1日の始まりは、気に入った服をイメージすることから。

おはようございます。

今日も始まりました。

いつものように、ベッドの中で、天気・気温、そして気分に合わせた服をイメージするところから、わたしの1日は始まります。

キャッチ画像は、昨年の秋に強剪定をしたティトゥリーです。新しい形が見えてきました。

 

気に入った服を着る

さて、今日は何を着るか。

これ、けっこう重要なんです。

服で1日の質が決まると言っても過言ではありません。

※あくまでも個人の見解です。

冷やさず、蒸れずの服装は、身体と気分を守ります。

この時期は下着の役目も大きいです。朝は寒いくらいで、昼にはカーッと暑くなる。下着から調整すると快適に過ごすことができます。

キャミソール、1分そで、5分そで、わずかの違いのようですが、意外と効果が違います。

あれがいいかな、でも気分はあっちだわなんて、クローゼットの中を頭の中に映しながら考えます。

イメージしやすいように、クローゼットの中はスッキリさせておきたい。

先日、半年前のわたしからバトンされたものを、もう一度吟味して、クローゼットにかけたばかり。

服を入れ替えるとき、そこには半年前のわたしがいて、それは自分のようだけど、自分ではないことが実感できます。

過去の自分との遭遇。

変わらないようでいて、でも、去年とは少し違うわたしなのです。

いつでも“いまの自分”に合うものを選んでいくことを心がけたい。

ちなみに今日は、ベージュのリネンのワンピースに紺色のカーディガンにしてみました。

さあて、着替えたら、1日が始まります!

 

風を通す

寝室を出たら、まず2階の3つの部屋の窓を少しずつ開けて、風を通します。

締め切った部屋にいると、息苦しくなります。

酸素、たくさん吸いたい(笑)

シャンクスが暮らしていたときには、各部屋のドアを閉めることもありませんでした。

シャンクスが行きたい場所に行けるように、どの部屋の入り口も開けてありました。冬場でも締めるのはリビングくらいで。

そのクセが抜けません。

なので、すこぶる風通しのいい家です。

冬の期間では、外との温度があまり変わらないと言われています(笑)

そして、メイクを始めます。

これで1日のスイッチが、入りました〜。

一日の始まりに入れる、じぶんスイッチは「か・お」(^◇^)

2017年8月29日

 

日曜日なので

いつもなら、朝はテレビをつけるのですが、日曜日にはつけないことにしています。

今日は何気なくラジオをポチッ。

すると、なんと古典購読の万葉集をやっていました。

こんな時間にやってるんだ。

万葉集はかつて学んだことのある思い入れのある歌集。

ラジオから流れてくる額田王の歌を聞きながら、目の前に広がる大和三山が見える平原。その場に立ったことはないのに、浮かんでくるのは、間違いなく歌の力でしょう。

そんなことで、気分は奈良にひとっ飛び!

そうだ!ここは線香を焚かなくちゃ。

薬師寺の瑠璃香を焚くことにしました。

線香の中では、一番好きな香りなのですが、もう残りわずか。

買いに行かなくちゃ。

瑠璃香は薬師如来さまのお線香。売ってるのは薬師寺の中にある売店。

その中でも、御本尊さまのわきの売店で買うのが、わたしの決まり。

行かなくちゃ、あそこの売店まで。

そうなると、唐招提寺の鑑真さんにもお会いしたい。

西の京あたりをぶらぶらと歩いてみたくなりました。今日は頭の中で歩くことにいたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

唐招提寺は萩が五分咲き。

2019年9月22日

奈良唐招提寺。鑑真和尚のゆかりの花の瓊花(けいか)が見ごろ!

2018年5月4日

唐招提寺にて「今、わたしがここにある」ことを確認。

2017年6月29日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。