【一人ごはん】たけのこごはん。つくねとたけのこの照り焼き。はとむぎ入りのポテトサラダ。

たけのこの時期ですね。

我が家にもたけのこがやってきました。うれしい!!

 

たけのことつくねの照り焼き

こういう料理は名前をつけるのが難しい(笑)

「たけのこを、ただ切って焼いて、鶏ひき肉をつくねにして、甘辛く味付けたしたもの」です。

つくねの味付けはしょうがと塩と酒。

甘辛味付けは、砂糖と醤油と酒だけ。これでもたけのこ料理といえるのか?

照り照りにしたので、美味しそうに見えます。

 

たけのこご飯

たけのこといえば、たけのこご飯!

これを食べるといよいよ春も終わりという感じがします。季節は新緑の初夏に向かって一直線!

ほんと、おいしい!いくらでも食べられるわんわん。味付けはだし汁のみで、ほんのり味です。

そういえば、こんな話を聞きました。

【たけのこ@こぼれ話】

ともたんが幼稚園イベントでたけのこ掘りに出かけ、意気揚々と帰ってきたそうです。その夜はたけのこづくしの晩御飯。嫁はちゃんとたけのこをヌカを手に入れてきて茹でます。ちなみにわたしは茹でません。茹でたたけのこをいただくようにしています(笑)

で、食後、突然、ともたんが号泣したのだそうです。

「期待していた味でなかった!」ということらしいです。

どんな味を期待していたんだ?

去年も食べているはずだけど、ともたんは子どもだから記憶になかったのでしょうね。

食いしん坊のともたんは「たけのこの里」をイメージしていたらしいのです。

※画像はお借りしました。

ともたんはたけのこを掘りながら、大きなチョコレートが食べられると思っていたのでしょうか。甘い芋が食べられると思っていたのでしょうか。ともたんのワクワク感を思うと胸がつまります。

で、食べてみたら、予想していた味ではなかった→ともたん、号泣!

罪な「たけのこの里」です。今度、送ってやりましょう。と、あま〜い婆です。

 

ポテトサラダ@はとむぎポン

芽が出てきたジャガイモ発見!もう新じゃがの季節ですから、当然のことです。早く食べなくてはね。

茹でて潰して、定番のポテトサラダにしました。

にんじん・新玉ねぎ・きゅうり・ハム。そして、はとむぎを入れてみることに。

入れた直後はパリパリと存在感のあるはとむぎですが、一晩置いたら、存在感はゼロ。言われないと入ってることには気づかないと思います。

はとむぎのおかげなのか、最近、肌の調子がすこぶる良いです。10歳ぶんくらい肌が若返ったようです。

こうして、ますます美しくなっていく婆です。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

実は最近、料理を手抜きしていたら、身体が敏感に反応してしまいました。体重がPON!と増えました。(´・ω・`)

その仕組みはこちら。

品数が減る

栄養が足りない→栄養失調状態を引き起こす。

身体が不満足感と危機感を感じて、お菓子に手が出る。やたら食べる。

太る

なので、少し意識して台所へ向かうことにしました。品数を増やして、いろいろ食べることが肝心。

「めんどくさいなあ〜」と思いつつも、ボチボチ作っています。おかげで、体重はPON!と戻りました。

自分で作ったものが一番美味しいのは、たぶん最後まで変わらないだろうと思います。だから、きっとできるかぎりは作り続けると思います。

キャッチ画像はお弁当。

ふきとたけのこの煮物はお隣さんからのおすそ分け品。ごはんの上に乗ってるのは、牛タンのしぐれ煮(仙台みやげ)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。