悪い言葉が、ぴょんと飛ぶ。うなぎ食べても、記憶飛ぶ。

わたしがブログを書くようになって早いもので、1年半ほど経過しました。最近、思わぬ副作用があることを発見しました。

 

口から飛び出る

わたしの頭の中には何人かのりっつんさんが住んでおりまして、時に応じて変身して楽しんでおります。ばあちゃんだったり、独身の色っぽい美女だったり、姐さんだったり、いくつかあります。

※ そういう記事はまだ書いてはおりませんが、住んではいます。住んではいるんです。

いろんなキャラクタ-を駆使しているため、頭の中ではいろんな言葉が飛び交うようになってしまいました。

たとえば、わたしは男性を「オヤジ」などとは、決して口には出しません。しかし、頭の中ではそう呼んでいます。そして書きます。テレビを見ながら「まったく、どいつもこいつも、オヤジどもが~」と、毒舌りっつんが登場します。

「本当にしょうのないことでございますわ。どの方もこの方も。男性の方々ったら~」とは、思考しておりません。

そんなこんなで、ついつい会話の中であらぬ言葉発してしまったのです。ワタクシとしたことがオッホッホ。まったくもって品のないことでございます。

ここで教訓を得ました。

頭の中で思っていることは、ある時、ぴょんと口から飛び出す。

気をつけねばなりません。

 

新習慣、始まる

友だちとの会話の中で、

「あら、あなたもホセを聞くんだっけ?」と言ったところ、

「いつぞやCDを貸してもらって、ipodに入れた」呆れ驚き顔されました。

こんな顔ですね。

※ホセ・フェシリアーノ「ケ・セラ」を歌う人

 

えーーーーーーっ!そうだっけ?

 

わたしは本当に忘れる。本当に頭が悪い。正確に言うと、記憶を司る部分がイカレているのだと思われます。けっして性格が悪いわけじゃないんです。

嫁がわたしに枕言葉のようにつける「おかあさんは忘れてるでしょうけど」これがわたしを表現する最適格な表現ということになりますね。嫁の言語能力は素晴らしい。

そんなこんなの反省を込めて今朝から始めた新習慣。

朝起きたら、前の日に何をしていたか、振り返ることにしました。

「きのうは・・・え~と・・・朝起きて・・・夜に寝た」

あれ?あれ?あれーーーーーーーー!

な、な、なんということでしょう。思い出すまで、少し時間がかかったと思う。

ああ・・・・ああ・・・・。衝撃が走りました。

うなぎを食べたのに、思い出せなかったのです。絶滅危惧種のうなぎを食べたというのに。この夏には食べられないかもしれないから、早めに食べたのに。

もう、やってらんない!人生、終わりやん。返して、わたしの記憶!!

 

最後かもしれない、うなぎ

記憶を残すため、せめて、うなぎの写真を載せておくことにいたします。

東京大丸の「伊勢定」のうなぎ定食です。ここはタレがさっぱり系。甘くないです。

この店は景色がいいのです。こんなに大きな東京の空はないと思う。お気に入りの景色の一つです。

だけどね。いつも混乱する丸ビルふたつ。ツイン丸ビル。どっちが「新」か分からなくなるんだよね。

たぶん混乱するだろう人のために、窓ごしに書いてみました~。(`・∀・´)エッヘン!!

これなら忘れないかなあ~(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん、ご冗談でしょって感じです。
    私からすれば、素晴らしい思考回路をお持ちで日々の生活を
    充実されているように見えますよ。
    大丸のうなぎ、いいですね。
    今度の上京の時には寄ってみようかな。

    • となりまちさん。
      おはようございます。
      ジョーダンじゃないんですよ(笑)ヤバいんです。
      大丸のレストラン街は、意外と静かでいいですヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。