エアコンの掃除を決行!組み立ては、まるでパズルのよう。

冬場に活躍してくれたエアコン。

夏場にも活躍してもらわなくてはいけません。

メンテナンス、しなくちゃね。

フィルターとか、洗わなくちゃね。

でもね、でもね・・・

 

エアコンの掃除を開始

“半年ごとに掃除してね”と取説には書いてあるので、夏の初めと夏の終わりにやることにしています。

が、昨年の秋以来、見て見ぬふりをしていた。

いつ、やるか?

今でしょ!

かなり古くなったフレーズを使って、自分を奮い立たせる。

しかし、本当は、

やる気になれなかったわたしを立ち上がらせたのは、実はこんな理由。

“ネタがない”

ブログもこんなふうに役に立つことがある(笑)

そして、ここでもうひとつ、とんでもない事実が判明。

昨年の夏の終わりに掃除したとばかり思っていたエアコン。

なんと、掃除したのは、1年前だったということを、わがブログを振り返って知る。

取り出してみたら、こんなにたっぷりとほこりが!

とか、言いながら、

1年分のホコリって、こんなもんなのねと、楽観的見解。

外して、ざっとほこりを取る。

お風呂場で、丁寧に洗って、陰干しする。

部品を乾燥させている間に、本体も拭き清めよう。

“機械の1年、わたしの半年”

機械との時間の壁を感じる。

そして、自分を擁護しているような思いこみは、怖い。

 

お弁当食べて、ひと休み

なんだかんだと1時間ほど、エアコンと格闘。

さて、ひと息つこう。

ランチは、いつものように、お弁当。

最近はおにぎり弁当ばっかりです。

海苔に包まれたおにぎりが、お昼になると食べたくなる。マイブームといったところ。

前日に作った高野豆腐の煮物とか、セブンの惣菜とか、朝の残りのチーズオムレツとか。

セブンの惣菜、なかなかイケます。一度には食べきれず、2回から3回分、あります。

お弁当箱に詰めるだけなのに、なぜか、食べた感じがします。

自分で作る自分のためのお弁当。しあわせ感じます。

自分で作る自分のためのお弁当には意外な力がある!?

2019年7月12日

 

まるで、パズルのよう。

さて、部品が乾いたようなので、再び作業に入ります。

実はここからが本番です。

毎度のことながら、元に戻すということが、意外と難しい。まるでパズルのよう。パズル嫌いには、つらい作業。

これ、どこ?

これ、どうはめるの?

老眼鏡をかけて、取説をきちんと読んで、理解しているつもりでも、その度につまづく。

踏み台を何度も降りたり、登ったり。

道に迷って地図を眺めている子羊のような、かわいそうなりっつん。

これは間違いなく、嫌いな家事NO.1。

もし、エアコンの掃除を嫌がらずにやってくれるという人がいたら・・・愛が芽生えてしまうかも。

なんでもかんでも1人でやっていると、時々、そんなことも思ったりします(笑)

再起動させて、ちゃんと動いたので、オッケーです。

そうだ、リモコンの電池も入れ替えておこう。

今年の夏もよろしくねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

「めんどくさい婆さん」と言われて気づいた、わたしの本性。

2019年9月8日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさんこんにちは
    ブログのネタがないって堂々と書いているのを見て
    思わず笑ってしまいました(失礼)
    ブログの女神もネタがない時があるのですね
    しかも、絞り出したネタが誰もが嫌うクーラーの掃除
    またまた笑いを頂きました
    私も人の事を笑ってる場合じゃなくてクーラーの掃除をやらないといけないのですが腰が上がりません。
    パカッとと外してジャーっと水洗いで終わり、ならいいのに

    • のんこのんさん

      おはようございます♪

      ブログの女神とか言われちゃって、テレれます(笑)
      ないときはないんですよ、本当に。
      湧き出るように、あるときもあるんですけどね。
      でも、絞り出したおかげで、クーラー、ピッカピカです。( ̄^ ̄)ゞ

      のんこのんさんも、早よ、やって!(笑)
      パカっと外して、ジャーっと水洗いで終わるエアコンができたら、売れるかも!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。