さよなら夏の日。秋のはじまりを実感した夜の風

十六夜の月がすっきりと光っていた昨日の夜。

そばでは木星が光っています。

十六夜の月に誘われて、夜の散歩に出かけてみました。

夜と言っても7時前のこと。本当に日が暮れるのが早くなりました。

いつもの河原も夜になると神秘的な雰囲気になります。神秘的というか、怖いです。川にも、いろんな顔があります。

散歩から2時間後。

月はたいぶ高い位置まで上がってきました。

風呂場の小さな窓からのぞいてみると、無理すれば見える角度。

ということで、月見風呂を楽しむことにしました。

風呂場の電気を消して、ラベンダーオイルを浴槽に垂らして。

さて、数日前から、夜には開けっぱなしだった寝室の窓を閉めるようになりました。

9時ころに寝室に入ると、急に風が冷たく感じられるようになりました。

気持ちよさを通り越して、肌寒い。

これは、開けっ放しでは風邪の元。

そして窓を閉めながら、ああ、今年も夏は終わったのだなあと、しみじみ思いました。

季節はまずは夜から秋に移行しているようです。

春・夏・秋・冬。

四季の中で、さよならという言葉を使いたくなる季節は、夏だけです。

ここ数日、朝には紅茶が飲みたくなります。

“秋が近づくと、朝に紅茶が飲みたくなる”

これもまた、わたしにとっての秋のはじまりの合図です。

秋田の家のキッチンで、紅茶を飲んでいるわたし。もうひとりのわたしが、いま、それを眺めています。あれは結婚したばかりの秋。

初めての町。知っている人は夫だけ。

解放されたような、心細いような、それとなくしあわせなような、いやいや、それだけではなかった複雑な心もよう。

くっきりと思い出せるのは、紅茶のせいかもしれません。

さあて、秋を始めようかな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • こんにちは、姐さん!
    私も肌寒さを感じて窓を閉めました。
    敏感になったというか、
    快適と感じる温度帯が狭まったというか…
    臨機応変な調節が必要になってまいりました(笑)。
    衣替えをどうするか!
    姐さんのような調節しやすいシステム構築を
    目指します!

    • デイジーさん

      こんばんは

      今日は暑かったですねえ。
      でも夕方には、ちゃんと涼しい風が吹いてくれました。
      確かに快適と感じる温度帯は狭まってますね。
      温度調節、必須です。
      足して引いてのシステムですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。