劣化した湯たんぽに、さようなら。日立製の電気ひざかけへとチェンジ。

12月も半ば。埼玉の田舎の一戸建てに住むりっつんです。寒さが身に染みる時節となってまいりました。

埼玉は寒い。一戸建ては寒い。一人は寒い。

愛用の湯たんぽが劣化したので、買いなおそうとしたところ、製造中止とのこと。あららら。

こりゃ~大変だ!

 

寒さ対策は湯たんぽ

暖房手段は石油ファンヒー&石油ストーブ(お湯が沸かせるやつ)。

しかしどうしても足が冷えるんです。それで、わたしが20年愛用していたものがあります。ダンロップが出していたゴム製の湯たんぽ。

ゴムなので、体に当たっても痛くありません。膝に乗せたり、腰に当てたりと、愛用していました。医療現場でも使われていることも多かったようです。

25年前に初めて購入したのは介護医療品コーナーでした。購入価格は4000円~5000円くらいで、最近はネットで購入していました。

だだ一つの欠点はゴムが劣化するということ。劣化すると、ゴムはフニャフニャと頼りない感じになります。それが保温持続時間の短さに直結するのです

。耐久年数は5年くらいでしょうか。もちろん使い方によっては、もっと長く使えたり、もっと短くなってしまったりすると思いますが。

両親や息子らにもプレゼントしたところ、とても喜ばれました。我が家に遊びに来た友人たちも続々と購入していました(笑)  冬の優れものアイテムです。

6年ほど前に買った2つの湯たんぽの劣化を感じたので、今年は買いなおそうと思っていました。ところが、製造中止になっていたんです。

この湯たんぽは、ほかの湯たんぽとは全く別物。ほかの湯たんぽなんて、使いたくない!   ああああああ・・・新しい湯たんぽが欲しいよ~。

ダンロップさん、ぜひまた作ってください。

70度のお湯を入れて服を着せて使います

仕方ないので、別の方法を考えることに。

 

今年の寒さ対策

ホットカーペットかこたつか

ホットカーペットもこたつも、息子たちと暮らしていた時には使っていました。でも、一人暮らしになると、どちらもわたしの生活にフィットしないのです。

こたつは温かくて省エネだけど、埃が出るし場所を取る。ホットカーペットはすっきりしているけれど、電気代がけっこう高い。

しばし思案した結果、一畳サイズのホットカーペットはどうかと思い当たりました。

そしてネットで検索をしているうち、こんなものがあるの?というものに遭遇したのです。わたしは存在を知らなかったです。

 

 電気ひざかけ、発見!

一畳サイズのホットカーペットに紛れて、ひょっこりと出てきました。ひざかけ。

電気ひざかけ? 電気毛布より小さいサイズで、しかし電気毛布にはできない機能を備えているのです。電気毛布には、敷専用と掛け専用がありますが、この電子ひざかけは、敷いても、掛けても、肩に羽織っても使えるという物なのです。

これは、いいものに巡り合った。そこで、数ある商品の中から、選択することにしました。

 

 選ぶポイントは4つ

  1. 色・大きさ
  2. コードの長さ
  3. 消費電力
  4. 値段

この4つのポイントを吟味した結果、日立の製品HCH-100Mという製品に決定。値段は7000円ほど。

サイズは150×85。値段の安い物はサイズの小さい物ばかりでした。コードの件については、レビューで短いと使いづらいと書いている人か何人もいたので、注意しました。

消費電力は「強」で使っても1時間1.4円。1日10時間使っても14円。1か月420円。最後まで候補だったパナソニックのくるけっとはサイズが155×93。電気代は1時間2円。値段も1500円ほど高め。レビューを読んで吟味した結果、日立に決定しました。

 

本日、届きました

色はおとなしめ 質感はフワフワ

 

ひざかけの使い方

なかなか融通の利くものらしいです

 

 さっそく使ってみました

これ、すごいです!コードのゴツゴツ感もありませんし、使い勝手はなかなか良いです。大きさも十分。これなら昼寝もできる。うれしすぎる。

上から毛布をもう1枚

ここまでやればひとりこたつの完成ですね。

これさえあれば、デスクで仕事する時に足の冷えに泣くこともない。寒い夜にはベッドの中に入れておけば、きっと暖かい。今年の冬は、これで万全です。\(^o^)/

と、思ったら・・・やっぱりんご(-_-)

ちょっと目を離したら

猫用にもう1枚買わなくてはいけないのでしょうか。

補足

おとといまでわたしの辞書の中には 電気ひざかけは存在しなかった 。

ありがたいことですニャン


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。