雨の日の家事は、副菜を3種類作って、手洗いで洗濯しただけ。

雨のきのうは、朝からやる気の起きない金曜日。

とりあえず、シャツを2枚洗って、あとは読書ざんまいの午前中。

お昼ごろになってアルバム1枚分の時間だけ、台所に立ちました。

雨の日のオババの暮らしは、こんなもんです。なんの刺激もなければ、なんの何もない。

ないないづくしの雨金。

 

ブラウスは手洗いで

ここ数日、なんだか足元が寒いので、久しぶりにデニムのジーンズを履いて過ごしました。

 

最近はずっとスカートを履いていたので、ちょっと活動的になった気分。

やっぱり着るものって気分を左右するなあ〜。

ジーンズに合わせて着た2枚のブラウスは、大して汚れたわけでないので、ささっと手洗い。

白のブラウスは綿100パーセント。ボーダーのほうはシルク混。

品選びでは、まずは手触り肌触り。デザインも大事だけど、最近はそれ以上に肌触りにこだわっています。

アイロンが必要なのが手間だけど、時間はたっぷりあるので、それもまた楽し。

 

アルバム1枚分の台所仕事

昼近くになって、お腹が空いてきました。

でも、作り置きが何もない。ごはんもない。

食べるもん、ないないづくし。

こりゃ、飢えてしまうと、よっこらしょと立ち上がって、まずはアルバムを選ぶ。

1枚分の時間だけ、台所に立とう。

選んだのは、達郎さんの『Big Wave』。

夏を感じさせてくれるアルバム。雨だけど、間もなくやってくる夏をイメージしながら料理しよう。

頼んだよ、達郎さん。歌ってね、達郎さん。

波乗りにぴったりな音楽を聴きながら、野菜の副菜を2つ3つ作っておくことにしました。

ごはんを炊こう。

そうだ!

海といえば、ホタテ。

ご飯はホタテの缶詰を入れて、「ホタテ味ご飯」にすることにしました。

ホタテ缶、小さいから、米に味しみるかなあ。

【未亡人友の会】うなぎとホタテ、絶滅危惧種を食べつくす。

2018年3月19日

 

副菜3つ

にんじんとゴーヤのきんぴら

まじさんちの庭にできた、ちびっこゴーヤ。

刻んで、にんじんと一緒にきんぴらにしました。

ごまとごま油がポイントです。ごはんが進む1品です。

インゲンとツナの和え物

「インゲンが好き!」と声高らかに叫んでいるので、よくインゲンが届きます。

茹でて、ツナ缶とマヨネーズで和えました。ただそれだけ(笑)

とれたて野菜は、あまり手を加えないほうがおいしい。

ピンボケてる。スイマセン(^_^;) これしかないの。

実はポイントにミョウガを刻んで入れています。大人の味に仕上がりました。

梅干し味のきゅうりの漬物

先々週あたりから、あちこちの畑からきゅうりが届いています。

なにしろ同じ土地ゆえ、収穫時期が重なる。なので、毎食、せっせと食べています。

目先を変えて、叩ききゅうりをめんつゆと刻んだ梅干しで和えてみました。

暑い日に食べたら、もっとおいしいね。

それでは、並べて、ごはんです。

スープはインスタント。

今日もまた雨。

雨、いつまで続くのかなあ。

今日は気合いを入れて、スープでも作ろうかな。

フードプロセッサーでドロドロスープを作ろう!

2020年8月29日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。