好景気と不景気は人の心が起こすもの。

わたしの20代30代は、好景気の中でした。

景気がいいってどういう状態なのでしょう。

給料がたくさんもらえて、世の中で物の売買が盛んで、社会が元気。わたしが持ったイメージはそんなところでしょうか。

そして反対に不景気とは、給料が下がって、社会に元気がない感じでしょうか。これはあくまで社会全体の話。

では、わたしたちそれぞれにおける好景気と不景気とは、どんなことだったのでしょうか。

先日、友人と話していたら、なかなかうまいことを言ったので、なるほどと思いました。

景気のしくみ
  • 好景気→本当には必要でない物をみんなで買うこと
  • 不景気→必要な物までもケチる気持ちになること

言われてみて、確かにその通りだと思いました。

わたしが結婚したころから始まったバブルと言われるほどの好景気。

わたしもずいぶん買いました。食器、衣類、ブランドバッグ。夫もカメラにパソコンなどなど。

無くても、生活には全く困らないようなものばかり。しかも頻繁に使わないので、しまう場所が必要で、家まで買ってしまったりして(笑)

買うために、さらにせっせと残業したりして。

物を買うために、自分の時間を売っていたんですね。

そして、その後に訪れたマイ「捨てブーム」

本当に必要なものだけで暮らすことが、わたしには合っていることをやっと知りました。スッキリ暮らすことが、一番気持ちいいんです。

ほんの少しだけ、生活のエッセンスとして、贅沢なものを持つこともあるかもしれませんが、もう以前のように、何かに踊らされてということは、もうないでしょう。

不景気と呼ばれて久しいのは「買うものがなくなったから」「買いたいものがなくなったから」です。社会の責任なんかじゃないんですよね。人の心の流れなんですよね。

つまり逆に言えば、みんなが不要なものを買わない限り、好景気はこないってことです。だから、たぶん、好景気はもうこないかもしれませんね。

そんな時代を経たからこそ、何が本当に大事なのか、見つめる人が増えてきたんじゃないかなと思っています。

※キャッチ画像は昨日のニャンダバーさん。最近、ちょっと貫禄が出てきました。「おばちゃんぽくなった」と言ったら、息子からにらまれました。

猫も確実に老けます(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。