“暑さ寒さも彼岸まで”の言葉どおりに秋到来

おはようございます。

昨日の朝の空気とはまったく違う空気が流れています。

湿気でムシムシしていた空気は、台風の雲とともに、秋の空気に入れ替わったようです。

 

鶏手羽のトマト煮

午後になって、鶏手羽のトマト煮込みを作ることにしました。

煮込んでいく鍋でニンニと玉ねぎを炒めて、にんじんを追加して炒めて。鶏手羽は焦げ目がつくくらいに炒めて、ワインを入れて、鍋に移します。

夏の間に冷凍保存しておいた新鮮トマトをつぶしたもので煮込みます。

水は入れずに煮込み開始。

しめじと、冷凍だだちゃ豆を入れれば、おしまい。

味はトマトケチャップと塩とこしょうだけ。

トマトとだだちゃ豆のチカラで美味しく仕上がりました。

夏の名残りの味というところでしょうか。

夏、真っ盛り!今日は40度にどれだけ近づくのか。

2022年8月2日

【ひとりお盆】まるちゃんから、山形産のだだちゃ豆が届く

2022年8月15日

 

振り込み作業

義母の入院している病院から請求書と手紙が届きました。

病院では再びオミクロン株によるクラスターが発生しているもよう。

「当面、面会はできない」という主旨の手紙でした。

請求額を確認して、忘れないうちに2カ所へさっさと振り込む。

病院と衣料などのレンタル会社への振り込みです。

家に居ながらにして振り込み手続きができるのは、本当に便利だなあと今更ながらに思います。

衣料のレンタルは1日に2000円ほどかかりますが、頻繁に見舞うことのできない家族にとっては助かるなんてもんではありません。

このシステムがなかったら、どうなっていたことでしょう。

振り込み業務は半年前から増えた、わたしの仕事。お金のことなので少しは緊張するので、終わるとホッとします。

振り込み手続きをしながら、普段は忘れている義母をふと思う時間でもあります。

 

台風一過のあかね色

昨晩は涼しかったせいか、よく眠れました。

ここ数日、頭が痛かったり重かったりしたのだけど、それも台風の通過とともに抜けました。

どうにも気圧に左右されやすい体質です。

ニュースによると気圧の低下で容器のふたが膨らんだカップ麺が紹介されていました。

カップ麺だって、あんなことになるんだから、わたしの身体だって、膨らんだに違いない!

気圧は少なからず、人体にも影響を与えているのは、間違いないと思います。感じるタイプの人と感じないタイプの人がいるだけ。

感じないタイプのほうがよかったのに(´・ω・`)

夕方5時。

強い風もすっかり収まったなあと思っていたら、キッチンの窓から、明るい光が差し込んできました。

何かが、始まる!

スクープを逃すな!

すぐさまカメラを持って、橋の上までひと走り。

完全にカメラ小僧ならぬ、カメラ婆です(笑)

台風一過のわが町の空は、こんな色になっていました。

ああ、今年もいよいよ夏が過ぎていくんだなあ。

川面からの冷たい風を肌に感じながら、橋の上で夏を見送りました。ただぼーっと。

“暑さ寒さも彼岸まで”

まさに言葉どおりです。

彼岸に入ったというのなら、それでは、おはぎでも作ろうかな。

おっとっと。

その前に墓参りですね(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • 義母さまの振り込み作業お疲れ様です。
    ネット銀行は便利ですけど、お金に関わることは
    緊張しますよね。

    りっつんさんの以前の記事で、
    春夏秋冬の中で、
    「さよなら」とか終わりを思わせるのは夏だけと
    書いておられたのが印象的で、
    本当にそうだなと深く納得しました。
    夏の終わりはちょっと切ないですよね。

    • しろねこさん

      おはようございます。
      さよならと手をふってみたものの、
      急な涼しさに、やっぱり寂しさを感じます。

      去って寂しさを感じさせる季節も夏だけですよね。
      夏は、不思議な季節です。

  • りっつんさん こんにちは。
    台風過ぎ、賑やだったセミたちは一斉に退場しました。
    代わって秋の虫の音、随分高くなりましたね。
    そうそう今朝ほんと久しぶりに カワセミ見つけました。
    カワセミ五郎君、ようやく旅から戻ったみたいです。
    じっと水面を見つめる姿、やっぱり美しい!

    • ポットさん

      おはようございます。

      コメントを読んで、あっ!と思いました。
      セミの声、いつの間にか聞こえなくなってる。
      そっか、やっぱり夏は終わったんだなって。

      わたしは2週間ほど前に、カワセミ太郎が飛んでいたのを見ました。
      五郎くんも太郎くんも、どんな夏を過ごしたんでしょうね。
      本当にきれいな鳥です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。