満開の桜の下で、たっくんと花見をする。

こちらは、ほぼ満開を迎えた関東某地。

「翔んで埼玉」地方です。

昨日はたっくん一家がやってきました。

ここの桜は、知る人ぞ知る桜の名所。

と、わたしは勝手に思っているだけだけど、わたしはここ以外の桜なんぞ見たくもないというくらい、ここの桜を愛している者でございます。

「埼玉県民は近場の桜でも見てろ!」

はい。そのようにいたします。ラッキ〜。

ああ、美しい。

毎年、毎年、感動しています。

この桜があるから、わたしはここにいるのかもしれません。

桜の名所にリストアップされているわけではないので、人はまばら。地元の民しか訪れません。

さて、次男夫婦がお弁当やら何やらを買って、やってきてくれました。

お昼ごはんをここでいただきました。

たっくんも、ビスケットなどほおばります。

推定10キロ越えの8ヶ月児、どう見てもデカい。

そんなたっくんに向かって、たっくんパパが言った!

「君の名前は桜から取ったんだよ!」

はあ?と顔を見合わせる、嫁と婆。

「”く”だけじゃん」

まったく、口先だけは軽やかな男でございます。

満開の桜の下でも持ち上げられて、うれしさ満開のたっくんです。

 

背中にキタキツネ?

たっくんは、最近つかまり立ちができるようになりました。

しかし、まだまだ不安定。

ということで、背中にこんなものを背負っております。

いやいや、背負わされています。自分から背負ってはいない。

ひっくりかえった場合、頭への衝撃を和らげるのだとか。

日ハムのこのグッズ。キタキツネさんをモデルにしてあるだそうだけど、どう見ても狐には見えません。

なかなかかわいいです。

よっこらしょと立ち上がるたっくん。

わたし、たっくんに気に入られたようです。時々わたしをじーっと見つめている。

たっくんの中では「おやつをくれる人」として認定されたもよう。

どうしたって、婆は甘い(笑)

我が家の息子たちも、ばあちゃんは大好きだったものね。おやつをくれる人は大好きに決まってるね。

食べ物は大事。食べるといえば、我が家にはもう1匹、食べる生き物がいます。

昨日はちょっと多めに、長老さまのごはんを買ってきました。

三ツ星グルメは4つで割引き価格でした。あとはちゅーるなど。ちょっと早めに買い足しました。

これで3000円弱。半月分くらいです。ほんと、よく食べるわ〜。┐(´~`)┌


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。