パソコンが動きが重いので、データの処分に励む。

重いのよ。何しろ、重い。PCの動きが遅いと、本当にイライラします。

立ちあがりも遅いし、シャットダウンにも手間取ってる。こりゃ、何とかしなくては。パソコンのデータは減らせる。減らせば動きは少しは軽くなるはず・・・と思った。

 

写真データの断捨離

何度も言うけれど、こういう時だけは、ひとり暮らしを呪う。こういう苦手な作業をてきぱきと楽し気にやってくれる人が、そばにいたらなあ~。

「かわいいりっつん、ほら、これでどうだい?」

こんなことを言ってくれられたら、そりゃ、もう、惚れる!さらにWordPressに詳しかったりしたら、たぶん3倍惚れる。ブログをわたしの思うとおりにカスタマイズしてほしい。イメージはあるけど、何もできない。少しずつ学んではいるのだけれど、さすがにシステムを壊してしまいそうで怖くてできない。

システム部長、募集! 本気で募集! 

まあ、そんなこと、何度言っても、しかたない。しかたないので、コソコソとやり始める。

とりあえずシステムに直接関係のないあたりから始めよう。まずは、わたしにできるのは、写真データの削除だろう。

デスクトップの上にバラバラと置かれている写真たち。何しろ、毎日写真をパチパチやっているので、あっという間にたまる。半年分の写真データを一応USBに外部保存して、PC上から削除しよう。

まず5000枚をPC上から削除する。

さらに、過去の写真5000枚をPC上から移動保存して削除。

移動したのは過去の家族写真など。これも膨大な量だった。整理してUSB保存。┐(´д`)┌ヤレヤレ

過去など、ばっさりと捨ててしまえ!!

という声も聞こえるが、まあ、・・・USBにとりあえず保存しておこう。思い出に対しては思いきりが悪いタイプ。

USBはこんな瓶に保管。100円ショップで見つけたプラスチックのかわいい容器。

ああ、めんどくさかった。この作業だけでも3時間もかかってしまった。本当に疲れた。

しかし、効果はあったと思う。1万枚の写真を抱えているのと、抱えていないのとでは、さすがにサクサク度が違う。

 

ディスククリーンアップ

続いて、しばらく中身の掃除をやってなかったことに気づき、ドライブのクリーンアップを決行。

自ら整理して不要なファイルを削除して空き容量をアップさせてくれる。だが、小1時間も時間がかかってしまった。やはり不要なファイルが多く存在していたようだ。終わって再起動してみると、サクサク動く。やっぱりメンテナンスは大事だ。

たまにはパソコンともきちんと向き合おう。何しろ頭の一部をなしているのだもんね。

終わったら、なんか、すっきり!ここ最近では、一番の断捨離だ。

 

5年経過のPC

このPCも5年が経過。このPCの購入時には大トラブルがあった。

最初に買ったメーカーの製品(日本製)がわずか3日で初期不良で交換。交換した物は1週間で不良。しかし1週間経つと初期不良ではなくなるとのことで、交換ではなく修理するとのこと。ありえない。マジで怒った。デザイン重視で選んだのが失敗の元か?

そのメーカー名を公表したいけど、やめとく。たまたまわたしにだけ合わなかったのかもしれないからね。だけど、今後も買うことはないと思う。

そのメーカーと交渉してもラチが開かず、途方にくれたわたし。困り果てて購入した量販店に相談したところ、即、親切対応してくれた。その不良品をメーカーに返品してもらい、現在使っている富士通に換えた。

そんなこんなで5年。縁あってやってきたこのPCは、今まで大きなトラブルもなく使っている。相性は悪くないらしい。

ああ、だいぶサクサク動く。いいわ~。軽いのっていいわ。わたしも少しダイエットしようかしらん。ヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。