ピアノの調律が終わる。このピアノとの付き合いは35年。

昨日、ピアノの調律をしてもらいました。1年ぶりの調律です。

 

調律後は音が違う

ピアノは弾く弾かないにかかわらず、徐々に音が狂ってきます。

毎日弾いている時には気がつかないのですが、調律をした後で弾くと、前日までの音が狂っていたことがよく分かります。

だから、ピアノでは絶対音感は育ちにくいと言ってる人もいます。毎日ずれた音を聞いてしまうためです。

絶対音感を育てるのには弦楽器のほうがいいのは間違いないと思います。

調律後は、和音がきちんとそろうので、絶対音感オンチのわたしでも気分がいいです。突然上達しているわけはないのに、うまくなったような錯覚を覚えます。

特に低音がきちんと出てくれると、満足度がアップしますね。

調律にかかる時間は1時間半ほど。調律師さんが、ピアノの中を開けて音のひずみを調整をしてくれます。

しかし!調律中のばあさん猫の慌てぶりはたいへんなものです(笑)

ばあさん猫が最も嫌いなイベントは、たぶん「ピアノの調律」だと思います。

知らない人は怖いし、知らない人がピアノをポンポンたたくものだから、家の中を逃げ回って、最終的には屋外逃亡です。

調律か終わって、ボロンボロンと久しぶりにピアノを鳴らしました。う~ん。いい感じ。

 

お義父さんが買ったピアノ

このピアノは夫の父親が夫のために買ったものです。

夫が大学に入って男声合唱団に入った時に、お義父さんが買ったものなのです。当時、夫はすでに20歳前。

夫はバイオリンを習ったことはあっても、ピアノは習ったことはなかったので、ほとんど弾けなかったのに、買ったんです。┐(´~`)┌

お義父さんは「歌うためには、音合わせが必要だろう」と買ってくれたのだそうです。

もちろん、夫が弾くことはなかったようです。夫以外にも誰にも弾かれなかったピアノ。

結婚する前に夫の家に行った時、お義父さんが「弾いてみてくれ」というので、弾いたのですが、たぶん、わたしが初めて「曲」を演奏したと思います。

お義父さんは「ピアノが無駄にならなくてよかった」って喜んでくれたことを思い出します。

だいたい、弾ける人がいないのにピアノを買うということが「?」ですよね(笑)

お父さんは息子が合唱団で歌を歌うということが、本当にうれしかったみたいです。なかなか有名な合唱団でしたので。

結婚後、、わたしたちの狭い家に送り届けられたこのピアノ。ほとんどわたしのためのピアノ。

あれから35年ほどが経ちました。やっぱりわたしだけがカタカタ弾いています。

お義父さん、ありがとう。

 

練習にはコンコーネ

わたしは指慣らしにはハノンとか練習曲は弾きません。練習曲は嫌いなんです(笑)大嫌いですね。

夫が使っていた声楽用の楽譜を指慣らし用に使っています。1曲が短くて、しかも曲としてきれいなので好きなんです。

一応、この楽譜は形見っていうんでしょうかね。

結婚してから、夫の歌によく伴奏をつけていました。当時はカラオケもまだ普及前だったので、ピアノ伴奏が一番手っ取り早かったんです。

クラッシックだけではなくて、さだまさしとか、ポピュラーソングとか。適当に伴奏つけてました。コードさえあれば、今でも何とかなります。コードは楽譜を読むより簡単なので便利です。

ピアノは楽しいです。唯一の趣味です。

なんででしょうね。楽器を操れるということがうれしいのでしょうね、きっと。

中学時代に覚えた曲は、頭でなくて指が覚えているらしくて、わりとスムーズに弾けます。しかし大人になって習得した曲はイマイチです。

まあ、年をとってもボチボチ何か弾ければ、もうそれで十分です。ヽ(^。^)ノ


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。