夫の命日。雨なので、きっと墓参りはしない。

窓を開けたら、細かい雨が降っています。

今日は夫の命日。

26年がすぎました。

26年はとても長い時間です。

わたしが母親になったのは26歳のときでした。26年は生まれて自分自身が母親になるのと同じ時間。

自分の誕生日よりも夫の命日のほうが、時の流れを意識します。

62年の重さより、26年のほうが重さを感じます。

たぶん、あの時、わたしは新たに生まれたのかもしれませんね。26年前のわたしはきっと別な人。

だから、わたしは26歳・・・・かも。都合がよすぎる新たな解釈(笑)

「命日ドンピシャに墓参りをしなくてもいいよね」

と、一応、線香だけは焚いてみました。あとで、花くらい供えようかしらね。

何とも気の抜けた未亡人です。

歩きたい!という天気になったら、墓、参ります。

晴れないと行きたくない。だって、あの麦わら帽子をかぶって墓参りしたいのです。

さて、海辺で微笑んでいる夫の写真ですが、写真が薄くなって、顔がイマイチはっきりしなくなっています。年々、薄くなっています。

仕事で訪れた海辺はちょっと珍しい場所。海外です。日本人ではあまり行ったことのある人はいない場所です。

つい先ほどテレビを見ていたら、チャリンコ火野正平さんが、

「どこに行くの?」とおばちゃんに聞かれて、

「あの世」と即答していたのが、印象的でした。思わず声出して笑っちゃいました。

命日に聞くと「あの世」というフレーズは、ちょっと心に響きます。

確かにそこしか行く所はないけれど、でも、そこにもずっといるわけではないかもしれない。

ふと、夫は、もう「あの世」にはいない気がしました。

どこかに生まれ変わって、新たな人生を歩いている。

そんな気がしました。

夫の知っているわたしは、もういないように、わたしの知っている夫も、もういないのかもしれない。

夫の時間もまた動き続けている。

死んだからといって、そこですべてが終わっていると断言できる人は、きっといないはず。

この世のしくみは、不思議に満ちています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


6 件のコメント

  • はなです!

    あちらの生活がどのようになっているのか、全然見当がつきませんね。

    火野正平さん、とぼけてるでしょう~(笑)とても無邪気な方で、天真爛漫ですよね。お友達になりたいです。(笑)

    主人との思い出の海岸を訪ねていただいたとき、もう来ることはないと思いますと書いたので、孫ときたらええねん!と答えてくださいました。それを聞いて、そのうちな~と返事をしてしまいました。
    毎回ちょっとしたボケで笑い、突っ込みを入れていますよ~

    命日3回目の未亡人初心者の私はその日は贅沢の日です。
    ちょっとお高いお肉を食べたり、ぜーたくケーキを食べたりしますそれがわたし達らしい過ごし方なんでしょうね(笑)
    未だに毎日夕方には帰ってきてくれているような気がします。
    そんなことを思わなくなったときに私もあちらに逝くのかもしれません。新しい人生は…あんまり変わりそうにもありません(笑)

    • はなさん

      こんにちは。
      わたしも正平さんとお友達になりたいわ〜。
      確かにお孫さんと行くのもアリですものね。
      パッと返せる正平さん、ステキ!

      贅沢をするのもいいですね。
      3回目の命日なんて、何をしたのかなあ。
      まったく覚えていません。
      たぶん、子どもたちと何か食べたのかなあ。
      あまりに過去になりすぎました。

  • りっつんさん お久しぶりです
    私は もうブログは 辞めてしまいましたが りっつんブログ いつも楽しく 読ませて頂いています
    りっつんさんの考え方は素敵です
    読んでいて 「あぁ!」といつも すとんと ふに落ちる
    そんな感じ
    いいわぁ❣️

    • ヨーキーさん

      お久しぶりです・・・・って、
      ヨーキーさんのコメントを探したら、見つからなくて。
      もしかしてお名前を変えたのかな。
      腑に落ちていただいて、光栄です。
      ありがとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • 本当に。
    この世の仕組みもあの世の仕組みも
    不思議に満ちみちていますね。
    仏壇にお参りしながら、ふと
    じいちゃん、ばあちゃん、父の魂は
    今も私の父達なのだろうか?
    記憶は残っているのだろうか?
    なんて思う事があります。
    全体の魂はひとつとなってシェイクされ
    浄化され、魂の格が上がっていくなんて
    読んだこともありますが。
    あの世も課題があるのかしら?
    楽しみな様な、しんどい様な。
    でも会いたい人は沢山います。
    (この世だけで、もう結構な人も。)

    • キャサリンさん

      全体の魂がシェイクされて浄化されるって、
      なかなか壮大ですね。
      確かにこの世の付き合いだけで十分な人、わたしもいますよ(笑)
      そしてあの世に行った人で会いたい人、数が増えてきました。
      最近、本当に会えるような気がします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。