので、習い事に対しては根気も根性も、説得力もないことは、間違いないです。

しかし、思いがけずのネタでしたのに、3500文字(原稿用紙8枚半分)も書いてしまいました。久々の3000文字越えです。わたしは文章を書くことが好きなんです。だからブログもこうして続いているんです。この記事は666本目です。すごいわ~。

ゆっちゃんもブログが続いています。描写が大変に上手で、わたしは毎日笑いながら読んでいます。誰から言われるわけでなく続けられることは「好き」な可能性が高いと思います。

父親との話し合いで、ゆっちゃんは「言われてみたら、ピアノはそんなに好きじゃないかも」と気づいたそうです。

でも婆の勘では、ゆっちゃんは、たぶん、音楽とは縁を切らないと思います。リズム感がとてもいいので、きっと何かやるような気がします。その時は1人で通える場所を探すといいよ。

ゆっちゃん、大好きなことにめぐり会えたら、いいね!ヽ(^。^)ノ


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 某アジア出身の方ですが一度もヴァイオリン演奏を習ったことなく、独習して、
    音楽理論を3か月習った後、国営放送のオーケストラに試験を受けて
    入団した人がいました。
    物凄く耳が良く、兎に角ヴァイオリンが好きで、現在は製作者になっています。
    好きこそものの上手慣れですね。
    栴檀は双葉より芳しかな。

    • チェルさん。
      おはようございます。
      息子たちもヴァイオリンのおかげなのか、耳だけはいいです。
      絶対音感を持ってないとヴァイオリンは弾けないですものね。
      それにしても独習でオーケストラとはすごいですね。
      好きでなくては、何事も続けられません・・・ねヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。