【一人ごはん】マーマレードのサツマイモ煮・玄米麩の煮物・中華クラゲともやしの和え物・オクラ入り卵焼き。

ひとり暮らしの難点は数々あれど、この問題は結構深刻です。「食べきれるか問題」です。

先日はスーパーで、ピーナツバターが食べたくて、じーっとピーナツバターを見つめながら、悩んでました。買う時に、どうやって全部を食べきるか、食べきれるか、じーっと考え込む還暦女。何しろ真剣だからね。

ピーナツバターはあまりに見つめられて、ちょっと照れていました。「お隣さんに半分おすそ分けして無理やり食べてもらおう」という解決案を思いつき、無事購入。おいしかった~。一度食べれば満足するんです。

 

サツマイモの夏みかんのマーマレード煮

さて、今回の思案の元はいただいたマーマレード。

知人が作った夏みかんのマーマレード。苦味のある甘さがとてもおいしいのですが。スプーンはカレー用のスプーンです。この瓶、大きいんです。とてもわたしがパンに塗って食べきれる量ではありません。

何とかしたい。何とかしなくちゃ。そうだ!ひらめいた。ぴかっとちゅーちゅー。サツマイモをレモンで煮るではないか。

サツマイモを夏みかんで煮ればいいんだ。

サツマイモ1本を固めにゆでて、少し水気を切って、マーマレードをカレー用のスプーンで3杯ほど入れました。ほかに味付けなし。それだけ。

クチナシを入れたので、色は鮮やかにでたようです。

少し苦味のあるさっぱりとした甘さのサツマイモ煮が完成。おいしいです。ほんの少し醤油を入れたらいいかもと、食べながら気づきました。次回はやってみます。

軽くつぶしてから、マーマレードを混ぜてもおいしいかもしれませんね。よし、やってみよう!マーマレードの処分にお困りの方、ぜひお試しください。

スペアリブをマーマレードに漬けてから焼いてもおいしいです。最近は全く焼いてませんが、息子たちが子どもの頃はよく焼いてました。

 

れんこんと玄米麩の煮物

野菜が端境期で、食べたい野菜が見つからない。それでも秋の気配をふと感じると食べたくなるのが「煮物」

玄米麩・れんこん・にんじん・こんにゃく・インゲンなど、手元にある材料で、ささっと煮ました。

わたしは煮物をする時には、それぞれの野菜を下茹でしてから、沸かしただし汁の中に入れていきます。ちょっと手間ですが、おいしく出来上がるように思います。

 

中華くらげともやしの和え物

中華クラゲと茹でたもやしと人参を、ポン酢でただ混ぜただけですね(笑)

酸っぱさがまろやかで、ポン酢はもっぱらこれです。

本来ならキュウリを入れたいところですが、そろそろ体を冷やす野菜を控えようかなと思い、人参ともやしだけにしてあります。サラダ感覚で。

 

オクラ入りの卵焼きと西京漬けの豚ロース

刻んだオクラを入れて卵焼きを焼きました。卵焼き全体が粘りが出て、おいしいですよ。白ダシの中に砂糖が少しだけ入っています。

奥にラップくるんであるのが豚ロース。生協の商品でよく食べる食材の一つです。2枚入っているので、2枚一緒に焼いてしまいます。

空芯菜とインゲンを豚ロースを漬けてあった西京味噌の残りで炒めました。

 

リッツん食堂 昼定食

先日「どさんこプラザ」で買ったふりかけ。薄味でおいしいです。インスタントふりかけっぽくないです。おススメです。

なめこ汁を作りました。三つ葉はたっぷり。

自分で作って言うのも何なんですが・・・・

おいしいんだわ~(*^。^*)  天才だわ~。自前絶賛中!

わたしは自分で作ったごはんが一番好きかもしれません。だって、100パーセントわたし好みの味になっているんですから、当たり前ですよね。

超有名なFPさんの本によると、

「自分で美味しい料理を作れる人は、生活の満足度が高くて、お金には執着しない」と。

ファイナンシャルプランナーさんは、いろんな人を見て、そう思ったのでしょうか。

自分で自分の生活を楽しめるなら、お金はそんなにいらないですものね。

生活を楽しむ要素としては食事はとても重要なのかもしれません。

わたしは結果としてこんな暮らしになっているだけで、お金に執着しない人生を目指そうと思ったわけではありません。あしからずんずん。

それどころか、わたしはガッチリとお金に執着してますよ~。ばくち株なんて打ってるくらいですから(笑)

 

何億だって受け取れる覚悟と通帳は持っているのだ!

 

いつでも、来い!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。