仕事に本気。そして自分用のお弁当を詰める。

今年も残り少なくなってきました。

あらまあ。あと10日しかない。

御用納めまでは・・・あらま~1週間を切っている。

カレンダーを確認すると、意外とあわただしい。

 

5時起床

今朝は5時に目が覚めた。

「仕事、終わるのかなあ~」

「どういう配分をすると、終わることができるのかな~」

締め切りまでの日を数え、ため息ひとつ。

ん?

そんなこと考えてるヒマがあるなら、やっちゃえばいいんだ。

ということで、ノソノソと起き上る。猫もつられて起き上る。

まだ外は暗い。冬のこんな時間に起きるのは、いつ以来だろう。

 

弁当を作った日々

息子たちが高校生の頃は、わたしは毎日5時起きで、弁当を作っていた。

5年間は作ってた。大学に入ってからも持って行きたいという日には持たせていた。

次男は高校時代は6時半には家を出ていたので、5時に起きないと間に合わなかった。

前日におかずのレシピを決めて冷蔵庫に貼っていた。起きがけは頭が働かないので、そうしていた。

高校生の男子は大食いなので、お昼代を持たせようとすると1人500円では足らなかった。

2人分だと、けっこうな金額になる。

節約、節約、ということから、弁当を持たせることにしたのだった。

後になって聞けば、弁当持参の生徒は少なかったのだとか。みんな、学食で食べていたり、コンビニで買ったりしているということだった。

へえ~そうなんだと思った記憶がある。

毎朝、4合のごはんを炊いて、2つの弁当に2合半くらい詰め込んでいた。

それはそれで楽しかった。息子たちに勢いがあったので、つられてわたしにも勢いがあったんだと思う。

懐かしいなあ。

そんなことを思いながら、今朝は机に座ったのは6時少し前だった。

サクサクと進む。やっぱり朝の頭は冴えている。

朝の仕事は本当にはかどる。9時から始めたときと比べると、仕事量は1・5倍くらいになる気がする。

久しぶりにターボエンジン全開で仕事に向き合う。

最近、やる気が出なくて困っていたけれど、やはり切羽つまらないとだめなんだなあ(笑)

 

自分用の弁当

午前11時半。自分のために弁当を詰めてみた。

卵焼きを焼いた。あとは作り置き。

なぜか、弁当のほうが満腹感がある。

不思議だ。

食べすぎを防ぐのと、栄養素の確認には弁当は適していると思う。

さて、この弁当箱は、30年も前にミスドで景品としてもらったもの。

当時、ミスドはトレンドで、我が家も景品集めに燃えていた。

せっせとドーナツを食べては点数を集めて、景品をもらっていた。

実は夫が一番熱心だった(笑)

これは二段重。

我が家では毎年正月にはこのお重に「おせちもどき」を詰めている。

同じもの、持ってる人、いるのかなあ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • こんにちは~! おひさしぶりです。関西支店近隣の住人 あおによしです。

    はい、持っていますよ。「お花見お重」。私のは墨坊?のイラストの黒色です。

    この時代のミスドの景品は利用価値がありましたね。このお重の他にも赤いレンゲとラーメン鉢とか、カフェオレボールなど 今も我が家の食器棚には並んでいます。

    ちょっと小ぶりなのが現在の食事量に合っていて、なんと現役ですよ。

    今日は冬至。関西支店地域は朝の冷え込みは厳しかったですが、しあわせな小春日和です。

    来年もほっこり和むブログを楽しみにしています。

    • あおによしさん。お久しぶりです!
      あのお重は「お花見お重」という名前だったんですね。
      ミスド、いろいろありましたよね。
      手帳にドーナツの割引券がついてたりして、
      存分に楽しませてもらいました。
      関西支店あたりも、なかなかの寒さのようですね。
      どうぞ、風邪などひかれませんように。ヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。