【一人ごはん】マイブームはポタージュ。

昨日はいい空模様で、午後には野原を散歩。野草を摘んできて活けてみました。

ついつい持ち帰りたくなります。本当は野の花は野に置いたほうがいいのでしょうけれど。見ているとホッとするんだもの。

小さな花瓶に入れて並べると、いい感じです。

さてさて、寒くなってきたので、食卓にスープや汁物が欠かせなくなってきました。

気温差が激しいので、自分が思う以上に胃腸も弱っているみたい。こんなときには体に優しいものを摂りたいものです。

そんなことで最近ハマっているのは、豆乳のポタージュ。簡単に作れて飲みやすい。そして何より体に優しいので、よく作っています。

 

ポタージュ2種

わたしのポタージュの基本的な作り方はこちら。材料が変わっても、基本はほぼ同じです。実にカンタン!

そもそも料理に時間をあまりかけたくない。限定30分仕事です。

基本的な作り方
  1. 玉ねぎを炒めて
  2. 他の材料を入れて
  3. コンソメと煮込んで
  4. フードプロセッサーで潰して
  5. 豆乳で延ばす
  6. 塩分が足りないようなら塩を少しだけ入れる

簡単な手順ですが、味はなかなかのものです。

 

ほうれん草のポタージュ

では、ほうれん草のポタージュを作っていきます。

まずオリーブオイルで玉ねぎを炒めてしんなりしてきたら、ざく切りにしたジャガイモも一緒に炒めます。

火が通ったら、ヒタヒタの水を入れて、コンソメを1個入れて柔らかくなるまで煮ます。

煮えてきたころを見計らって、ゆでたほうれん草を投入。一緒に煮込みます。

煮えたら、フードプロセッサーで一気に潰します。すっかり緑色のスープとなりました。

ジャガイモが入っているのは、もう分かりませんね。

鍋に移して、豆乳で好みの濃度にすればおしまい。簡単でしょ。

味噌汁よりもわたしは手軽だなあと思ってます。つぶすので、野菜の形を気にすることもないので、より気楽です。

 

サツマイモのポタージュ

こちらはサツマイモのポタージュです。

玉ねぎをオリーブオイルで炒めてサツマイモは皮ごとざく切りにして、コンソメで柔なくなるまで煮込みます。そして潰して豆乳て伸ばしています。

こちらもおすすめです。コーンスープとは違った甘さ。皮ごとなので、赤い色がなんだろうと思わせてくれて楽しいです。サツマイモの皮にはアントシアニンやカルシウムなどが含まれていて栄養的にもバッチリです。

わたしは焼き芋も皮ごと食べる派です。皮、大好きです。

わたしのフードプロセッサーは、なんと20年くらい前のもの。若いころにはあまり使っていなかったのですが、ここ最近、スープ作りや大根おろしなど「すりおろす」ということで大活躍しています。

シンプルな機械なので、片付けも手入れもカンタンです。

 

【フードプロセッサー】三種のポタージュ。ブロッコリー・新ジャガイモ・トマト。

2018年5月8日

30分クッキング

スープを仕込んでいるときには、こんなことしてます。

塩じゃけの切り落としを見つけたのでゲット。あんまりお目にかからない商品なので、ラッキ〜。

まとめて焼いて、身をほぐして小分けにして冷凍しました。

食べるときに1回分ずつ出してきます。1回分だけはウェックの中に。こんなにあって、300円は超お買得!

そして毎度のマカロニサラダもスープを仕込んでいる間に作りました。

タンパク質はささみの缶詰を入れました。

本日は年に一度の町内会の大掃除と避難訓練があります。

天気がよくて、よかったです。

それでは、また。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


6 件のコメント

  • ポタージュって、こうやって作るのですね。知らなかった。
    またまた知識が一つ増えました。りっつんさん、ありがとう。
    なんのポタージュでもできてしまいそう。しかも豆乳でのばす。
    肝臓回復に効き目あり。体に超優しいスープ。
    来週挑戦してみましょう。

    私のマイブームは「実家の母の味 チャーシュー」
    私は20年前から作っていますが、なかなか父から合格もらえず。
    「まだまだだな~、お母さんの方がうまい!」と。
    ようやく父から合格もらってからは母は手を引き、一族の中で作るのは私一人だけ。
    みんな「母の味」私のチャーシューを待ってる状態。
    それが1か月前から何故か姉、妹、姪、甥たちが母のレシピで作り始め、練習中。
    これで母の味が廃れず、一族ホッとしているところです。
    私の肩の荷もようやく下せました。

    りっつん家は「おふくろの味」た~っくさんですね。
    次は「一人ごはん本」を出してくださいな。

    • かよさん

      おはようございます。
      少し体調に不安があるときには、
      ポタージュとかトマト系のスープが登場してきます。
      ぜひお試しください。

  • はじめまして

    じぇんつーと申します。
    突然のコメント失礼します。

    さつまいものポタージュおいしそうですね。

    妻がさつまいもとポタージュがそれぞれ好きなので
    今度作ってみようと思います。

    良いアイディアがいただけました。
    ありがとうございます。
    (我が家にはフードプロセッサーが無いため
     人力で頑張る所存です)

    • じぇんつーさん

      コメント、ありがとうございます。

      さつまいもを柔らかく煮込めば、
      人力でも簡単に潰すことができると思いますよ。

      ぜひ、皮ごと、お試しくださいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

      • りっつんさん

        さつまいものポタージュ作ってみました!

        人力では、なめらかに~まですり潰すことは出来ませんでしたが
        妻は「美味しい!」と喜んで食べていました。
        (上手に写真は撮れませんでしたが、自身のブログにアップしてみました
         お暇なときに御覧いただければと思います)

        そして、「次はかぼちゃね」とリクエストもされました。
        また作ってみようと思います。

        どうもありがとうございました。

        • じぇんつーさん

          おはようございます。
          美味しくできて、よかったです。
          かぼちゃも美味しいですよね。
          なんでも、すりつぶせばスープになるんです(笑)

          ブログ、遊びに行きます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。