夏休みの宿題問題。キリギリスからはアリは生まれない。生物学的真理だ。

新学期が始って10日あまり。我が孫娘はうれし気に学校に通っているもよう。

息子は「あんなに楽しそうに学校に行く気持ちが分からん」と言っている。息子は学校があんまり得意じゃなかったらしい。

さて、先日書いた「夏休みの宿題」の話題。関西支店から電話がありました。

 

ゆっちゃんの宿題

孫のゆっちゃん。小学校に入って初めての夏休み。ちゃんと宿題はできたかなあと、ばあばは秘かに心配していました。

関西支店長の長男から電話があったので、聞いてみた。

ちゃんと宿題は提出したん?

関西支店長

最終日に10分ほどかけて描いた絵を持って行きおった

それは大作・・・・ええっ!そんな、そんな。みんな凝った工作とか持ってくるで。

関西支店長

そんなこと、知らんがな

手伝わなかったの?(と、一応聞いてみる)

関西支店長

知らん。こっちは忙しいんやで

わたしは、愛があったから手伝ってやったよ(と、言ってみる)

関西支店長

嫁は、こんなんでいいのかなって言ってけど、いいんじゃんって言った

ゆっちゃん・・・・

関西支店長

最初はハリネズミの研究とか言ってたけど、あきらめたようだ

ハリーちゃん・・・・

関西支店長

夜中に回し車を回す現場に遭遇して、それを書こうしたらしいが、それだけでは研究とは言えまい

研究者は厳しい。安易な発想は誰に似たのだろうか。

キリギリスの子はキリギリス。と、すると・・・キリギリスの親はキリギリス?

まあ、ともかくも、提出できたのなら、それでよかろうと、ばあばは思ふことにする。

 

悪夢の読書感想文

さて、夏休みと言えば読書感想文。

わたしが学生のころは必ず書かされていました。もちろん毎年、嫌だなあと思いながら書いてました。

しかし書くのも大変だけど、もっと大変な作業があることを思い知らされました。あれは誰かが読まなきゃいけないんです。

大昔、高校で国語を教えていた時、夏休みが終わって職員室の机の上にど~んと積み上げられる読書感想文

読むのもそんなに楽しいもんじゃない。何百人分もあるんだよ。あちゃちゃちゃ~。その中から、いい感想文とやらを発掘しなくてはならぬのです。

 

勝負は最初の3行

この3行がうまくかけていると、読み手は読み続ける気になります。そして全体の内容もそこそこまとまっていることが多い。

それができていない感想文は・・・さささ~っと読み流して、お・し・ま・い。ごめんちゃい。m(_ _)m

まずは読み手の目に留まらせるということが、必須なのです。

最初の3行で「おおっ」っと思わせるものは、いい作文の可能性が高いです。あくまで可能性ですが。

 

そして文字の濃さ

色のうす~い鉛筆で書かれているものは、流し読み。というか、読めません。( ノД`)シクシク…

読める濃さで書け!と心の中で叫んでました。悪筆でも濃い文字で書いてあるものは好感が持てるものです。薄い文字は、印象が悪い。あくまでも個人的な印象ですが。

最初の3行と文字の濃さに注意するだけで、感想文や作文は平均点をポンと越えていく~♪と思います。

 

答案はこう書け

答案というものは先生に「見てもらうもの」「読んでもらうもの」

これを忘れている人が結構いる。

「おいらの答案、読みたきゃ読んでみ」というのはダメ。

そこで、わたしが息子たちに伝えていたのは、

答案用紙には受験番号と名前は太く濃く。込めて書けということ。

名前を粗末に扱ってはいけない。

たとえ0点だとしても、名前だけは立派な文字で書けと言い続けました。

「我、ここにあり」と言う気持ちで書けと。

息子たちの小学校時代、2人の答案にはいつも名前にはなまるがついていました。

わたしは点数そのものより、そのことを重視していました。テストに向かう時の姿勢。

長男は高校受験の時、その学校に入りたい気持ちが高じて、受験番号を紙が破れるほどの筆圧で書いた。そして不合格予想を裏切って突破。そんなことって、あるんですよ。

たくさんの答案を見ていると、「気」を発している答案があるということに、わたしは気づきました。

書かれた文字に魂は宿るのです。

名前には確実に魂が乗り移るのです。

 

あまりにも今さらではございますが、読書感想文を読み流して、優秀作品を選んでいたことを、女子高生だったみなさんにお詫び申し上げます。

あの時の女子高生たちも、50歳を越えたはず。わたしもシニア、あの女子高生たちもシニアの仲間入り。同じ部族になってしまいましたね。ふっふっふっ。

もしかすると、このブログを読んで「あいつだ!」と思っている人がいるかも?

 

2017年上巳の節句。思い出される高校時代。そしてチャンスは突然に。

2017年3月3日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。