時を過ごすだけでは、人は成熟するものではないようだ。

義母から電話がかかってきました。深刻な声。今度はなんだ?

鎌倉の山の上で1人で暮らしている老婆の生き方は、とても真似ができないことです。

しかし、その生き方にはかなり問題がありまして「1人で暮らさざるをえない」というのが、正しい表現なのですね。

義母は誰とも交われないのです。義母がいい人とか悪い人とか、周りが悪人だらけということではないのです。無理なのです。

嫁のわたしなんぞは、ずっと敵!現在、味方がゼロになっているので「味方」扱いされているだけです。今でも、いつ「敵」に転落するか、分かったものではありません(笑)

さて、今回のバトルの矛先は娘夫婦。やれやれなことです。

わたしは娘夫婦(わたしから見れば義理の妹夫婦)とは夫の死後、絶縁状態なので、今回のバトルの真実は分かりません。

「実の娘にこんなことをされるなんて!」と義母は吠えています。娘夫婦は極悪人ということになっています。

義母には常に戦う「敵」が必要なのです。「自分はこんな正しく生きているのに、どうして、こんな目に遭わなくてはいけないの?」というのが、義母の言い分。

何も知らない人が母の話を聞いたら「ボケているのよ」と言うかもしれせん。しかし、ボケているわけでけではないのです。

なぜなら、わたしが嫁いだ時の義母と今の義母は、まったく同じ思考傾向だからです。昔から、あんなもん。まったく同じ。

わたしは「ふんふん」と電話で義母の話を聞いているだけ。否定することはありませんし、もう、わたしの心の中に波が立つこともないです。

義母がわたしの心をかき乱すことは、できなくなりました。これが40年での変化と言えば変化でしょうか。

それにしても、義母は見事に変化していないのです。

義母を見ていると、いつも思います。時間が人を成熟させるわけではないと。外側からの要因だけでは人は変わらない。変わるのは姿だけなんだということです。

昨日と同じ今日を過ごして、それを何年続けても、それだけで人は成熟するわけではないのです。

確かに、もし時間が人を成熟させるのであれば、世の中はもっと美しいかもしれません。

それなら、どうすれば、人は成熟できるのか?

そんなことを考えてしまいます。

時間をうまく使わなければいけないのです。人生は短い。30年であろうと、80年であろうと、あんがい同じボリュームしかないのかもしれません。うまく言えなんだけど、いつでもアッという間という実感なのではないでしょうか。

だから、お坊さんは修行をし荒行に挑むのかもしれません。普通ではない時間を過ごすために。

「ぼーっと生きてんじゃねえよ!」ですね(笑)

思えば、わたしだってそんなに変わってはいないのです。ずっと、こんな調子で生きてきたような気がします。

大人になって、生きのびるテクニックだけは身についたかもしれないけれど、心持ちは変わっていないのです。

ちなみに、義母はお寺の娘です(笑)


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん、こんにちは。

    先日の水仙の例え、本当は失礼だったかなと反省もしています。
    もしかしたら、あまり好きではない花だったかもしれないし
    その人のことをよく知らないで、花に例えるのも失礼ですね。
    でも、私は、ブログを通じて知る限りのりっつんさんは、一人でも
    凛として咲く花に思えたので、それは水仙でなくてもよかったのです。

    話は変わりますが、私は、この義母様、ある意味尊敬致します。
    でも、まったく私とは違いますが。
    なぜ生きるという問いに、この義母様がなんと答えるかお聞きしたい
    ところです。

    • しばふねさん

      おはようございます。
      お花に例えられて嬉しくない女性はいないですよ。
      わたしは水仙が大好きです。なのでとてもうれしかったですヾ(@⌒ー⌒@)ノ
      雪をかぶってもきれいでした。
      春の花は可憐なものが多くて、いいですよね。
      これからの季節は本当に楽しみです。

      義母さまですが・・・大変なことになってます(笑)
      記事にして残しておきたいと思っていますが・・・。
      どうなることやらです。

      生きるってなんだろうと本当に考えてしまいます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。