過炭酸ナトリウムで、台所のくすみをはがす!

「過炭酸ナトリウム」というものをご存知でしょうか。

「過炭酸ナトリウム」、すごいです!

汚れを丁寧にきれいにはがしてくれるので、昨年から愛用しています。台所をよく見ると、なんかくすんでいるので、くすみはがしをしました。

 

過炭酸ナトリウムとは?

過炭酸ナトリウムは炭酸ナトリウムと過酸化水素の混合物で、他の物質を酸化される性質を持っています。

食器洗い乾燥機用洗剤、除菌剤、パイプクリーナー、漂白剤、洗濯槽クリーナー等、家庭で使われている洗剤の主成分として配合されています。

使った後は酸素、水、炭酸ソーダに分解されるので、有害な成分は発生せず、また、殺菌効果もなくなってしまいます。しかし逆に言えば、殺菌しないということは、毒性がないということで、環境にも優しいものと言えそうです。

こんなことに使えます。

わたしはクマ容器に入れて、重曹とともに小分けにして使っています。

よっ、クマ仕事人!

 

台所で活躍

ステンレス製の箸立てとか、プラスチック製の計量カップなどがくすんでいるので、まとめてきれいにします。

適量の過酸化ナトリウムを入れてお湯を注いで放置すること1時間。

箸立てには黒いカビのようなものがこびりついて、こすってもなかなかきれいにならなかったのですが、こんなにきれいになりました!

ピカピカです!

ステンレスのカップのくすみもきれいに落ちています。

こちらは、捨てようかと思うほど、くすんでいた歯磨き用のプラコップですが、よみがえりました。

くすみと汚れの正体がこちら。

こんなふうに剥がれてくるんですね。ついでに、この桶もきれいになりました。

続いて過炭酸ナトリウムの水を作り変えて、へらなどを入れます。プラコップは追加で念入りにくすみを落とす!

しばらくすると、こんなにきれいになっていました。

5歳くらい若返りましたかしら。美白効果、アリですね。

まったくの無臭なので、とても使い勝手がいいです。

40度から50度のお湯を使って分解を進めるというのが、最大のポイントのようです。

余談ですが、人間の肌のくすみはなかなか取れるものではありません。限度があります。美白効果もほぼ期待できなくなった今、わたしに残された道は、上塗りです。

先日、道であった人から、

「肌がきめ細かくなった?」と言われました。

間違いなく、ブラシ効果です。

思いのほか、効果があることが判明しております。

過炭酸ナトリウムとファンデーションブラシ。

ファンデーションはブラシで塗る。この方法は画期的で効果的!

2019年12月15日

はがすものと、ぬるもの。

用途が真逆ではございますが、婆おすすめの2品です。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • はなです!

    過炭酸ナトリウムですね!メモメモメモ!

    で!過炭酸ナトリウムで、ググったら、「炭酸ナトリウム過酸化水素化物…」化物をばけものと言ったので、ぎょっ!(笑)ばけものなのか~と
    恐ろしや~さすがにすごい力なんだと思いました。
    洗濯機の水槽洗浄も見てしまったので…こりゃすごいなあ~

    フェイスブラシははなには関係なさそうなので、決して美肌色白ではないよ…お化粧ができません(笑)したことないからね。結婚式の時一回こっきりで、いつもスッピンで暮らしております。白く塗ると若くなるかな~今更、塗れないよね~(笑)

    • はなさん

      おはようございます。
      バケモノ!笑いました〜。
      ナトリウムさんはなかなかいい仕事をしてくれます。
      汚れを確認すると、やった〜きぶんになれて、うれしいです。
      すっぴんに慣れているなら、すっぴんが一番!
      無理をせず、それなりにを目指せばいいので〜すヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。