デジカメの技術はわたしの意識に追いついてはいない。がんばれキャノンのデジカメ!

キャノンのPower Shot G9X を使いこなそうと、日々努力しています。が・・・!

ここのところ、またカワセミを見かけたこともあり、どうにかして証拠だけでも残したいと思っているのです。が・・・!

トリミングはできる

素人的には拡大だって同じようなことじゃんと思うわけです。いつもならユーザーガイドなんて、見ないんだけど、今回だけはひっくり返しひっくり返し見ましたよ。しかし拡大した画像の保存の仕方は出てこない。

なんでなの?なんで?おしえて?

と、叫んでみても、だあれも答えてはくれない。こんな時は、本当に一人暮らしは悲しい。ひしひしと部屋の中を哀愁という風が吹き抜けていく。ああ、カメラの得意な人と暮らしたい。

主任

こんな時こそ、ipadをお使いください。

ああ、ありがとう。主任が天使に見えるわ。

検索システム稼働 サクサクサク

「デジカメ 拡大  保存」

はい。出てきました。

・・・・・・・・・・・・・

つまり、できないんじゃん!

主任

検索しても、不可能が可能になるわけではありません。

仕方ない。

ほら!ほら!カワセミが止まってるでしょ!

 

わたしにも、見えない。(´・ω・`)

ほらほら、カワセミが飛んでるでしょ!

主任

お題は「枯草」ですね。分類しときます。

Cannonの超望遠レンズ砲をお持ちのまじ夫さんの作品を。

散歩コースBにて。

座った姿はずんぐりさん

続いて、雉の雄。こちらも散歩コースBにて。

相棒はどこに行ったのかな。

続いて、コゲラ。こちらは、まじ夫さん宅隣の桜の木。

すごい!くっきり。頭に赤いものが付いているので、雄ですね。

 

それにしても写真というのは、本当に難しいということに気づき始めています。

あんなもん、パシャっとすればいいじゃんと思ってました。実は。

わたしにだって簡単にできると思ってました。実は。

それが、なかなか・・・うまくいかないんです。

まじ?

ブログ見たけど、息子2は写真上手だよね。りっつんとはなんか違うよね。

あの「卵の黄身」の写真ね その写真はこちらです→https://rittsun.com/family/tokyo-enntotsu/

まじ?

やっぱ、写真の感性も天性のものなのかなあ。父親譲りなのかなあ。

確かに、そうかもしれない。息子2のほうが微妙にうまいのは確かだ。

まじ?

まあ、いろいろやってみることだね。

と、いうことで、本日の2人散歩の終着点は近所のカフェ。ファミリーマートのカフェコーナーでもいいんだけど、本日は少し奮発して星野珈琲。

ここで、シャッターを押す練習。10枚ほど撮ってみたけど・・・コーヒーひとつ撮るのも難しい。

ちっともおいしそうに見えない。ケーキがあればもっとよかったのかもしれない。ああ、ケーキ。だから今回は掲載を見送ります。精進致します。

クイックタグについて

吹き出しに使っているクイックタグ。実はどうしても写真がのりませんでした。イラストはのるのに、どうしてだろうと、ここのところ、頭を悩ませていました。

息子2に頼んで、作ってもらおうかとも考えましたが、忙しそうなので、自力で試行錯誤してみることに。そして、やっとわかったのです!テキストモードにしてのせれば、のるのだということに。

なぜか、イラストだとビジュアルモードでも乗ってしまったので、気がつかなかったのです。ゆうべ、突然、最初に息子にWord Pressのレクチャーを受けたときの光景がよみがえってきて、ひらめいたのです。

一週間ほど時間はかかりましたが、自己解決できました。うれしい\(^o^)/

どうしても写真を使ってみたかったのです。

りっつん

やっと、お顔が公開できたわ。

ばば猫

にゃにゃにゃ・・・・にゃん。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。