命はどこから始まって、どこで終わるの。実は始まりも終わりもない?

臨月嫁のお腹がピクピクと動くのをみて、なんとも不思議な気分になりました。

 

どこから始まったの?

「命」はどこから始まるの?

こういう議論は巷でも、よく交わされているけれど、考えれば考えるほど分かりません。

どこから、この人は「人」と呼ばれる存在になるのか。

「命」とよばれるものは、どの時点から始まったのか。

もともと「無」から「有」を生むことはできるのか。

すでに父親の中で、母親の中で、ひっそりと息づいていた「命」が、別の「命」に姿を変えただけなのかもしれません。

「肉体」と「魂」はそもそも別物で、あるとき「魂」が肉体に宿っているのかもしれません。

そして「肉体」の滅びとともに、どこかの瞬間で「魂」というものが飛び出すのかもしれません。

「魂」と呼ばれるものが存在するという前提での話ではありますが。

どうにもこうにも不思議です。

 

どこで終わるの?

こうしていろいろ考えていると、ますます「死」は終わりではないような気がしてきます。

「始まり」が不明なら「終わり」もまた不明。

確かに「死」という現象によって肉体は動きを止めるけれど、肉体は燃やされて別の「物体」になるけれど、それはまた循環していく。

決してゼロにはならない。物資としては、形を変えるだけ。

「有」が「無」になることはないと、空を見あげて、雲を眺めながら思ったりします。

実は5月の末に、また1人、親しい人がこの世を離れました。

しかし、いまだにその人が、どこかその辺にいるようなそんな感じがするのです。時々声が聞こえる気がします。

「死」は肉体が動きを止めるという、衝撃的な事実を目の当たりにするので「あの瞬間で終わり!」と確信を持ちたくなるけれど、実は違うのかもしれません。

親しい人の旅立ちに際して、不思議なことがありました。「やっぱり、何かある」と、わたしは思いました。

「死」の瞬間は、もしかすると自分で決めているのかもしれない。

そして、赤ちゃんが生まれてくるまでの謎めいた10ヶ月と同じように、人は姿を消しても、そのへんを漂いながら、同じ空間にいるような気がしてならないのです。

わたしは、自分の周りで「死」を体験すればするほど、そう思うようになりました。

わたしたちの目に見えないだけ。

肉体から離れた「魂」は地球をも飛び出して、宇宙を飛び回っているのかもしれない。時間もない世界で遊び続けているのかもしれません。

だからわたしは「亡くなった人の分まで生きる」という言葉が、好きではありません。

「亡くなったご主人の分まで生きてね」とずいぶん言われました。言われるたびに、ムカムカしました(笑)

なんでムカムカしたのか、今なら分かります。「死」で終わってほしくないと思っていたからですね。

生者と死者の違いってなに?生者のほうが偉いの?長く生きた人がエラいの?

夫は別の場所に行っただけ。なのに、なんで、その人の分までは生きなくてはならないの?夫はどこかで生きているのに。

ましてや、わたしは自分の命を生ききるだけで精一杯。2人分生きるなんて、とてもできやしません。

そもそも、人はやるべきことを終えて旅立つんじゃないかと、思っています。だからわたしは、わたしのやるべきことを全うするだけです。

今日は親しい人の月命日。あれからひと月が過ぎました。

きっといまごろは、次はどこに行こうかななんて、考えているに違いありません。ニコニコと笑いながら。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • 又々夜分にごめんなさい。
    本日のお話、私も良く考えます。
    何だか懐しくて、つい西の空を眺めたり。
    いつぞやの「ゆっちゃんのレインボー町」
    のお話も思い出しますね。
    私はやはり魂はあると思います。
    いつか又、再会出来るかもと思うと
    ちょっとだけ楽しみです。
    人格とか品格とかって魂のレベルの事なの
    かも。
    ゆっちゃん、その後の続編はなしですか?

    • キャサリンさん

      おはようございます。
      いつも、コメントありがとうございます!
      始まりがわからないのに、終わりだけがわかるって、やっぱりおかしいなと思うのですよ。
      どう考えても、ヘン。
      やっぱり何かあると思いますね。
      ゆっちゃんのレインボー町の話は、
      この夏に物語として完成させてみようかと思っています。

      最近、また、こういう世界の本を読み返しています。

  • りっつんさん、こんにちは。

    「やるべきことを終えて旅立つ」同感です。

    今まで見送った人たちもそうであったように思います。
    だから、不思議と寂しさも未練も後悔もないのです。
    きっと、次の場所で生きている(言葉が変ですが)と。

    そして、時には、姿を変えて私の前に指南役として現れます。

    一人で生きることは、一人での決断が必要ですが
    案外間違わない選択ができているのも、そういう力が
    働いているのかもしれません。

    • しばふねさん

      おはようございます。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
      「姿を変えて指南役として現れる」に同感です!
      同じような感覚をわたしも持っていると思います。
      どこからか、何か声のようなものが聞こえる。
      わたしの中に、いろいろな人が入っている。
      言葉で表現するのが難しいのですが。
      亡くなった人と生きている人に、違いがあるのかといえば、肉体の有無だけ。
      肉体を持っていることが、そんなにすごいことだとは思わなくなってきました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。